YouTubeの話題

YouTubeで使えるマイク 雑音、ノイズを完全に除去して綺麗な音声のみを収録する方法

投稿日:

小西です。

いつもお世話になります。

今日はYouTubeで音声を取る場合のマイクについて少し触れますね。

YouTube動画の音声に適したマイクとは?

 

実は私もマイク機器は、色々と数多く持っています。

例えば動画で言うとゲーム実況系や声を使って紹介する動画もありますので その場合の音声は非常に気にする部分でもあります。

ザーっとか 背景音で入っていると動画を視聴する人にもストレスを与えて良い結果に繋がりません。

「声を出す動画もやっているのか?」と思うかもしれませんが 今では、色々と音声変換する事も可能だから複数のチャンネルを持つ場合でも「違うキャラクター」を演じる時は、常に音声を変更するようにしています。

 

ただどんな声でも雑音はNGです。

そこで色々なマイクでテストを行って自分の環境にあわせたマイクを使用する・・これが鉄則です。

ただここで覚えるべき事は マイクには二種類のマイクがあります。

コンデンサーマイクダイナミックマイクと呼ばれるものです。

それぞれについては調べると分かりますが感度が良いのがコンデンサーマイクでダイナミックマイクは、感動が悪い。

綺麗な声を取る場合には、感度の高いコンデンサーマイクが良いということです。

 

これが結構悩みどころでもあって、ついつい良い音声で行う為にというか、動画の視聴者にストレスを与えない事が何よりも大事なポイントですので 色々とレビューなどを見て私も何個も買っています。

 

マイクにハマるとキリが無いので要注意

まずマイクを変えるだけで音声が綺麗になるか?というとそうではないのです。

まず先ほども伝えたようにダイナミックマイクは、駄目。

あと周りの自然音。

風とかエアコンとかそういうのも もちろん駄目です。

またもう一点はUSEBで直接つなぐタイプのマイクは、ノイズが入りやすいとも言われています。

この原因は、PC内部の電気がノイズの原因になるようです。

つまり人の環境によって一概には、このマイクがいいよ!と聞いて試しても、「はあ?何言ってんだよこいつ」みたいになるのは、そのせいです。

また、USEB形式ではなく、オーディオインターフェースとマイクを繋げるわけです。

オーディオインターフェースは、こういうものです。

PCの前に外部で処理するので電計系統のノイズは軽減されるようです。

尚、USBマイクとオーディオインターフェースを繋げられないか?という事を希に聞くのですが USBマイクというのは、マイク本体内に「オーディオインターフェース」を内蔵しているからパソコンに「USB接続」出来るのです。

だから根本的に、どちらかで良いのですが 私の場合は、オーディオインターフェースは使っていません。

現在は、ソニーのワイヤレスイヤホン(1ヶ月前かぐらいに発売されたもの)かヘッドホン、コンデンサーマイクを使い分けしています。

動画の撮影状況次第という感じです。

確かにオーディオインターフェースは、良いのですが結論から言うと「手のうちようが無い程 音が酷い」という場合程度ですがYouTube動画では そこまで必要が無いかならと感じました。

自己満の領域で再生回数には、ほぼ影響しません。

視聴者に不快感が感じられなければOKという感覚で良いと思います。

 

音声チェックは、とにかく何度も録音と再生を繰り返して とくに音声を変換する場合には、何度も何度も録音と再生を繰り返してベストな音声設定ができれば その設定を記録と保存をして使い分けできるようにしています。

 

どうしても私の場合は、パソコンの前での音声が8割以上を占めていますが大変なのは最初だけです。

ゲーム実況の場合、ちゃんと設定しておかないと15分プレイして駄目な場合は、また録音し直しになりますので すごく大変ですからね(苦笑)

また高いマイクだから確実に安いよりも良いとか、そういう事は、ありませんので注意して下さい。

最初は喋っていても気にならないような事が慣れるに連れて拘りたくなるものです。

ここは、マヒしてくる部分で追求するとキリも無いし、そこまで拘っても再生回数には響きません。

いわゆる自己満足の世界なのです。

つまり、ある程度のラインさえ満たしていればOKなので マイクはせいぜい1万円ぐらい出せば、そこそこ良いものが買えます。

そのラインというのは、視聴者が不快感を抱かないレベルならOKということです。

 

高いものはキリが無いですけど安価でも良いものは、数多くあります。

私の経験から言うと、高いから良い製品 みたいなマイクの選び方は避けるようにしましょう。

色々なお奨めのマイク紹介記事も、すごく多いですが、最初はコンデンサーマイクの中でも5000円~1万ぐらいのものが個人的には、お奨めです。

数も多いのでマイクの種類も迷うと思いますが 手始めには、比較的安価なものを導入して慣れてきたら、費用を使っていくと良いです。

 

ただ ノイズが入るからという理由だけで値段を上げていくのは辞める方がいいです。

高いものを買えば良いと考えるのは日本人の悪い癖なのですが 例えばこちらのような無料ツールで解決する事もあります。

https://obsproject.com/ja

 

ライブ配信にも使えるのですが 録画用機能もあります。

もちろん音声のノイズ除去機能もありますので こういったマイク以外の部分でも気になるノイズ音などの問題をクリアできる事がありますので是非とも参考にして下さい。

 

それでは、小西でした。

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

2020年YouTubeで稼ぐ方法ランキング

2020年もYouTubeで稼ぎ続ける為のYouTubeを学べるコンテンツ一覧です。

もしもYouTube動画で稼ぐ方法は、2017年で終わったと思ったら大間違いです。

チャンネル登録者1000人、そして再生回数の審査基準にも屈しないノウハウは、まだまだあるのです。

 

YouTubeで稼ぐ方法 YFM

2018年も顔も声も出さずに稼ぐ2種類のYouTubeジャンルを公開。チャンネル登録者も増やす事が可能なジャンルです。もしもYouTubeで稼ぐ方法を諦めるなら このYFMを取り組んで空にして下さい。

LINEを使って作成するYouTube動画ジャンル

LINEを使ってYouTubeで稼ぐ方法を公開しています。通話アプリLINEを使ってどのような動画を作るのか?手順を1から公開中です。殆どの人が想像も付かないかもしれませんが実は、このジャンルは作り易い上に再生回数も高めやすいのです。

YouTube動画大百科 YDC

YouTube動画で稼ぐ手法を複数公開しているコンテンツです。作り易くて再生回数も高めやすい動画ジャンルとその作り方を解説しているコンテンツです。

-YouTubeの話題
-

Copyright© YouTubeで稼ぐ方法(小西和夫) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.