小西です。

いつも購読ありがとうございます。

 

本日は少し、「YouTube動画の再生回数に対して報酬が安い」

実はこのような問題いついて書いてみます。

 

YouTube動画の再生回数に対して報酬が安い理由

YouTubeの報酬が安い理由

では進んでいきましょう。

まずよくあるのは実際の再生回数と報酬を考えると
あまりにも低いというもの。

 

実際に100万再生回数で7万円前後をキープしてる人も居れば
それよりも少ない人が居ます。

 

これはYouTube上では、分からない事ですが
私のように自分でYouTube教材を売り、そしてサポートを
対応していると、購入者さんからの情報で、色々と
再生回数に対する報酬確定額という情報が、色々と
入ってくる訳ですね。

 

そこで明らかに再生回数と報酬の割合に個人差があるのも事実。

 

ただ、この原因の一つは同一ユーザーによる「再生」や「更新」です。

 

まずは、イメージとして把握して欲しいので順番に説明します。

 

自分のYouTube動画を再生してみよう。

 

まず一つ目の要因は、自分の動画を開いたら
何度か更新ボタンを押してみましょう。
WEBの更新ですね。

 

もうこれで明確に分かりますが、同一人物でも更新ボタンを
押せば再生回数が増えていきます。

もちろん途中で上がらなくなる場合もありますが
そうなればしばらく時間を置く事で、また更新すれば
同じように再生回数が増えていくという事です。

 

こういう事もありますが何より多いのは次の項目

 

YouTubeのアドセンス広告をブロックされている

 

クロームWEBストアにある アドブロックプラスというものを
ご存知でしょうか。

https://chrome.google.com/webstore/detail/adblock-plus/cfhdojbkjhnklbpkdaibdccddilifddb?hl=ja

「ウザい広告を消す」というブラウザです。

設定すればYouTubeの広告も見えなくなってしまいます。

 

私達、YouTubeで稼ぐ人間からすると、ウザいツールです。

しかし、これならまだしも、もう一つは、スマホ用のツールです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.notification.blocker&hl=ja

 

YouTubeの再生回数もスマホから、どんどん増えているのですが
アンドロイド、iPhone共に、このようなアプリを使う事で、アドセンス広告を
非表示にできてしまうのです。

 

これは、本当に怖いというか私達としては、邪魔なツールですが
一般ユーザーからは、ウケが良いようです。

 

これは私個人の意見としては、数が増えてくれば
YouTube側で何か対策を講じて欲しいというのが僕の本心ですね。

 

これを全人口が使えば、YouTubeの広告を誰もクリックしなくなり、
広告側もYouTubeに出稿する意味を失います。

 

あくまでも最初のスキップ可能、スキップ不可の広告は別ですが
それでもYouTube動画で稼いでる人からすれば、再生回数に応じて
報酬が落ちていると感じる可能性は極めて高いと言えます。

 

ただ、全ての動画広告が表示されないというものでも、
ありませんので、YouTube市場が成り立たなくなる・・・、
このような事態は、考えられないと思います。

 

何故ならこちらの1章~3章、そして4章の実践者でも
どんどん収入が増えたという声も出ているからです。

こちらが1章~3章ですが・・・・・⇒YouTubeで稼ぐ方法

 

いずれも、前回にも伝えたように、

YouTubeのレートの落ち込み具合 YouTubeアドセンスは、もう稼げなくなるのか?

YouTubeアドセンスの報酬が減ったのは本当なのか?

 

こちらの記事も伴わせて読んで頂ければと思います。

 

いつでも、何かあれば気軽に声をかけてくださいね。

 

 

PS

上田さんのPPCアフィリエイトのノウハウですが
なかなか良い感じで「かなり得しました」という声を
幾つか頂いています。

 

こういう声が届く理由も分かりきった事ですが
私の利益を押し殺して紹介しているからです。
私は報酬よりも、私のブログやサイトを見てる人には
喜んで貰いたいし利益も協力したいと判断の元で
自分の利益が減るけど読者に還元したい・・・と思って
限定期間の特典を用意しました。

だからこそ、あまり目立たない場所で告知しているのですが
そろそろ終わりです。

 

まだの人で、この先は興味を抱くかもしれない、そういう人は
以下の記事をご覧ください。

YouTube動画の再生回数に対して報酬が安い問題の2つの

 

それでは小西でした。

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。