アフィリエイトを学ぶ。

Googleアドセンスの よくある神話を確かめてみた結果

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

小西です。

いつもお世話になります。

実はここ最近、アドセンスが非常に緩くなったという話をしましたが 受け入れる広告も緩くなっている印象です。

つまりそれにあわせて掲載媒体の厳しい審査も緩めたのかなと思っています。

色々と試してみて一つ気づいた事があるのですが例えばよく言われている 「タバコ」というキーワード。

Googleアドセンスはご法度だよ…という話を聞いた人も居ると思います。

 

Googleアドセンスのブログに試しにペナルティ覚悟でサブ垢でたばこキーワードの記事を盛り込んでみた結果

 

タバコと言ってもこちら

電子タバコがメインのコンテンツなども投稿してみているのですが

私が作ったのは、よくあるメーカー別比較みたいなコンテンツですが 今のところ問題ないみたいです。

普通に広告も表示され アドセンスもクリックされている状態です。

もしかすると もっとクリック数が増えると良いのかなと思いましたが 現実問題ですが本垢の停止になると事件ですので あえてサブ垢を使用していますが とりあえず音沙汰無で問題ない様子。

(サブ垢というのは法人や個人事業主としての登録したアカウント)

でも色々と様子を見ると 他のサイトでも普通に電子タバコの記事にアドセンスも貼りつけているので 何かの間違いではなさそうです。

 

今まで忍者ADMAXなどで見受けられるレベルの広告も稀に表示されるみたいなので 広告は、緩くなっているようにも思えますね。

 

Googleアドセンスについては神話が多すぎる

アドセンスに限った話ではないですけども、ネット上では、色々なノウハウがあります。

とくにアドセンスの審査についてもルールについても言える事ですが 例えば 「あれが駄目これが駄目」というような話。

SEO一つとっても言える事です。

SEOも神話のでやすいジャンルで、あれが良い、これが駄目などなど色々とあります。

でも実際に検証してみると、

「ちょっとそれは行き過ぎじゃないか」みたいな部分は正直なところありますね。

アドセンスも色々と あれ駄目 これ駄目みたいな話があったり アドセンスのフォーラムなどを見ても色々な書き込みがありますけど そういう書き込みのレベルを見ると、「もっと他でどんくさい事やっているよね この人絶対」みたいなものもあるわけですよ。

とくに審査基準などは、情報コンテンツの場合 作る人って前からアカウント持っているわけですよね。

だから知らない事が多いので、

「このラインまでやらせておけば まず通るだろう」が今のよくある神話基準。

そもそも私のチャンネルって20記事無かったですから。

それも日付も遡ってないし。

だから現状の審査も私みたいに サブ垢を取って検証して初めて 「なんだここゆるゆるじゃないか」みたいな発見も出てくるのですが どの教材を見ても基準の部分は右から左です。

つまり定番のネット情報を掲載しておけば無難だろうという解釈でしょう。

 

確かに

2000文字以上
30記事以上で過去から運営しているように見えるように
画像を使うな

など 色々な項目を見かけますが いざやってみると そうでもない。

むしろ今は画像無しの方が厳しいです。

あんまり関係ないのかなと。

そもそもリサーチしていると「これ駄目じゃないの?これでいいの?」みたいなサイトがアドセンス貼っていますから。

 

これは実感しています。

 

でも もちろん厳しく考える事はマイナスでは、ありません。

でも神話を信じていると すごく壁がありそうな雰囲気を感じて魅力が見えなくなりますよねって事です。

現実は違うのに 勝手に難しいというフィルター越しに見てしまうので、食わず嫌いになる人も多い筈です。

とくにフォーラムなどを見ると 「難しいのでは」とか「審査厳しくて素人には無理だ」みたいな妄想を抱いてしまう。

これって 非常にもったいないなと思うのです。

これは私自身 今最も伝えたいというか 教えたい事があるので検証しているのですが  そもそも20記事未満のコンテンツで取得しさらに22記事程度の状態でダラダラ更新というか記事数殆ど増やしていませんが10月でアドセンス報酬だけを見ても1200円ぐらいなんですね。しょぼい数字ですけども アドセンス以外の収益を合計すると 3万円後半~4万円前後あるわけで今月は5万円を超える予定です。

