コロナウイルスだからこそ、自宅でできる仕事 ネットとパソコンだけでお金は稼げます。

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

小西です。

自粛要請が強まる中で生活に変化が出てきた人も多いと思います。

都内では、ここ数日、感染者数が200人近く増え続けている状態で店も閉まり、人通りも少ない所が増えてきました。

本当に映画のような世界です。

 

尚、東京はもちろんですが大阪の難波駅も今はこのような感じです。

 

私の友人がちょうど難波駅に出る用事があったので写真を送ってきたのですが

「恐ろしいぐらい人がおらへん」と言ってました。

 

多くの人の生活が変わってる証拠です。

ただ、私の場合は、初期の段階からは、生活は、何も変わっていません。

最初の頃から自粛の徹底をしてきたので とくに不都合も不具合もなく今に至っています。

 

ただ唯一感じる事は、「もう今までの生活には、戻れる事は年内厳しいだろう」という点です。

ワクチンの開発も恐らく すぐにできるとは思えません。

自粛ムードが強まっているので外出する行為そのものが 悪という印象でさえつきかねない状況になりつつありますが 少なくとも半年前の生活とは、恐ろしいほどの変化が出ていますから、そう簡単には、もどれません。

 

とりあえず一人一人が感染予防をしっかりすれば大事になる事は、なかった筈ですが、もう手に負えない印象を受けますね。

 

私の場合、そこまで日常生活でもウロウロするわけでもないし、遊びに出かける事が少ないので、そこまで厳しくありません。

逆に今は読者の方のやり取りが増えて、サポートもしっかりできますから、たくさんの人が育ってます。

 

ある意味、「こういった状況で得られた事」も大きいと感じています。

 

ただ、どれだけ、ポジティブに考えても、事態は深刻です。

 

コロナウイルスに感染する2種類の人

冷静に考えると コロナウイルスは、中国が発端だと思っていますし、少なくても日本の問題で発生したものじゃないわけです。

もちろん日本の対策の良し悪し、対応の遅れもあったかもしれませんが、私達は、常に表面しか見れません。

現在増えている感染者の中には、

A 自粛要請が出ても自粛しないで何も考えず行動して感染する人。

B Aのような人と接して感染した人。

C コロナと戦う医師や看護師の人達。

 

この3通りですが CはBとAが居なければ増えませんし BはAが居なければ増えません。

 

ただどれも本当に今ぐらいの、自粛状態がもっと早く実現できていれば もっと軽い問題だったと思いますが、すでに遅いです。

 

既に地方にも広がりが出ています。

これは、人が動くからです。

東京は ほぼ機能停止状態になり、今度は、東京で生活が困難だから帰省するという人も居るようですが、これも論外だと言われ始めています。

 

帰省もAに分類されると言われ始めています。

 

…と言うのも、海外でもイタリアは、その帰省や移動で感染が拡大しているので、ここで移動する人が居るから感染が広がる。

「いやいや自分は感染してないから」みたいな感じの人も居ると思いますが それでも帰省するべきでは、ないという事です。

厳しく言うと症状が出てないだけで感染している確率がある可能性もあり、実際に全員ではなくても、一部帰省した後に感染が発覚するケースが多発しています。

「自分は大丈夫」と考えて移動するから全国に広まるわけです。

 

事例があるにも関わらず、同じような事が起きようとしているから、慌てて各県が 「東京から流入されては困る」みたいになるのです。

確かに仕事の問題や生活問題があっても、今は「帰省するな」が正解。

 

つまり 「じっとしていられない」とか「仕事や生活が厳しい」としても それはあくまでも自己都合なので、自分の都合で周りに迷惑かけて良いの?って話です。

確かに深く考えると実家に帰省したら迷惑が掛かる可能性もありますから…冷静な判断が求められそうです。

私も実家が心配になり帰省も考えましたが、道中もリスク、道中で感染して菌を運んだら駄目だと思って控えました。

 

中国はコロナも終息に向かったという話も嘘か本当か知りませんが武漢も封鎖が解除されたので 回復傾向にある事は、間違いなさそうですが、 徹底した対策があったからだと言えるでしょう。

 

武漢も、周りから封鎖されて 出る事も入る事も許さないぐらいの勢いでやったからでしょう。

あそこまでやったのは、まさにこのウイルスが猛威を振るう事を知っていたかのような処置でしたが。

 

