YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

小西です。

いつもお世話になります。

 

本日は少し再生回数を伸ばせる手軽な動画について解説をしていきます。

 

YouTube動画でも 本日は、折り紙というジャンルについて解説をしていきます。

 

 

折り紙を折るという動画です。

この動画は非常に簡単で昔から”作り易いYouTube動画”として有名なジャンルです。

ご存知のように声をほぼ出さない動画ばかりですが 一応、技術やスキルのノウハウ系の動画に該当しますので 収益化も可能です。

多少のカットは必要ですが それほど動画編集も拘り不要で 殆どテロップも必要ないのが特徴です。

 

YouTubeでは再生回数が多いので 「再生回数が伸びる動画」と思われがちですが 実は思いの他伸びにくいジャンルでもあるんです。

普通に検索すると伸びそうな動画に思う人も多いのですが このようにフィルタを変更してみると 厳しさも分かる筈です。

 

もちろん拘りが何かあったり それなりのネタがあれば別ですが 普通にみんなと同じようなものを折るだけで簡単に再生回数が伸びると思ったら大間違いなので気を付けましょう。

あるいみ先行して構築していた人が有利な動画ですし 何よりも 「本気で誰でも作れてしまう動画ジャンル過ぎる」という点もあります。

あとは対抗するなら 声出しなどをして 何か惹きつける要素があれば、尚良いと言えるでしょう。

 

再生回数が多い動画は既に登録者がすごい数存在していて

ただ数をこなしていくことで再生回数を伸ばす事は不可能では、ありません。

 

では、簡単に その手順を紹介していきます。

 

折り紙なんて作れない!?でも動画作りは可能です。

 

まず殆どの人が 折り紙なんてやらない人が多いと思うのですが まず折り紙ネタの多くは、このような書籍から探す事が可能です。

 

あとは書籍の折り方を何度かリハーサルをして 実演では、カメラで手元と折り紙全体が映るようにセットします。

普通のビデオカメラに三脚を取り付けてセットすれば簡単に行えます。

最初から最後までそのカメラの位置で完結させるように折るだけです。

 

何度かリハーサルをしながら できる限りスムーズに折れるようになれば OKです。

とくに裏技というのは無いですけど やっぱり完成して 見栄え良いものが再生回数を稼げますし折り方を見る人は、自分が折り紙で作る事前提の人が非常に多いわけなので 分かり易く折る事がポイントです。

すなわち手ばかりで 折り紙の折り方が分かり難いと登録者は増えません。

あとは、どれだけ興味深い折り紙を折っていくかがポイントですが この辺は書籍などでネタをいくらでも仕入れられますので問題ないでしょう。

 

動画の撮影を一通り終えてから行う流れ

 

折り紙を終えれば動画は終わりですので その動画を次は動画編集ソフトに落とし込んでいきます。

主には、

不要な部分のカット

音楽を入れる

必要に応じて文字を加える

程度なので編集も余裕です。

 

最後はオープニング動画など どの動画でも行うようなプラス@を施せば完成です。

一定の数の動画をアップロードしたら後は、広告などを使って再生回数の伸び具合を見て登録者の動向を見守りながら 動画を足していくというのが一般的な方法で、最後にサムネイルは いかに完成を魅力的に見せるかがポイントです。

 

これは とくに折り紙の場合、サムネイル画像で全て決まると言っても良いほどなんですね。

とくに創作系というのは、「これが作りたい」という理由があるから視聴するという動きにでるので このサムネイルで読み取れないものであれば視聴に進まないという事になります。

 

とても分かり易い動画ジャンルです。

 

折り紙動画に必要な道具

 

ビデオカメラ 及び スマホでも可能

三脚など 手元を 固定して撮影する為にカメラやスマホを支えるもの。

動画編集ソフト

 

最低限、これだけあれば作れる動画です。

またVIPROOMでも MMPの特典投稿ページにて詳細を記事にしますので 参考にして下さい。

⇒ 最新のYouTube動画戦略 顔出し不要

 

まあ、先日紹介したような 大谷拓弥のTRUST[  みたいなものに可能性を抱くよりは、折り紙でも折って動画を作る方がまだ確実に稼げます。

 

それでは、小西でした。