小西です。

いつも購読ありがとうございます。

本題の前に一点連絡事項があります。

 

実は先日も少し触れた、Facebookで稼ぐ方法

こちらについて特典請求を頂いた方はメールで全て配信済みですが
届いてない方は迷惑メールを確認してください。

「届いてません」というメールに返信したところ、
こちらのメールも届かないという事例もありましたのでお手数ですが
返信して受け取れるメールアドレスで連絡してください。

 

さて、本日は、YouTubeで再生回数が伸び悩んでいるとか
なかなか伸びないと言う人の為に少し記事を書いてみたいと思います。

 

YouTubeの再生回数とチャンネル登録

 

 

「再生回数が伸びない」と言われる問題の多くは
チャンネル登録者の数にも左右されます。

 

厳密にYouTubeが何をどのように判別して評価できるか
公開はされていませんが、結論から言うと
ほぼGoogleの検索エンジンがWEBサイトを評価する方式と酷似している事は
間違いありません。

 

文字、キーワード、タグ、説明 など色々と
やっておいて損のない方法は、ありますが常に検索結果に
表示される数も、関連表示される数も限られているのです。

YouTube

 

 

そしてこの順序というのも やはり色々な要素が交わり
上位から並んでいるというところは、間違いありません。

 

そして関連表示でも言える事です。

 

常に並ぶ件数は限られていて、
同様のものがあればその中から評価の高いものが
上位に表示される。

 

そしてその要素は、再生率、チャンネル登録者数などが
大きな要素に繋がってくるという事です。

 

登録者数と再生率が全てなのか

 

では、ここでチャンネル登録者数と再生率が無い場合は
どうなるかと言うと、例えば検索キーワードに対して
同じキーワードが無ければ表示され易くなるとか
あとは、関連動画に表示された時の再生率とか
そういった部分も精密な計算によって総合的な数値が
だされて、どんどん点数が上がっていくというイメージなのです。

 

これはGoogleで言えば検索結果からユーザーがクリックしたときの
滞在時間やPVを見ているのと、ほぼ同じ仕組みです。

 

少なくとも、再生率が高まる工夫も含めてチャンネル登録者を
増やす工夫は必ずしておくべきです。

チャンネル登録者を増やすと
登録した人の動画のトップページに表示され易くなるし
動画をアップロードすれば、チャンネル登録者にも
通知が表示されたりするので、「動画をあげれば再生回数が伸びる」
という事に繋がるのです。

 

ここでもサムネイル効果が高まり、登録者のページに表示される場合でも
魅力的なサムネイルの方がクリック率は、高まります。

 

 

動画をアップした時に再生回数が高まり見られる事で
どんどん動画の評価が瞬発的に高まり関連表示なども
され易くなり再生回数の増加の引き金になり、相乗効果で
露出増加に伴い登録者が増えていけばどんどん動画、そして
チャンネルの評価も高くなってくるのです。

 

ちょうど先日もFacebookの教材とツールを紹介しましたが
ここでも共通点があり、Facebookで、いいね(ファン)になった人の
タイムラインに自分の投稿が表示されたりするのですが
ここにも色々な要素があります。

 

谷口さんによると

1.コミュニケーションの頻度
記事に対するいいね、あるいはコメントなどで判断されるようです。

 

2.Facebookにおける投稿内容の重み

投稿に対して多くの人が、いいねを押したり、コメントしてくれたりというアクション

 

3.Facebook投稿の時間経過

いいねを押してくれている人のタイムラインから
あなたのFacebookページに飛んできた場合の滞在時間

 

このように、拡散する割合についても、似たような要素があって
条件を満たしているポイントが高ければ高いほど、
有利になるというのが検索エンジン、そしてSNS、YouTubeも
ほぼ、同様だという事です。

 

全てにおいてユーザービリティを重視しているという事です。

 

だからこそ、狙うべき事は、もちろんキーワードや
タグ、動画の質も大事ですが、このユーザービリティが
高いと認識する部分を 意図的に行う事を考えると良いというわけです。

 

過去にもこの辺については触れましたが

http://yutubecom.org/?p=520

http://yutubecom.org/?p=676

 

何を意識して取り組むかです。

 

その一つ目としてはチャンネル登録者を増やす方法の一つは、
「相互登録」

 

実は、これも、YouTubeでは削除されるという声も上がってますが
「過剰な行為」さえしなければ問題ありません。

 

一人が登録してその登録者のチャンネルに登録された人が移動して
共感し、チャンネル登録する行為は、一般的です。

 

結局、過度なアクションを起こさない限りはボチボチと増やせますし
ツイッターなどとは異なりYouTubeの場合は、主に時間消費の強いサイトなので、「たまたま開いて興味がありそうな動画なら無意識に再生する」
という行為に繋がり易いので、実質、やり方次第では、相互登録でも
高い効果を活かす事ができるのです。

 

YouTubeの場合で相互登録などで再生回数を伸ばしたいと
願望のある人は、YouTubeに動画をアップロードしたりしますから
常にYouTubeにアクセスしてログインしているので目に入るという事です。

 

 

実は、ここ最近、ある研究にハマっていて
チャンネル登録者をYouTubeの外から増やす仕組み作りを
考えてやっています。

 

まだ途中段階で、あんまり綺麗な方法とは言えないのですが
これで他の要素をバランスよくしていく事ができれば、
ブログやサイトのような強力なSEO効果に繋がると思います。

 

タグやキーワードよりもっと強力なもので現在検証の段階ですが
またボチボチと記事にしたいと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で。

小西でした。

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。