日本は、まだまだ自由ですが、自由で、何かを決めるのも遅いので、恐らく一歩間違えると他の国よりも被害が深刻になる可能性もあると思いますが、何を言っても被害が深刻になって嫌な思いをするのは私達ですから慎重な行動をしていきたいものです。

「自宅に居てもする事がない」という方も多く、お休みモードの人も居るかもしれませんが こういう時こそ いつも言う事ですがビジネスの仕込みする事をお勧めします。

 

小西和夫
小西和夫
ハッキリ言いますが保証も充てにできませんし、今この状況で眺めているだけでは、何も得られるものは、ありません。自分のお金は自分で稼ぐぐらいの気持ちで やはり個人が自分で稼ぐ力を身に付けるべきです。これからは、ネットの時代、ネットで稼ぐという事が最も大事になる筈です。YouTubeでもアフィリエイトでも良いのでしっかり この機会に学んで自分の力で稼げるようになるべきです。

自宅にこもって今の間にお金を稼ごう!

今は本当に厳しい時…

金銭的にも厳しく、生活も厳しく不安でストレスもたまる人も居るでしょう。

 

私の知り合いの中でも

「会社に行くと会社が廃業すると聞かされた。何かネットで仕事ないですか?このままじゃヤバい」という相談を昨日も貰いました。

 

自動車メーカーなども数多く工場が停止しているので そこの従業員だけでなく

食堂や 下請け、部品の供給元、部品を運搬する業者と 枝から枝にとことん影響が出ている現状です。

今だけでなくこれから数か月は、この状況は続いて悪化する恐れも確実にありそうです。

 

こういう時、何より一番怖いのは、個々の「お金の問題」が 潜在的にある筈です。

 

だから自宅でお金を稼ごうです。

 

私も含めてネット業種は、何も影響もありません。

 

ネットビジネスは、コロナウイルスも影響を受けていないものが殆ど。

 

ネットで稼いでいる界隈でも色々と情報交換していますが、

影響が無くても

「家族居るんでしばらく田舎で療養します」みたいな人も居れば 何も変わらない人が殆どです。

ただ、一部は、海外から仕入れしていた物販の人などは、知り合いのツテなどで他のネットビジネスで飯食い始めています。

ただ基本的に 店舗もない、人件費も不要。

固定が殆どネットビジネスの場合は無いんです。

 

だいたい普通のアフィリエイトの場合、数千円で月7桁 普通にいきますから。

 

たとえ売り上げが低迷しても経費は数千円ですから痛くもありあません。

 

物が不足し始めると楽天やAMAZONで買う人も増えるのですが ちょうど以前は、トイレットペーパーやマスクなどを オロチなどで作ったサイトに自動更新させたり工夫した人も居ましたね。

「コロナウイルスをきっかけにオロチで偶然作ったサイトで収益がでてきた」という声も聞きました。

在庫を持たなくてもお金になるのは、ネットの強みです。

ただ楽天やアマゾンは報酬が安いですけど チリも積もれば山となる みたいな感じです。

 

私もコロナウイルスが広まる前よりも在宅時間が殆どで、仕事量も増やして、お金を稼ぐ事に集中しています。

お陰で、全体的に右肩上がり。

私の場合、一般のアフィリエイトやアドセンスもしていますし、先日紹介したような投資ジャンルも網羅しています。

 

つまり「自宅に居て作業時間が増えれば増えるだけお金も増えている」という点が現実なのです。

 

しかし長時間はネットビジネスもしんどい その回避方法

 

集中力の低下も もちろん出てきますので、数多くのレパートリーがあると、切り替えをしながら最高の状態で取り組めます。

アフィリエイトでサイト作りが停止したら 次は投資しようか…とチャートを眺めたりして息抜きをしたり…この繰り返し。

そして定期的なメールの確認をしてサポートに集中する。

このローテーションです。

 

アフィリサイト作り。

私のアドセンス購入者のサイト作り

記事更新

投資

物販ビジネス

物販は影響を受けるか?と思ったインサイダーですが 何も問題なさそうで、なぜか今、利益が凄いです。

前回にこちらで書いた コロナで影響を受けないビジネス

 

ネットビジネスは 保証がない?

