小西です。

本日は、YouTubeの話題です。

最近でも副業でYouTubeを始めよう!…と言う人が増えています。

ただ昔のようにうまくいかないのが現実のようです。

YouTubeが稼ぎ難くなってきたその理由

これは当然の事ですが 例えばYouTubeに限らず、ブログやサイトも昔は、
SEOなども関係なく、ただ自分の考えや自分の趣味などをひたすら書くような
コンテンツでした。

近年では、SEOを意識し始めて、視点が

「どうやればアクセスを集められるか」に変わってきました。

SEOへの意識 稼ぐ為にブログを書く…と言う人が増加。

そして検索アルゴリズムも大きく変化が出てきています。

 

実はこれと同じでYouTubeも同じ道を辿っています。

ブログやサイトと同じようにYouTubeも大きく変化して、「稼ぐ為の動画作り」が始まり、どんどん動画のクオリティが高くなっています。

 

目指すべきプロがyoutubeに進出する始末

どちらかと言うと素人や初心者が 好き放題動画を
アップロードしているのがyoutubeでした。

 

今でこそ輝いているヒカキンさんなども昔は今のような華やかさもなく
かなり地味だったんですね。

 

また当時は顔も声も出さない動画だけでも十分に稼げましたが、どんどん
動画の全体の質が向上。

 

youtubeも規制を打ち出し始め今では、テレビのような感覚になってきました。

 

何せユ―チューブが目指すべきは、テレビだったのに、
テレビの芸能人が続々とYouTubeに参入し始めているのです。

 

そして流行りの違法アップロードが増える傾向を見据えて
今度は番組なども、公式アカウントを取ってYouTubeに投稿する…
みたいな事まで始まっているところもあります。

 

もうすでに、YouTubeの中で素人が出しゃばると
プロに潰される構図が出来上がってしまっているのです。

 

テレビで見かける有名人も続々とYouTubeに参戦してきていることは周知の事実ですが…

基本的には時間の奪い合いなのでプロが増えれば増えるほど、ハードルは上がります。

youtubeはハードルが非常に高くなっている現実

プロが参入してくる前に地位を築いていた一部は生き残っていますが

昔のように「手軽にYouTubeで稼ぐ」とはいかなくなっているのです。

 

不可能とまでは言いませんが、余程のセンスがなければ ほぼ成り上がるには、
ハードルが高くなっているのです。

 

ただこれは、当たり前ですね。どんなビジネスモデルでも、プロが増えまくると稼ぎ難さというものは出てくるし市場全体が大きく変わる事は普通にあります。

 

とは言っても今でも顔も声も出さずに youtubeで稼げないという事はなく
あくまでも昔のようなインスタント動画では、厳しいというだけの話です。

 

副業としてYouTubeをやる事は全然良いですが 何か新しい発想が必要だという事になります。

 

また昔のようにすぐに収益化が困難になったので その辺りも難しいでしょう。

 

ただそういう意味ではこちらのアダルト系のノウハウは なかなか良いです。

これも動画作りが基本ですが 少し工夫すれば、YouTubeでもうまく使えそうで
現在の特典でも触れているのですが……

 

でも再生回数結構いくんですよ。

 

こう見るとまだまだ方法次第で何とでもなりそうですね。

他にも漫画系、LINE系の動画はまだそこそこ需要があるので参入余地ありって感じですね。

 

 

 

それでは、小西でした。

 

【今なら無料で読み放題!副業大百科】

おすすめの記事