 

 

ただ読まれるであろうコンテンツを作り 何もセールスせずに誰でも作れる(特に専門性なし)で記事を書いているのみです。

もちろん知らない事はコツコツ調べながらです。

月に1度の更新で10万安定ぐらいまでは、余裕で持っていけそうで、1記事2記事で10万入るなら かなり割の良い仕事じゃないですか。

その為には、土台が必要ですけども 個人的には、かなり面白いなと感じているので 今没頭しているところです。

 

もちろん 少数で利益を出しているのには、それなりのカラクリがあるのですけども…。

「えーこんなに簡単なのになんでみんな稼げないの?」と疑問さえ抱いてしまいますからね。

ビジネス手法も相当な進化をしているけど 灯台元暮らしになっている事が多いという事を伝えたいわけです。

一先ず もう少し検証していきたいと思います。

 

以前にも紹介した

オロチ というシステムツールのプレミア版みたいな近代兵器を使う事も有利になる事もありますし実際に 「素晴らしい」という感想が増えています。(これは本当です。)

ただ、作るものによっては、原始的な手法でも それなりの成果が出せるという事もあるということです。

 

ふと人生を見据えた時に、収入というのはとても大事で縁を切る事ができない存在ですよね お金は。

目先のビジネスも大事ですけど、年金に値するような収入源の構築は、今のうちから作る方が良いですし動ける時に動けなくなってもお金が入り続ける仕組みを作るという事は、売りが強いビジネスは正直難しいと思います。

もちろんオロチのように自動で一定割合更新されれば まだ良いですけど、手書きの連続で売り続けるのは、年齢が増せば増すだけ難しいし安定性も波があるので 売りが弱い自動収入サイトをどんどん今動ける時に作って一定割合の将来の収入源になるようなものを構築するように頑張っていきたいし伝えていきたいなと思います。

 

それでは、今日はこの辺で…

 

またいろいろと書いていきます。 小西でした。

 

 

 

 

 

最近話題のホンモノコンテンツ

 

オロチ【ついにサイトが自動で更新する時代の到来】ハイクオリティツールとノウハウ

アフィリエイトが苦手でも稼げる正真正銘のビジネスモデル

本当に稼げるアフィリエイトや転売、投資、ギャンブル無関係のビジネスモデル

 

YouTube動画系コンテンツベスト

2020年もYouTubeで稼ぎ続ける為のYouTubeを学べるコンテンツ一覧です。

もしもYouTube動画で稼ぐ方法は、2017年で終わったと思ったら大間違いです。

チャンネル登録者1000人、そして再生回数の審査基準にも屈しないノウハウは、まだまだあるのです。

 

YouTubeで稼ぐ方法 YFM

2018年も顔も声も出さずに稼ぐ2種類のYouTubeジャンルを公開。チャンネル登録者も増やす事が可能なジャンルです。もしもYouTubeで稼ぐ方法を諦めるなら このYFMを取り組んで空にして下さい。

2020年も余裕で稼げるノウハウ

YouTube動画で表に出ずに稼ぐ方法で最も進化したVERのノウハウです!

YouTube動画大百科 YDC

YouTube動画で稼ぐ手法を複数公開しているコンテンツです。作り易くて再生回数も高めやすい動画ジャンルとその作り方を解説しているコンテンツです。

  • この記事を書いた人
小西和夫

小西和夫

小西です。昔、アフィリエイトでツールを使って稼いでいましたが、検索エンジンのアルゴリズムの変動で負け組になりました。YouTubeバブルに乗ってなんとか這い上がりYouTubeをはじめ数多くのネットビジネスなどのノウハウを検証したり取り組みながらブログで解説しています。主に自宅で取り組めるビジネスモデルを中心に書いています。現在のネットビジネス収入は、年間にして3000万円程度で、まだまだ駆け出しですが 宜しくお願いします。

-アフィリエイトを学ぶ。

Copyright© YouTubeで稼ぐ方法(小西和夫) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.