小西です。

いつも購読ありがとうございます。

 

本日のテーマは「再生回数の割合に報酬が少ない」と言う問題についてです。

 

 

動画の再生回数が多いのにYouTubeで稼げない理由とは

YouTubeで稼げない再生回数があるのに…

 

稀に問い合わせがあるのですが、
「圧倒的に多い再生回数に対して報酬が少ない事例」というものが
存在します。

 

まず、これについての要因や対策についてですが、
まず、この現象が起きるのは幾つかのパターンがあります。

 

※強引な外部からの誘導。

これは、広告屋などの場合です。再生回数を伸ばすサービスなどの場合は
もちろん再生回数に対して報酬は発生しないというか、
アクセスから再生されても、視聴されなければ意味がありません。

 

後ほど紹介しますが、全てのデーターを
ひっくるめてアドセンスの報酬画面で表示されますが
自分のチャンネルの評価で変わるというわけです。

 

もちろん報酬単価の低さは、

こういう要因もありますが・・・

YouTubeのレートの落ち込み具合

YouTubeアドセンスの報酬が減ったのは本当なのか

 

これだけでは、御座いません。

 

まず、基本的にYouTubeは、再生回数に応じての報酬とクリックによる
報酬になるのですが、時と場合によってクリックのみ・・・の報酬になるのです。

 

 

例えば、再生回数に応じては、インストリーム広告などです。

動画の初めとかに流れる広告などです。

 

アドセンスの画面では、トータル的に表示されますが
その単価というのは、内訳は細かくないものの、
これらを見越して総合的についています。

 

つまり単価の高いアカウントと、単価の低いアカウントというのも
成りうるわけです。

 

同じ再生回数だから同じ報酬になるという事は、ありません。

 

 

イメージとしては、動画の再生時間や、
登録者数などの複数の要素で
チャンネル毎に評価が付けられていると判断してください。

 

YouTubeで稼ぐ為の知識・・・報酬にならない要因について

 

まず、一つ目は動画の質、チャンネルの質。

まずこれは、公開されていませんが私の経験上では、
YouTubeは、色々な部分を総合して私達のアカウントを
評価しています。

 

幾つか並べると、

  1. 動画の再生率 再生されている時間 最後まで見られているか。(動画にアクセスされて即閉じられるのは、マイナス)
  2. YouTubeの自分の動画への外部からの誘導。派手な誘導をしても再生されず閉じられれば逆効果
  3. チャンネル登録者 
  4. 動画の評価
  5. ペナルティ

 

簡単に思い浮かぶモノを言うと、このような感じですが
これらを総合して評価しているといったイメージです。

 

そしてその評価で実際の収益化に結び付く、結びつかないという部分に
繋がるという事です。

 

少なくとも、「キーワードだけを意識したような引っかけ動画」になると
全く意味がないという点です。

 

もちろん動画をアップロードする本人が「本気で頑張っていた」としても
結果的には、視聴者の動きが最悪であれば、意味がないという事です。

 

 

私のノウハウでは色々な手法をお伝えしておりますが

YouTubeで稼ぐ方法

 

例え様々なノウハウを学んでも、
どうしても「目先の利益」だけに拘ると、無意識のうちに
「価値を伝えられない動画」になってしまうのです。

 

同じノウハウを取組んでも 作る意思で大幅にその結果が変化してくるというわけです。

 

「なぜ再生回数が伸びても報酬が上がらないのか」は
大きく視聴者の動きにも関連してくるという事です。

 

そういった意味では、ここ最近、私のコンテンツとして
打ち出している ハイブリッドメディアアフィリエイト

 

このコンテンツでも この教材内容に特化した動画の作り方を
紹介しているのですが、既に、こちらを取組んで収益化をしていると
動画アドセンスの報酬も積み上がった・・・という声も頂いてます。

 

もちろんその作成方法は、「静止画像」をメインとした動画の作り方であり
あくまでも視聴者に、「どういう情報を伝えるか」がポイントとなっているのですが
この点は強いのかな・・・思っています。

 

確かに、削除ギリギリの動的な動画も再生回数を伸ばせますが
静止画像でも動画でも大事なポイントは、「どういう情報を伝えるか」です。

 

こう考えれば、Google(YouTube)の捉え方も明らかに
検索エンジンのブログやサイトを判断する基準と酷似しているなというのは
強く感じる部分です。

 

もちろん、そういった部分は、技術や作業で時間が
掛かるものでもなく、短時間でも作る事が可能ですが
問題は、動画を作る側が、「どういう意識の元で作るのか」です。

 

ほんの少しの気持ちの考え方で180度変わるという事です。

 

「ただ稼ぎたいからキーワードを選んで動画の量産」なのか
「視聴者に見て貰える動画を作る為の量産」なのか。

 

YouTubeは、まだまだ稼げますが、動画作りの姿勢一つで
報酬が変わるという事も、頭に入れておいて頂ければと思うところです。

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法 小西和夫のコンテンツ一覧

言わずとしれたYouTube系のノウハウ

YouTubeで稼ぐ方法

キュレ―ションサイト×動画 のアフィリエイト戦略

ハイブリッドメディアアフィリエイト

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。