小西です。

 

本日はYouTubeに動画をやってみたいけど
音声や動画を使うのが苦手…と言う人向けに
ちょっとした方法を紹介します。

 

 

ユーチューブ動画を多くの人がビジネスに取り入れない理由とは?音声を変えて動画を作る。

 

YouTubeを使わない理由

 

 

まずYouTubeと言うと動画を連想すると思います。

そしてその動画では、自分が出演したり声を出したりしないと
面白いものが作れないという概念を持ってる人がやたらと多いです。

 

もちろん出演と言わずとも、例えば動画を作成する為に
音声すら入れなくても作る方法は幾つかありますが出演無しで音声だけでもクオリティの高い動画は作成できます。

 

しかし、自分の音声は使いたくない、そんな場合の一つの
選択肢として、音声を変換するという方法があります。

 

動画にも出演もしないし音声にしても、
自分の声でも変換されて分からなくすれば、
抵抗感も薄れるのではないかと思います。

そこで私もたまに使う方法を一つ紹介します。

 

動画の音声変換をする方法 ボイスチェンジャー

Google検索で

「ボイスチェンジャー」と検索してみると分かりますが
色々と無料~有料のボイスチェンジャーツールがあります。

ボイスチェンジャー

 

主に種類分けすると3つ。

 

1つ目はボイス変換の外付けの機器です。

2つ目はパソコンにインストールして音声を変換するもの。

3つ目は、既に完成した動画や音声ファイルを元に音声を編集するもの。

 

以上の3つです。

まず1つ目に関しては機械を買う事になるので有料です。

 

色々な変換マイクを使ってみましたが個人的には、どれもパッとしませんでした。

 

3つ目に関しては、作成した動画や音声ファイルから編集するのは
ハッキリ申し上げると時間ロスが出てきます。

 

一番最適な音声変換は、2つ目のパソコンにインストールして
音声ファイルや動画を作成する段階でマイク音声を変えてしまうものです。

 

遊びではないので、簡単に、時間をかけずに
満足のいく音声変換を考えるべきです。有料の物の方が精度は高いものが多いですが、無料でも種類はたくさんあって使えるものも多いです。

 

そこで今回は幾つか音声変換ソフトを紹介します。

 

まず一つ目はボイスマジックというツール。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se115405.html?_ga=1.263478796.1670264970.1408152218

 

2つ目は、リアルタイムボイスチェンジャーというもの。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se107077.html?_ga=1.70776464.1670264970.1408152218

 

声を6種類のリアルな男性の声に変えるというツール。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se432906.html?_ga=1.137755312.1670264970.1408152218

 

声を悪役に変える

http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se432901.html?_ga=1.71120400.1670264970.1408152218

 

MorphVOX® Junior

http://www.screamingbee.com/product/MorphVOXJunior.aspx

 

このようなソフトを活用して動画で喋れば
恐らく声を動画に入れる事に抵抗を感じてる人でも
安心して使えるのではないかと私は思います。

 

尚、スカイプなどにも使える筈ですので、一度活用してみましょう。

 

それでは小西でした。

 

もしもYouTubeを使って稼ぎたいけど、
自分が出演したり自分の声、あるいは変換する声すらも
だしたくない場合は私が、作成したコンテンツのノウハウを一度取り組んでみるのも一つの選択肢かもしれません。

 

小西和夫のYouTube動画ノウハウ

 

アドセンス、ブログのアクセスアップやアフィリエイトでの活用などなど
様々な活用方法ができると思います。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。