 

よくネットビジネスは保証がないと聞きますけど、私もそうですが 法人成りが基本です。

そして社会保険にも加入してお金を払い続けています。

貰えるかどうか知りませんが年金はそこそこある計算です。

また それと同時に会社で保険もかけているので 失業保険とかは、役員は多分ないものの、普段から貯蓄が数十万とか7桁台で溜まるので、それで十分補えてしまいます。

もちろん退職金も設定すれば所得税より安い税率で会社からお金を自由に取れるので ネットビジネスも法人成りしてお金さえ出して払っていれば何も問題ないのです。

それも殆どは初期費用も殆どありません。

 

コロナウイルスが広まるにつれて 方向性を間違えてしまう人、前に進む人と何もしない人で3種類の人が居ると感じました。

 

コロナウイルスによる経済的打撃の3種類の反応

例えば一番駄目なケースは、このようなケースだと思います。

コロナ禍による休業などで生活が困難になった人々がこの日、渋谷でデモを決行。「国民全員に現金給付を」「金を出せ!」と声を上げ、安倍首相、麻生財務相の私邸など高級住宅街を練り歩いた。

 

これに対して高須院長も苦言をこぼしてましたが感染云々よりも、「それ国に言う事?」という話じゃないですか。

感染が広まっているので 危ない場所は危ないと言う事は当然だと思います。

では、言わなければ良かったの?と考えると 微妙かなと思います。

それも今この時期に住宅街を集団で練り歩くとか、ちょっと私には、信じられません。

 

また、「考えるだけ 怯えるだけ」の人も余力があれば良いですが一度数か月~2年ぐらいは、シュミレーションして問題なければ 何もせずに休んでも問題ないかと思います。

小西和夫
小西和夫
例えば1年この状況が続いた場合と考えた時、だいたい2倍計算すると妥当です。1年経過して全く同じ環境で仕事が保証されるわけでは、無いからです。

 

ただお金に余力のある人も余力もない人も、目の前に置かれた現実と向き合って「今できる事を目一杯やる」これが 一番です。

 

と言うのも私の読者さんの中にも数多くの方が 初期段階から始めた人でも成果を出しているケースも多いです。

もちろん全員が全員では、ありません。挫折者も居る事は事実です。

 

 

しかし、ここ最近は、とくに

「コロナウイルスのタイミングで始めて本当に良かった」

「嫌な予感がしたけど2月から始めた甲斐があった」

「もっと早くから取り組むべきだった」

という人が 本当に多いです。

そしてこれらは、既に実感している方々です。

 

世の中には、何かを教えると必ず、批判や否定しかできない人が多く居ます。

どこの世界でも居るのですが そういう人に限って、

何故かと言うと 人のせい、物のせいにする事しかできないからです。

これは私も経験してきたからこそ分かるのですが疑心暗鬼になりすぎて どんどん悪い方向に行くと本当に手遅れです。

 

「うまくいかなくなったのは国のせい」と同じように

「うまくいかないのは商材が悪い」と言う人も中には居ますが、私が紹介しているものに限っては、「個人のスキル不足」です。

だから そういう人も 基礎や原理から少し学んで基礎力を身に付けば稼げるようになるものです。

 

そして続々と稼いでいる人が私の周りでも このコロナウイルスが広まっている間にも増えています。

中でもここで書いているコンテンツの多くは、かなり稼いでいる人も増えています。

 

もちろん今辞めた方が良いビジネスモデルも存在します。

 

それぞれジャンルも種類も異なるので一概に言えませんが 特徴や向いてる人、向かない人など種類によって様々ですが コロナウイルスの影響を受けてないものが殆どです。

引き続き、「今、自宅でやるべき事は、ネットで稼ぐ力を身に付ける事」が 何よりも大事だと思います。

小西和夫
小西和夫
国は何も保証してくれません。仕事も会社も今は良くても今後、まだまだ終息する見込みはゼロです。1か月や2か月で終息したら恐ろしいぐらいです。感染回避は自宅にいれば解決できても、経済問題は、何も解決しないどころか、長期化すれば状況は悪くなることは確実です。今何をやるべきか?と言えば自宅で、パソコンを開いて ネットとパソコンだけで稼げる、アフィリエイトやYouTubeなど 前に進む事を考えるべきだと思います。時には見切りをつけて新しい安全な収入を増やす事を考えて見て下さい。

小西でした。