LNE風の会話形式のトーク動画を作るツールの開発経過

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

小西です。

日本は 海外のコロナウイルス事情と比較すると落ち着いたように見えますが海外は本当に酷くイタリアやフランスは とんでもない事になっています。

私も部屋にいる時間が増えたので息抜きに動画を見るのですがトイレットペーパーやマスク不足というのは 他の国も深刻な問題のようです。

 

小西和夫
小西和夫
最近はやっとトイレットペーパーなども普通に購入できるようになりましたので 少し安心していましたが東京では、ジワジワと感染が増えているようで今日のニュースを見るとロックダウンも有りうるというニュースも出ていました。ぜんぜん深刻度は変わりないようで驚きました。

 

私もコロナウイルスは感染したくありませんし今の状況は何とかなって欲しいと願うばかりですが、もう共存していくしかないのかなとさえ感じます。

これはインフルエンザも同じようなものでワクチンの有り無し程度の違いなのかなとさえ考えてしまいます。

 

インフルエンザでもワクチンがなければ 同様に死者は出るわけですから。

そう考えるとワクチンさえできれば、コロナウイルスもインフルエンザいのような風潮に変わるのでは?と思います。

今の状態を見ると、夏に収束する気配は毛頭ありませんし今年一杯は続くかもしれませんが、ワクチンさえ出来てしまえば少しずつ平常に戻るのかなと思います。

 

どちらにしても海外の様子を見ると日本は、本当に平和だですが少しでも早く収束する事を願うばかりです。

 

実はここで報告を。

 

実はアドセンス教材を出す頃に同時に着手していたシステムが完成しました。

 

LINE風の動画を作るツール

 

アドセンスでは結構色々と多くの方が成果を出していただけたようで本当にうれしく思いますし引き続きサポートに力を入れていく所存ですが実は、以前から知人とプログラマーで開発していたシステムが完成しました。

 

どういうものか?は具体的には、まだ公開できませんが、

このような動画を作れるツールです。

 

昔はテキスト動画が流行りましたが それの進化版の動画です。

もちろん巷にはLINEの会話風のトークを作るサイト、アプリは数多くあります。

しかし今のYouTube事情を考慮すると それでは、間に合わないのです。

そこで今回作成したものは、上記のようなトーク動画のアニメーションを作れるツールで、そのままキャプチャ録画すれば完成するというものです。

 

もちろんスクロール無しで好きな位置で表示をリセットしたり、文字サイズ変更、アイコン変更、画像投稿、タイムスタンプ自動機能、背景もアニメーションできるというもので これらが直感的に簡単に作れるというのが 以前から私達が開発に取り組んでいたものなのです。

サポートやサイトの添削、サイトの作成の代行をこなしつつ、こちらも進めていたのですが いよいよ完成の予定で格安でリリースする予定です。

・怖い話
・男女関係で不倫や修羅場など。
・ママ友など女性同士の争い。
・スカッとする話

 

動画として目立つのは上記のようなジャンルです。

いわゆるトーク風の動画を作ると考えると良いです。

トークと言うと結構、ネタ作りが大変そうに思いますが、

聞き手と喋り手を分ければ、実は他愛もないような話なのです。

 

もちろんセンスゼロの人でも今では、そういうネタを作る方法もありますから 結構面白いんじゃないかなと。

あと LINE風の動画を見て作りたい人も増加傾向にあります。

ただ、先程も伝えたように、

トーク作成系のアプリなどでは限界がありますし、何よりもスマホアプリでは画面が小さい。

サイトのツールなどでも作れるサイトがありますが現実問題、動画にすると少し小さいし できる事も限られる。

 

ただ、動画編集ツールを使えば 素材から自分で作る必要があるので、想像以上に大変で、時間もかかります。

そこで「出来る限り短時間で出来る限り簡単に…出来る限り高品質な動画作り」これを徹底追及したのです。

 

もちろん以前に出した、

これで稼いでいる人も結構多いわけですけど、動画作りで言うとずっとか、今回の方が作成は簡単です。

尚且つ、それなりのクオリティの高いものを作れますし販売後も利用者の声を聴いて出来る限り改善をしていく予定ですが、かなり良い具合に仕上がりました。

 

やっぱりコンテンツを売るなら「自分でも長く使いたいと思えるもの」を売らないと駄目だと思うんですよ。

仮に自分が最高と思っても人って価値観が異なるので、一概に言えない部分もありますが やっぱり「これは本当に便利だ!」と言って貰えると嬉しいものです。

そういうわけで アドセンス教材に引き続き、結構面白いと思うので興味ある方は、また見て下さい。

 

それでは、小西でした。