YouTubeの話題

YouTube嫌韓系のYouTube動画で学ぶ削除祭りの仕組み

投稿日:

小西です。

いつも購読有り難うございます。

いよいよ盆休みになりましたがいかがお過ごしでしょうか?

とても暑い日が続きますので体調管理だけは徹底して頂きたいと思います。

 

また以前に紹介しました、
物販系のネットビジネス

やはり即金色も強いのですが 既に成果報告も頂いています。

物を売るというと、難しそう…という先入感をお持ちの方も居るようですが
物の売買というものは集客面を深く考えなくても良いしサイトやブログを
構築せずに 買う⇒売る の繰り返しですからサブとして取り組んでも
面白いかと思います。

 

また、中でも多いものがやはりアダルトジャンル。

SMS アダルトシステム

広末さんのアダルトアフィリエイトノウハウ

これらでは、既に数万円レベルの数字を出せるようになった人も
増えています。

 

もう少し前で言うと

資産サイト構築パッケージ

こちらもアドセンスや情報商材、あるいは
A8などの開設案件が主体のキャッシュポイントですが
仮想通貨系のものは アクセスも数千単位で集めている人も
出てきています。

 

金曜日の夜から盆休みになる人が多いせいか、改めて色々な成果報告を頂けましたし
色々と要望や質問なども ビックリするほど頂きました。

 

盆休みの期間中もしっかりとサポートやアドバイスも行いますので
遠慮なく連絡して下さい。

 

「休みを利用して目一杯やろう」という人が居るわけですから
この時期こそいつもより迅速な対応を行うと考えています。

 

情報発信したり、コンテンツを販売している人の中には、
盆休みを取り、メールすら返信しない人達も居るようです。

私からすれば、逆にこの時期に「サポート休業」とか言う人の神経を疑います。

みんな休みだから自分も休みとか、本当にあり得ない話です。

一番多くの人が取り組みし易い休みの時期こそサポートをしてあげる事で
より役立つわけじゃないでしょうか?

一緒に休んでいれば、この休みを利用して取り組む人は一人ぽっちになるわけです。

これは、考えられない光景です。

 

私が紹介している商品や私の商品に関しては、盆などの大型連休などこそ
力を入れて1人でも多くの人が せっかくのチャンスを逃さないように
万全の体制で臨みたいと思います。

 

実は、先日 政治系のチャンネルが削除されました…。

具体的にどういうチャンネルかと言うと嫌韓系のコンテンツです。

嫌韓(けんかん)は、韓国や朝鮮民族を対象とした嫌疑・嫌悪などの感情をあらわす用語です。

 

嫌韓系のYouTube動画が軒並みに削除されていた

 

調べて見ると、騒動は、3ヶ月前のようです。

 

 

私の場合、既にアドセンスアカウントが1個、2個BANされても
痛くもかゆくも無いから良いのですが 気持ち良い話でもありません。

何年も問題無かったものが いきなりなので流石に驚きましたが
調べると結構前から起きていた事象で私のチャンネルへの削除は
だいぶ遅かったようです。

 

とは言っても 政治系は、ここ最近では、
投稿も殆どしておりませんので 良いと言えば良いですが
古いアカウントで他のチャンネルも同時に影響を受けたので
少しショックでした。

ただ、1個や2個のアカウントが削除されても痛くもありません。

過去にも何度も私の場合は、ペナルティ経験もありますが
複数のアドセンスアカウントやYouTubeのアカウントがあれば
労力以外のリスクが無いのです。

 

しかし再生回数も万単位の動画も多数ありましたので残念と言えば残念です。

 

嫌韓系のYouTube動画が凍結された理由

あくまでも私の個人的な見解からすると 「しばらく作らない方が良い」と言えるでしょう。

 

私は、特殊なキーワードで投稿していましたので、逆に削除も時期外れなのかもしれませんが
今後は、この嫌韓系の動画は、避ける方が良いでしょう。

 

削除のきっかけとなる問題を
調べれば、顔出しYouTuberも有名人のものも消去されているようで
5月の半ばに「ネトウヨ動画をYouTubeに通報して潰そう」
というスレッドが立ち上がり、そこから怒濤の違反申告が増えた結果のようです。

この原因は、不明ですが、一部の嫌儲系の人達のレスを動画に掲載したとか
何か要因は、あると思います。

ただ、大半は、お遊びに近いレベルで 集中攻撃をしていたようで
削除された側は、本当にたまったものでは、ありません。

 

つまり多くの違反申告などが急増して結果、YouTubeが削除に動いたというわけなのです。

 

現時点ですぐに投稿後に削除される事は、無さそうですが 今後の動向は、
読めない部分があります。

 

しかし現時点でもYouTube内にそれらしい動画は、ありますし
まだ投稿されている人も居ます。

 

とりあえず、同じ事をされると またBANされる傾向がありますが
これは 他の動画でも言える事です。

 

他人の動画は大丈夫なのに なぜ自分だけ?と疑問を抱く人も
居ると思いますが、残念な事に揚げ足を取られるものは、
相手次第でなんとでもできてしまうのが現実なのです。

 

心が狭い人も数多く居るもんだと本当に悲しくなります。

 

嫌韓系のYouTube動画だけじゃない削除祭りの問題

 

