小西です。

 

YouTubeでのアカウントの削除や凍結について今回は触れてみたいと思います。

まず一つ目。

実は以前にも少し紹介したのですが、削除要因というのは、色々とありまして
法律とは関係なくYouTubeには、YouTubeのルールがあるという事です。

YouTube動画 著作権の申し立ての裏側

 

そこで一つよく耳にする著作権侵害による削除で
耳にする団体があります。

 

その名は、「fujitv_official」

YouTube動画による、著作権侵害 fujitv_officialから

YouTube削除著作権

 

この他にも、著作権侵害と訴えてくるものの
実際の動画には、関連性が無いような聞いた事もないような
名前での著作権侵害により動画が停止されるケースが増えています。

 

他にも……

The Orchard Music

fujitv_official

music publishing rights collecting society

godigital mg for a third party

UMPG Publishing

Sony ATV Publishing

EMI Music Publishin

GoDigital MG For a Third Party

THE ORCHARD ENTERPRISES, INC.

 

これらが混ざっていると、「何かおかしいかも」と考えても良いと思います。

 

「著作権を侵害された」と申し出てくるものの関連性も分からず
あまり気にしない人は、「あーあ削除された、くそっ」程度だと思いますが
実は、何の関係もないようなところから著作権侵害を申し立てて、それが原因で動画の削除やアカウント停止を受けているケースが
以上に増えているのです。

 

YouTubeの著作権侵害申し立てで、見た目が分からなくても正当なアカウントによる著作権侵害通知

 

ちなみに「sme」というもの。

こちらは ソニーの著作権管理会社

そして「warner chappell」こちらは、ワーナーの著作権管理会社のようです。

「umpg publishing」これはユニバーサルの著作権会社。

 

これらからの侵害通知は正当です。

 

完全オリジナル動画でさえも著作権侵害をしてくるケース

 

驚くべき事に 作詞・作曲・編曲・演奏した楽曲に対して申し立てを
してくるケースもあるのです。

 

こういった場合は、著作権侵害に対して、異議申し立てが可能です。

 

しかしながら、実際に、怪しい所からの著作権侵害であろうと
YouTubeの仕組み上、仮に著作権を所有していなくても、
やろうと思えばいくらでも、他人の動画に著作権侵害通知を出す事が
可能なだけに、こういった嫌がらせも出てくるわけです。

 

ただ、そこで反論するにも中には、「ほじくり返されたくない」というような
動画もあるケースが多いと思うのです。

 

私が調べたところ、その削除要因の多くは、こういった「意味不明な親告」により
削除されている率が、異常なまでに増えているのです。

どうしても、再生回数が増えたりした場合には、されればされるがままですので、
少なくとも、偽りと思われる著作権侵害通報で動画が削除された場合は、
異議申し立てを行うようにしましょう。

 

尚、異議申し立ての際には、必ず、「異議申し立てのメールアドレス」ですが
必ず異議申し立てを受けたアカウントのメールアドレスを使いましょう。

それともう一つ、通報で削除されると、「削除されました」という表示になります。

削除著作権

 

ここで動画を削除するとYouTube側は、異議申し立てに対応してくれませんので
気をつけて下さい。

 

【異議申し立ての手順とまとめ】

ただ、権利主張をしている相手が関係ないにしろ、自分の動画が
著作権侵害をしている可能性があると思える場合には、
判断に迷うと思いますが、このように1番であれば
権利者に対して   「少なくとも、あなた(通報ユーザー)の著作権侵害している要素は無い。」というイメージです。

著作権侵害

 

ケースバイケースですが、これで復活するケースもあります。
(多少怪しい場合でもYouTubeは、そこまで余計な事に干渉しないようです)

 

ここまでの流れで、削除された場合でも「誰による申告なのか」は、把握しておくべきです。

 

それでは、小西でした。

 

そうそう、前日も紹介したこちらのゲーム系ですが
私の特典との相性は、かなり良いみたいです。

まだの人は、是非挑戦してみてください⇒GTA ゲームでお金を増やせるアフィリエイトノウハウとは?

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。