その他の話題やツール

GoogleのWEBマスターツールは、必要か不要か考えてみた結果・・・

投稿日:

小西です。

いつも購読有り難うございます。

 

ここ最近 検索エンジンに飛ばされた!…という話をよく聞きます。

 

サイトアフィリエイトをしている以上は検索エンジンから除外される事は、とても恐ろしい事であり。売れているサイトであれば最も怖いと言える筈です。

 

Twitter界隈でも アフィリエイト業界から消えるという話をよく見かけますが 私も過去に同様の記憶があるので 気持ちは、分かります。

尚、SEOに有利という観点から GoogleのWEBマスターツールなどを利用する事が当たり前となっているのですが あえて私は もう使っていません。

なぜなら私にとってこれらのGoogleツールは、必要が無いからです。

GoogleWEBマスターツールやその他のツール

まず メリットはご存知のように、
  • Google が検出した潜在的な問題について、サイトの状態をチェックできます。
  • 検索トラフィックを把握して、ユーザーがどのようにサイトにアクセスしているかを確認できます。
  • Google がサイトについてより正確に把握して表示できるよう、サイトを最適化できます。

これらはWEBマスター登録ページに書かれてますが 見ても分かるように これらの理由は利用者が情報を明かしているからです。

確かに優秀なツールだけれども、考えて見ればネット検索を支配しているGoogleにとっては、情報収集にも役立つというわけです。

最低限確定している事は、都合良いシステムを提供して個々のサイトの状況を把握できているという事でもあるのです。

誰がどういうサイトをやっているのか?です。

アルゴリズムの変更や最適化にも これらのデーターは活かされていると思います。

どちらにしても、Googleのサービス全てが それなりの意図のあるものだと私は考えています。

もちろんYouTube1つでもそうですが Googleは、無料ツールを提供している変わりに 多くのデーターを取られて利用されていると思います。

 

大きなアルゴリズムの変更は、さておいてもサイト単位でのペナルティなどは、Googleのツールを経由して自分のサイト情報を丸裸にして情報を送っているので、いち早くペナルティ通知も届いたりするのです。

逆に、違反やNG行為を自ら報告しているような感じになっているのです。

「バレれば同じ事」でもありますが Googleツールを使っていなければ事無しを得られた問題も数多くある筈です。

 

Googleのサービスは使わなくても構わないか検証した結果…

 

そこで大事な事は、多くのアフィリエイターさんが唱えるWEBマスターツールなどの利用ですが 正直言いますが 使わなくても大丈夫です。

早くサイトの悪い所を知る事ができる…みたいな記事をよく見ますが それはいち早く自らGoogleに情報を送ってるからです。

見せようとするから見られるというだけです。

メリットもあればデメリットもあるのです。

結論から言うと 自作自演などはサイトの所有者単位で筒抜けで 尚且つその運営者がどのようなメッセージのやり取りをしているか?なども把握しようと思えばできるような状態だと思います。

こう考えると やはり気持ち悪いし デメリットがあってもメリットが強ければ使いたいと思いますよね?

ただ そこまでメリットが無いという事が私の感想です。

念のために調査した結果があるのですが検索エンジンに早く表示される問題も

・使ったからと言っても順位に変わるわけでなく、上位になるようなメリットも根拠もない。
・Googleのツールに登録しなくても最近はキャッシュが早いケースが多いから違いは分かり難い。
・ツールを眺めている時間が勿体無い

この3つだけでも、必要性があまりありません。

 

確かに検索エンジンロボットの進化には驚くところですが これらの進化もやはりGoogleツールの利用者があって加速しているイメージも強いです。

質問でよく頂く Googleのツール関係は、結論から言うと自己判断で検討してアフィリエイターに勧められても無理に使わなくても良いという事です。

とくに自分のサイト情報を登録するようなツールに関しては それほどメリットよりも想定できるデメリットの方が大きいと感じています。

 

常にあらゆるリスクを想定しましょう

 

アフィリエイト活動をしていて、1つのサイトだけを何年もやり続ける人は少ないと思います。

こんな私でも アダルトサイトもあれば 物販系サイトも運営しているぐらいです。

情報発信を行いながらですが。

ただ、複数運営する場合には、運営方法やコンテンツ次第になりますが 芋づる式でトラブルに遭うと全く意味が無くなります。

どこでどんな情報がどのように利用されているか分かりませんが 時と場合によっては、何でも便利だからと情報をまき散らしていると痛い目に遭う事もありますよという事です。

人によって意見は違うでしょうが 1つ参考にして頂ければと思います。

余談ですが、私は、アドセンス関連(YouTubeやサイト)、アドワーズ※広告 gmail 程度しか使っていません。

 

PS

ちょうど現在、RBSのアダルトジャンルで検証していますが 急いでアダルトジャンルへは進んだ方が良いと思います。

DMMでアカウントを別途作成して試してますが 安いですが報酬も上がっています。

まだまだ 他のASPの報酬も含めて数千円台となるのですが 馬鹿にできません。

しかし、RBSとARBSの組み合わせは、かなり傑作だと思います。

もしもブログやサイトでアダルト系のアフィリエイトしている人は、RBSに乗り換える事をお薦めします。

それでは、小西でした。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

2018年YouTubeで稼ぐ方法ランキング

2018年もYouTubeで稼ぎ続ける為のYouTubeを学べるコンテンツ一覧です。

もしもYouTube動画で稼ぐ方法は、2017年で終わったと思ったら大間違いです。

チャンネル登録者1000人、そして再生回数の審査基準にも屈しないノウハウは、まだまだあるのです。

 

YouTubeで稼ぐ方法 YFM

2018年も顔も声も出さずに稼ぐ2種類のYouTubeジャンルを公開。チャンネル登録者も増やす事が可能なジャンルです。もしもYouTubeで稼ぐ方法を諦めるなら このYFMを取り組んで空にして下さい。

LINEを使って作成するYouTube動画ジャンル

LINEを使ってYouTubeで稼ぐ方法を公開しています。通話アプリLINEを使ってどのような動画を作るのか?手順を1から公開中です。殆どの人が想像も付かないかもしれませんが実は、このジャンルは作り易い上に再生回数も高めやすいのです。

YouTube動画大百科 YDC

YouTube動画で稼ぐ手法を複数公開しているコンテンツです。作り易くて再生回数も高めやすい動画ジャンルとその作り方を解説しているコンテンツです。

-その他の話題やツール
-, ,

Copyright© YouTubeで稼ぐ方法(小西和夫) , 2019 All Rights Reserved.