小西です。

 

実は裏YouTubeの4章のバージョンアップに少し
時間が掛かっています。できる限り今月中には既に買われた人の
手元にお届けできればというところです。

 

そして尚且つ、改めて質問の中で4章だけを欲しいという
ユーザーの質問が増加中ですが、4章のバージョンアップ後に
セット販売のみ対応する予定です。

今しばらくお待ちください。

 

そこで本日は数多くの方から問い合わせの多い
「Googleアドセンスは幾つ作る事ができるのか」という問い合わせ。

これに関しては原則は一つのみです。

 

しかし、”ある方法””を使えばGoogleアドセンスのアカウントを2つ所有できます。

 

アドセンスのアカウントを2つ取得する方法

アドセンス2個YouTube

まず一番多いのはYouTubeアドセンスアカウントの削除などで
一度剥奪されたけど、どうしてもGoogleアドセンスのアカウントが欲しいというケース。

この場合は、「他人を装う」という事を考えるべきです。

つまり違反を受けた本人とは違う人としてアドセンスを申請するというのが一般的です。

 

つまりメールアドレス、電話番号、銀行口座、そしてIPアドレス、住所、氏名です。

氏名に関しては口座とイコールでカタカナにして名前が同じなら
漢字を変更するなどの処置を取って頂ければ問題ないですが
以前の登録口座はNGです。

銀行を変えるという事です。

 

携帯電話なども認証に一度使ったならば、他の携帯電話での認証が必要になります。

 

またPINコードなどの書類が届いた住所などは使わない方がベストです。

ただ厳密に言うと、賃貸マンションなどの場合は、「違う人が住む」という
確率もあるので一概に判断材料になっているかは不透明ですが、
いずれも基準がGoogleから公開されませんので住所も変更する方が望ましいです。

 

このように他人を装う事で剥奪後でも取得できるという事です。

 

続いては、今回の肝になるのですが個人では1アカウントとなっていますが
事業者としてアドセンスアカウントを取得する事が可能です。

 

つまり屋号をつけて個人事業主として開業した事にして口座を
事業者名で開設して、その事業者名でアドセンスのアカウントを
取得するという方法です。

 

これを行えば事実上2つ以上のアカウントを取得する事ができます。

 

尚、この場合に関しても 住所は個人のものと変える方が良いという点と
携帯電話も違うものを使う方が良いです。

 

実際は、個人と同じ住所でも取得は可能なようですが、仮に取得できても
アカウントを2個取る…と言う時点で多少なりともリスキーな事を考えてる人も
多いと思います。

万が一の一つのアカウントという名目で取得しようとするわけですから、
そういった考えであれば完全に分類しておくのがベストな対策ではないかと思います。

 

余程のことをしない限り、YouTubeが原因でアドセンスまで止められる事は、
ありませんが、YouTubeと関連付けして取得したアドセンスアカウントで
その同じアカウントでのYouTubeアカウントで悪さをするのは禁物です。

アドセンスを取得したGoogleアカウントと同一のYouTubeアカウントは真面目に
おいておきましょう。

つまり別のGoogleアカウントで活動するというわけです。

この部分は、こちらの記事を読んでみて下さい。

YouTubeアカウントを削除されない為の対策と思考「YouTubeアカウントの量産」

 

 

最後まで購読ありがとうございました。

PS

まだYouTubeは稼げるか?と質問が数多く来ますが
普通に私の収入は上がっています。

 

YouTubeは、アドセンスだけでも無い!

 

尚、YouTubeで稼ぐという事は、

YouTubeアドセンスだけとは違って、私のコンテンツの第三章でも書いてるように
YouTubeを入口としてアフィリなどに活かすという方法もあります。

まさに無限の可能性を秘めていると言っても過言ではありません。

 

勇気を出して一歩前進すれば見える世界が変わってきます。

「できるかな どうかな」ではなくて、「自分を信じる」という事をしてください。

 

「絶対に自分ならできるんだ」と。100%信じる事ができれば
あなたも必ず稼ぐ事ができる筈です。一緒に本気になってYouTubeで稼ぎましょう。

⇒ YouTubeで稼ぐ方法はこちら

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。