小西です。

いつも購読ありがとうございます。

 

YouTubeで稼ごうと取り組んでいる人の中には
このような経験がある人も居るのではないかと思います。

 

著作権侵害の申し立てにより、次の YouTube 動画を収益化できなくなりました。引き続き YouTube で再生できますが、

著作権所有者がこの動画に広告を表示することを選択する可能性があります。

 

実はこの手のものは「音楽系」その中でも
フリーの音楽で、よくある光景だったりします。

 

なぜフリーの音楽で著作権違反の申し立て表示がでるのか

YouTube著作権侵害削除

実は、よくあるフリーの音楽サイト。

つまり動画などにも使っても良いですよと配布してあるサイトですね。

こういうサイトでは、確かに「フリーで使う事」は許可されています。

しかし、その著作権者は「YouTubeで収益化する行為」は
認めていないケースがあるのです。

 

ここで登場するのが「動画で音声をそのまま使っても良いけど
あなたの動画で私の音楽が入っているこの動画の広告収益は
私が頂きますよ」というケースがあるのです。

 

初心者の人からすると、パッと見ても分からないし
「なんだそのままで良いのか」とそのままにしている人も居ると思いますが
一番適切な対応方法を説明していきたいと思います。

 

著作権の申し立てされた場合の対処方法

 

まずこのような申請が届いた場合においては、その動画が
自分の環境に対して、どのような効果のあるものかで変わります。

 

例えば、その動画からの収益よりも誘導や視聴させる事で
自分にメリットのある場合。

 

例えばノウハウの説明や集客目的、つまり誘導する為のものですね。

 

こういった場合のものであれば、「YouTube動画広告」に関しては
そのまんまで著作権者に報酬を渡してでもそのままで良いと思います。

 

その理由としては一旦動画を削除する事で、ブログやサイトなどから
貼り付けしているYouTubeのリンクなども変えなければいけないからです。

 

またこの手の動画で余計な時間のかかる作業もお勧めしません。

 

アドセンス収益がメインではない動画であれば、こういう場合は「ご自由に」という
判断で私は良いと思います。

 

続いてはYouTubeアドセンスで稼ぐ」ことを目的とした動画の場合。

 

この場合は私の見解ですがスパッと削除するという事も視野に入れます。

 

まず削除するかそのまま使うかの判断は、

 

外部からのリンクを貼っている動画かどうかという事。
その動画の存在が他の動画に影響を与えるものか
そして、その動画そのものの収益状況。

 

まず外部リンクが無い場合、そして他の動画に
影響を与える動画でない事、そして動画収益が乏しいもの。

 

こうであるなら、削除は確定です。そのまま削除して、
音楽を消すか、変更した上で登録すれば問題ありません。

 

ただ、その動画がもたらす影響が他の動画の再生回数や
利益に影響を及ぼすなら、削除せずに放置しておくべきです。

 

削除する事での2次リスクよりも削除せずその動画の収益のみを捨てる方が
よりプラスになる可能性があるからです。

 

このように動画を削除する2次リスクと、報酬が奪われるリスクを考えて
判断するのが一番賢いやり方です。

 

よく「著作権侵害で、広告収益が奪われるなら削除したほうが良い」という
声を聴く事があるのですが、自分の状況、その他の影響に合わせて
適切な判断をするべきです。

 

今となると、そういう「音楽の配布サイト」でも

 

それでは是非参考にして頂ければと思います。

 

それでは、小西でした。

 

いつも購読ありがとうございます。

私のYouTubeで稼ぐ方法についても数多く問い合わせを
頂いていますが基本的には「稼げるまでのサポート」を
実施しています。

YouTubeのレートが落ちたなどの情報に惑わされず本気で
YouTubeアドセンスなどだけでなく、他にも数多くの集客やアフィリエイトにも使えるYouTubeノウハウを是非この機会に
手にして貰えればと思います。

 

きっとあなたのプラスになる筈です。

 YouTubeで稼ぐ方法はこちらです。

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。