確かに「細かく見れば規約に触れている」という動画は星の数ほどあります。

厳密にYouTube動画と照らし合わせれば、「規約に触れているよね?」という
動画の数は、全体を見てもかなりの割合を占めています。

これは、無料で投稿を開放している無料ブログや掲示板でも見受けられる事で、
誹謗中傷や名誉棄損なども同様です。

規約ではNGでも運営側も1つずつ監視しているわけでもありません。

申告があれば目を通すという程度なのです。

YouTubeも 同じようなものです。

つまり大多数で邪魔者を消そうと思えば、足元をすくってしまえば、
あとは簡単に抹消しようと思えば可能なのです。

 

大事な事は、足元を掬われない事です。

 

でも 細かく見れば、数多くの動画が問題があるものです。

暗黙の了解というような動画でも周りが騒げば、運営元は削除しなければ
飛び火が来るので抹消するという行為は ごくごく普通です。

 

そういう意味では、以前に公開したYFMあたりは、非常に有利です。

 

既に購入済みの方でも登録者数が 増えている人も居ますし
再生回数も伸ばしている方も多いです。

 

YouTubeは、アドセンス広告だけじゃない

 

まだまだ審査の壁を懸念してYouTubeを始めない人も居るのですが
冗談抜きにして やり方次第では、十分旨味があります。

何故なら、

SEOにも強く
内部アクセスも強い

という部分は、何年も変わりないからです。

 

また、登録者数が増やせるという点も非常に重要で、
「登録者数が多い動画からの誘導リンクの誘導率は極めて高い」です。

よってYouTubeは、読者集めと割り切る事も1つの方法です。

動画で読者を集めてサイトやブログをメインとした場合、
チャンネルが消去されても サイトやブログは残りますので
仮に新しく再起した場合、コアな読者さんは また登録してくれる事になります。

YouTube⇒ ブログアドセンス、成約型コンテンツ というイメージで
取り組む事も1つ、選択肢で私自身も この方法で 伸びているサイトも
あります。

 

メインのサイトでは、主に雑記系のコンテンツを作り、
アドセンスを貼り付けながら、関連する動画をYouTubeに
アップロードして チャンネルとサイトを結び付けているのです。

読者も増えやすく、アフィリエイトでも稼げるし
アドセンスでも収益性を出し易い特徴があります、

書き手のイメージで左右されますが なかなか手法としては、
安全で稼ぎ易いと思います。

また この辺りは記事にしたいと思います。

 

そして最後に1つ。

常にネットビジネスでは、YouTubeに限らず 僻み、嫉みは数多くあります。

 

情報業界でも他人を誹謗中傷して自分を有利に見せようと考える人も居ますし
「自分がうまくいかない」そんな理由だけで詐欺だと決めつけたりする人も
非常に多く、嫌がらせ行為をする心の狭い人も居る事が現実です。

 

そういう背景を見れば、「コンテンツを売る」事にも抵抗を感じる
人も居ますし、良いというものでも、そういう人達のせいで、
紹介し難くなったりするものですが、私は違います。

 

自分が良い 自分の中で可能性の高いものは、良い、悪いなど周りの意見に
関係なく推薦し そして紹介した方が 1つ上のステージへと引き上げる事が
できれば、それで良いと考えています。

 

そして全ては結果です。

 

私も情報発信を始めて多くの方と出会い、そして
色々と勉強もしながら アドバイスをして多くのかたが
私の紹介した商品、そして特典やサポートを交えて結果を
出している現実があります。

 

弱い者いじめや嫌がらせでしか目立つ事ができない人達とは
明らかに違うのです。

 

YouTubeでも情報でも他人を蹴落としてのし上がるような
スタイルで成功する事は困難です。

みんなスタートは初心者ですから 一定の領域を下る人だって居ます。

そういう弱い人達を叩いても何も得られるものは、何も無いのです。

 

そういう時こそ力のある人は、教えたり、アドバイスしたりすると
もっと良い市場ができるのでは、ないかなと感じます。

 

誰にどのように写ろうと 自分の信念を持ちそして
意気投合できる人達が集まってゴールを目指す事。

 

これを本当に目指すべきだと想います。

盆休みも始まったばかりですが 私も待機していますので
何かあれば気軽に連絡して下さい!

 

それでは、小西でした。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

2018年YouTubeで稼ぐ方法ランキング

2018年もYouTubeで稼ぎ続ける為のYouTubeを学べるコンテンツ一覧です。

もしもYouTube動画で稼ぐ方法は、2017年で終わったと思ったら大間違いです。

チャンネル登録者1000人、そして再生回数の審査基準にも屈しないノウハウは、まだまだあるのです。

 

YouTubeで稼ぐ方法 YFM

2018年も顔も声も出さずに稼ぐ2種類のYouTubeジャンルを公開。チャンネル登録者も増やす事が可能なジャンルです。もしもYouTubeで稼ぐ方法を諦めるなら このYFMを取り組んで空にして下さい。

LINEを使って作成するYouTube動画ジャンル

LINEを使ってYouTubeで稼ぐ方法を公開しています。通話アプリLINEを使ってどのような動画を作るのか?手順を1から公開中です。殆どの人が想像も付かないかもしれませんが実は、このジャンルは作り易い上に再生回数も高めやすいのです。

YouTube動画大百科 YDC

YouTube動画で稼ぐ手法を複数公開しているコンテンツです。作り易くて再生回数も高めやすい動画ジャンルとその作り方を解説しているコンテンツです。

-YouTubeの話題
-,

Copyright© YouTubeで稼ぐ方法(小西和夫) , 2018 All Rights Reserved.