小西です。

今回の記事は、雑談です。

 

実は数日前に、あるマーケティング系のノウハウを買いました。

 

別に商品名を名指しして批判するつもりもないし
良いとも悪いとも言いませんが、「ある、一部分」が気になったので書いてみます。

 

今、私はこうやってYouTubeで稼ぐ為に役立つ情報発信を
このブログでやっています。

 

中には有料教材で書かれているような事をこのブログで
明かしている事もあります。

 

そして私は、YouTubeで稼ぐ方法と称して
今では1章~3章、そして任意で4章の講座を販売しています。

で、今回は自分の行為についてです。

ふと疑問を抱いた事があるので、今回は書いてみました。

 

売り込みが悪い事なのか

 

「人の事を思うなら無料で紹介すれば良いのに」とか
「お金がないから無料で欲しい」などのメールを頂く事があります。

 

私の考えとしては、売り込みにも幾つかあって
嘘をついて売り込む行為、あるいは本当に価値のあるモノを
売り込む行為です。

どちらも売り込みになるのですが私は、少なくとも
自分のコンテンツに自信を持っているし価値も抱いています。

そして自分のコンテンツで稼がせるだけの強い自信を持っています。

 

もちろん私も利益を摂取する事になります。

よくマーケティングのノウハウなどを見ると
「売り込んではいけない」などと書かれているのですが
ここで疑問が生まれたのです。

 

「無理してお金を投資してもプラスになる」
にも関わらず、何故売り込んでは、いけないのか?です。

 

逆に本当に価値のあるものであれば、
毎日でもプッシュし続けて、もしも相手が
お金を出してくれれば、「幸せにできる」

ここまで言えるのであれば、私は超が付く程売り込むべきだと思うのです。

 

既に数えきれない人から多くの成果の声などを
頂く事ができているからこそ、逆に真剣に取り組んで
「稼げない理由は無い」そう強く思っています。

 

また4章を手にした人の中には、さらに再生回数は
吹きあがっているのが現状です。

 

YouTubeで稼げるノウハウの相場とは

YouTubeで稼ぐ方法のセールス

 

常識範囲内でビジネスノウハウの相場は稼げる金額の
1年分が相場です。

 

もちろんこれは、アフィリエイトでもYouTubeでも、せどりでも
どんなものでも言える事です。

 

例えば、年間で100万円稼げるなら100万円という金額。

簡単に言うと月額10万円でも稼げるなら100万円でも安いのです。

 

しかし、情報商材の価格と言えばピンキリですが、明らかに安い。

 

しかし蓋を開けてみると、再現性の欠片もなく、
サポートもいい加減なものばかりで
稼がせるどころか自分で稼ぐ事しか
考えてないものが大半を占めているのが今の情報業界なのです。

 

例え価格が安くても使えなければ意味がありません。

 

 

もちろん私は、そういった情報を売るつもりもありませんが
お金を払った人が、プラスになれるものであったなら、
どんどん強く売り込むべきだと思うのです。

 

DRMなどのノウハウを見れば「売り込むな」
「価値を感じて貰えるように・・・」というような文面を見たのですが
価値のあるものであれば、私は売り込むべきだと思います。

 

例えお金が無いと苦しんでいる人にでも売り込むべきだと私は思います。

 

仮に無理をして数万円のお金を無理して用意して
支払う事で、1か月後、2か月後、3か月後と見た場合、
投資せずに諦めた結果と、無理して投資して行動した結果を見れば明らかにプラスだからです。

 

実はちょうど3か月程前に購入した Uさんという方が居ますが
まさにそれで、安いっ金額であるものの当時のUさんには私のコンテンツは高額だったんですね。

 

でも無理してお金を投資した。その結果彼は
今、1章~4章まで購入し、そして今月(3月)の収入は
30万円近くの伸びています。

 

で、言う事は

「あの時、小西さんに売り込まれて良かった」⇒Uさん

「あの時Uさんに売り込んで良かった」⇒自分

こんな感じです。

 

とは言っても、1万円を超える買い物はなかなか
勇気が必要と思いますが、私はお金を受け取って
稼げるノウハウを提供して、稼いで貰えるように対応する事が
私の使命だと思っています。

 

先日購入したマーケティング系のノウハウですが、
別に、こういう表面上のものに流されず、いつになっても
自分のスタイルを崩さずいこう!というのが、私が今日感じた事です。

 

「自分の商品に自信があるなら売り込むべきだ」です。

 

YouTubeで稼ぐ方法はこちら

 

それでは小西でした。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。