小西です。

確か以前にも少し触れたのですが
改めて再度、対策やポイントを再度書いてみたいと思います。

 

一応前回の記事はこちら。

YouTubeで収益化拒否される2つの原因と対策とは?

 

実はこの問題が凄く多いです。

 

第三者のコンテンツ一致と商用利用の許可の警告

 

コンテンツ一致

 

実は、何かグレーな事をやっていなくても
第三者のコンテンツ一致とか、あるいは、収益化の際に
商用利用による許可とかも出てくる事があり、
この対処方法などに関する質問は、私の教材の購入者さんからは
幾つか届く事があります。

 

正直に言うと、気持ちよく作業していると、この警告にせいで
悩んだり考えたり、焦ったりして無駄な神経を使うだけでなく
時間も費やしてしまうんですね。

 

基本的には、システムで音や映像を読み込んだ場合に
引っ掛かるもので、これについては、
第三者コンテンツの一致と商用利用許可…の警告に関しては
ほぼ一緒と考えれば、その対策も同じだという事になります。

 

これを回避する為のポイントを幾つか紹介していきます。

 

コンテンツ一致と商用利用の許可の突破方法

 

まず、映像について。

 

映像に関しては例えば、東京タワーが動画にあるからと言って
「同じ映像」と判断するわけではありません。

どこまでの精度なのか分かりませんが、技術的に
可能なのは、同じ時間同じタイミングで全く同じ映像が映し出させるという
場合くらいがせいぜい良いところだと思います。

つまり、私達ができる事は、同じ時間同じ映像で映し出されない事だけを
考慮すれば何も問題が無いと言う事。

 

事実上、このような形で、
一枚の画像を挟む事で、これを回避できます。

 

あくまでも「人と同じ動画」を使うと仮定した場合の話ですが
同じ動画であれ最初のオープニングでこのように数秒の画像でも
表示させるなどしておけば回避できたりするわけです。

動画のずらし

これでダメなら中盤、あるいは、最後の方などで画像を入れるというのも
1つの方法だったりするわけです。

 

「音声による一致」

 

実は、これらの警告の多くは音声による一致が多いのが現状です。

「画像を挿入してもNGになる」という場合においては、
ほぼ「音」が原因。

 

しかし、悲しい事にYouTubeの読み取るシステムは、
それほど今現在、精度は低いです。

 

警告が来て、反論をしても、返信すら来ない事が多いのが
YouTube。

 

流石にこれだけの規模になり、システム自動判別を入れているので
このシステムが全て正しいと言えないからこそ、この反論に対して
全て回答、そして処理するのは至難の業の筈です。

 

つまりYouTubeの警告は、「反論するだけ時間の無駄」つまり
ムキになるだけ損だと考えるくらいがちょうど良いと私は考えています。

 

システムが悪い事、そして反論は無駄。

 

だとすれば何度か同じ動画をアップロードし直して、
そして様子を見ると収益化しても警告表示が表示されずに
そのまま通過する事も、かなり数多くあったりします。

 

ただ音については、厳しい兆候があるのですが、
音のみの編集、ピッチを上げるという方法があります。

 

「音の編集」は手間と言えば手間ですが、
特殊な方法ではなく簡単にやるとするなら、

聞々ハヤえもん公式サイト
http://soft.edolfzoku.com/hayaemon2/

 

これで音のピッチを上げる事ができます。

例えば、真似ている動画がYouTubeの場合には、
ピッチを上げるだけでも十分に通過する事が可能です。

では手順。

 

 YouTubeの音声のみをダウンロード

http://www.freemake.com/jp/how_to/how_to_download_audio_from_youtube

 

例えばYouTubeから音声のみを抜き出して保存。

YouTubeから動画全体をダウンロード

 

offliberty.com

http://offliberty.com/

こちらのサイトで動画全体をダウンロードすれば
それをそのままムービーメーカーに挿入して

編集⇒ビデオボリュームで音を消してファイルを保存。

これでYouTubeの映像だけのファイルが完成します。

あとは、この音無し動画をムービーメーカーで開いて、先程の
音声を音声編集ソフトでもある、ハヤエモンなどで編集して
音無しの動画にムービーメーカーで”音の追加”をクリックして
挿入すれば、音声のみが早い動画が完成します。

 

ただピッチを上げる事で動画よりも音声が先に終わる事に
なりますので、その辺は、「編集」⇒速度 で調整するのが
一番良いと思います。

実は難しいようで凄く簡単です。

多少手間は、掛かりますが一度これらの手法で是非試して頂ければと思います。

 

まとめると

1.警告が出れば再アップロードを繰り返して見る。
2.画像を加えて時間をずらす。
3.音の編集を考える

4.いちいちYouTuberに反論しない。

 

よっぽど収益が積み上がり、人の目が入らない限りは、
相手は全てロボットです。

また、YouTubeも、厳しくし過ぎて、余計な反論が増えれば、
その処理に時間と労力が増えるので、YouTubeの審査システムが
ゆるゆるなのは、あえて緩い設定にしているのかもしれません。

 

仮に厳しい設定にして、1日に何千、何万も引っ掛かり、その度に、
申し立てで反論件数が増えれば、とてもとても、1件1件処理する事は、
恐らく難しいということですね。

 

それでは、小西でした。

 

※重要記事

【回避率向上?】YouTube動画第三者コンテンツの一致の動画の解決方法

 

PS

実は以前に紹介した こちらのHMAと言う教材。

あれから時間も経過しましたが、数多くの収益報告も
頂いております。

HMAと今後のYouTube戦略について

こちらでも書きましたが、今日まで数多くの問合せを
頂きました。

 

メール見てなかった、
どうしても欲しい。
いつ再販するのか?

などなど。

あんまり自己利益を考えてなく
別にこの手法だけでも数字が伸ばせる事を
既に確認済みで販売しているので、売って稼いでも
ノウハウを実践していても私としては、どーでも良いので
あえて今回は、のんびりとレターを作成していて、
予定では、今月末とかその辺には一部、以前に

 

HMAの詳細はこちらです。

 

ここに登録された方限定で、短い期間となりますが
本当に必要な人だけに配布する予定です。

※登録順に配信されると思いますが
別に登録していても案内が届くだけで買う買わないは自由です。

 

個人的には、かなり手厚いと思うし、期待して頂いて本当に
良いと思います。

また近日中には、公開しますので是非楽しみにお待ちください。

それでは小西でした。

 

HMAの詳細はこちらです。

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。