特化コンテンツ 生き物ジャンルのサイトが稼げる理由

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

小西です。

 

いつも購読有り難うございます。

 

実は、先日の記事の後、質問で、

「自動車以外のコンテンツで作り易いものは、何ですか?」という

質問を幾つか頂きました。

そこで幾つか紹介したいと思います。

 

生き物やペットの特化サイトが需要がある。

 

最近私が興味を抱いているものは、生き物系のサイトです。

単純に生き物の種類などですが こちらも画像素材は、困りません。

 

いくらぐらいの価格?
飼いやすさは?
気を付ける事は?
価格は幾らぐらい?
どこで買える?

このような内容を生き物で作るコンテンツで、
もちろん動画としても使えます。

 

しかし大事な事は、画像の扱い方が 他のジャンルより
気を配る必要が出てくるかもしれません。

 

引用のルールだけ注意しなければいけない。

しかし 車よりも面倒なのは、画像です。

引用は法的に認められているので、生き物の紹介や特徴を書く時に
WEB上の画像を幾つか引用する事は、有りですが
ちゃんと引用のルールを守り引用元、画像の感想などを書くという事を
すれば 使えます。

動物の場合は、有名な写真家が撮影したものもありますので、
引用が転載になると 普通にトラブルに発展する事がありますから
扱い方だけ気を付ければ良いでしょう。

 

また自分で画像コンテンツを用意し易いジャンルです。

 

例えば動物園や水族館など 夏の盆休みなどに出掛ける事があれば
写真や画像をしっかり撮影して コンテンツ作りをするという事も1つの方法です。

そうすればオリジナルの画像や動画になりますので堂々と使う事が可能です。

自分からすれば「大した事でもない画像や動画」でも
第三者から見ると 素晴らしいものに写る事は 普通にある話です。

 

もちろんYouTubeでも生き物系のものは有効で、
動物の紹介や解説は、需要のあるジャンルです。

 

ただ前回の自動車と同じくキャッシュポイントは少なく
クリック課金やYouTubeアドセンス、 Amazonや楽天などが多くなると思います。

自動車よりも画像の扱いさえ気を付ければ自動車同様に やり易いと思います。

記事も作り易く、生き物の情報ですから調べれば 書く材料もしっかりあります。

是非 一度検討してみてください。

 

それでは、小西でした。