YouTubeでアンチコメント、嫌がらせのコメントの対処方法

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

小西です。

いつもお世話になります。

アクセスして下さってありがとうございます。

 

今日は、YouTubeでのアンチコメントに対する記事を書いてみたいと思います。

 

アンチの対策方法について

アンチユーザーは、どこの業界にも存在します。典型的なパターンは”自分ができない事”に対する 単なるひがみです。
自分より優れていたり目立っている人を見ると 面白くないので他人を批判して目立とうとする小心者です。YouTubeのコメントにもいますし、私達の活動するネットビジネス市場にも存在しますが 相手にする価値は全くありません。

 

なぜ気にしなくて良いのかというと、相手にするだけ時間の無駄ですし そもそもそういう人達は、自分より低いステージの人達です。

まともに相手すると自分のステージも下がりますので 相手にしない事が一番です。

また アンチは相手にされると喜ぶ修正がありますので、喜ばす必要がありません!

 

これが 私の考え方です。

以下の記事でも関連する内容を書いているので読んでおいてください。

 

100人が100人満足するものは作れない

まず、どんなコンテンツでも100人が100人満足するものを作る事はできません。

これは絶対法則です。

ただ、少し頑張って作ったものが けなされると自信消失になる人も多いと思うのです。

しかし、そういったアンチコメントは、一切無視してください。

逆にアンチが来たら、少し目立ってきたと考えても良いぐらいです。

 

ただ完全に無視なのか あるいは自分の感情を押し殺して、

あなたの意見を取り入れて今後改善していきます。

というような 前向きな姿勢を見せる事で 手なづいてくれるアンチも居ます。

ただ、通じない人も居るので 総合的に考えると 何もしない事が理想かもしれません。

むしろブロックしてしまうぐらいでも良いのですが アンチに対してもうまく手なずける事ができれば それはそれでプラスです。

また YouTubeにはコメントを非表示にする事も可能ですが 弊害もあると言われています。

 

コメントを非公開にすると 動画そのものの評価が低下する?

 

コメントを非公開にすると、動画そのものの評価が低下するということです。

しかしこれは、あくまでもYouTubeが発表しているものでは、ありません。

閉じたらマイナスかどうかは、断定できませんが、

ただコメントは多ければ多いほどアンチ混じりでもプラスですので 私は書かせておけば良いと思います。

 

ただ 動画を投稿する人の価値観や気持ちと 動画を見る人の価値観や気持ちとは違うので、公開した動画に気分悪い動画が投稿される事は、ごくごく普通だと考えてください。

 

まあ、動画を公開している以上、言いたい放題なわけです。

むしろ公開して再生回数が伸びると 多くの人が視聴するので 当たり前のように 「腹の立つコメント」が入るものです。

これは ネット上だからこそで リアルの世界では、絶対にない事がネットだと怒るのです。

顔も知らない奴に 発達障害とか言ってみたり 普通に信じられない光景がネットでは、普通です。

 

 

こんな事 普通の人って書き込みます?

冷静に考えると書けないですよね?

 

私達の業界でも良く居るのですけど 買いもしないのに人のノウハウにケチつけたりする人も多いのと同じですけど、あーいう人達って本当に可哀想だなと思います。

自分の存在を少しでも見てもらいたいし 相手してほしいんでしょうね…。

YouTubeでも 色々と人の動画を見て 色々言う人いますけど 例外なくそういう人って自分で動画も作れないし作らない。

典型的に「何もできずに現実世界では、何も言えないような人」がネットで強くなっているのです。

これは 本当の事なので ついついコメントとか書き込みを見ると、「イラッ」としますが このような事実を知れば、分かると思います。

 

まともに相手をすると 自分も同じ低いランクに落ちますので 常に冷静に感情的にならない事がポイントです。

 

もちろんアンチが一定数居ても、その代わりにちゃんと支持してくれる人も 一定割合いますのでアンチに使う時間よりも、そういった自分を支持してくれている人の為に時間を費やす事を考えると、どんどんプラスになっていきます。

 

それでは、小西でした。