小西です。

 

いつも購読ありがとうございます。

本日は第三者コンテンツ一致を排除する方法について
少し解説します。

 

YouTube第三者一致の動画の解決方法

image4

 

 

基本的に完全オリジナル動画なら、ともかくですが
中には、少し引用めいたもの、あるいは転載レベルのものまで
幅広く、YouTubeには、存在し、本当にお金を稼ぎたい人程、
2つの道を追及するものです。

 

1つ目は、独自コンテンツを意識してユーザービリティを高める事を意識する。

もう一つは、とことんグレーな方法を追及し、システムが厳しくなれば、
それを乗り越える方法を考える人。

主に2通りなんですね。

 

恐らくYouTubeで稼いでいる人の多くは、まさにこれです。

 

そこで今回は、「第三者のコンテンツ一致」を逃れる為の一つの方法を
少し紹介します。

 

第三者コンテンツの一致で引っ掛かる要素とは

 

前回にも少し触れましたが、基本的には、システムが判断するのは、映像と音です。

 

尚、商用利用可能の音楽などを使おうとも、YouTube側は
そんな事は知った話でもないし、システム検知ですから
警告が出るケースは多いです。

 

よく「フリー素材なのに」と愚痴をこぼす人が居るのですが
それは、配布サイトと、動画を作る人とのやり取りであり、
YouTubeのサイト内では、関係のないし、知らない事なのです。

 

同様の音楽があれば、警告を促すという仕様であればこそ
これは、関係なく表示されると言う事なのです。

 

これは、悪質な場合でも、悪質でない場合でも、関係ありません。

 

今回の事例は、著作権違反動画をアップロードしようぜ・・・というものでなく
システム検知に役立つ方法を紹介します。

 

この画像分かりますか?

これはYouTubeの画面です。

画像の背景の中に小さ目で動画が再生されているのですね。

 

image4

 

このようなイメージです。

 

参考動画

 

このように作成すれば、システムに掛かり難くなるとう事です。

 

もちろん背景画像が動画でも構いませんが
YouTubeでDLした動画を メディアプレイヤーなどで動画を再生して
背景が入るようにした上で、デスクトップ録画ソフトで録画して
動画にすれば完成します。

※黄色い枠が動画スペース

サンプル

 

 

簡単に作成方法を申し上げますと、動画の大きさを小さくして
背景に重ねて再生して上から録画するという方法です。

 

これはネットで「壁紙」を画像検索してその上にメディアプレイヤーの
ウィンドウを小さくして、重ねただけです。尚、有料ツールで言えば
http://www.nchsoftware.com/videopad/jp/kb/1636.html

こういうものでも可能だし、iMovieピクチャー・イン・ピクチャーを使用すれば
これも可能です。

 

ウィンドウズの場合はムービーメーカーではできないので
パワーポインターを使えば、バーは出てしまいますが
保存しておいてビデオファイルを挿入すればこのように
比較的綺麗に作る事が可能です。

ビデオ

 

 

確実かと言うと、ケースバイケースで、もちろん、音声は
別問題という事になりますが映像面では、元となる動画を縮小させる、そして
完全に外部の背景を囲い込んでいるので、回避率が高まるという事です。

 

参考にして頂ければと思います。

 

小西でした。

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。