小西です。

 

いつも購読ありがとうございます。

そして新年あけましておめでとうございます。

 

さて本日はYouTubeビジネスと税金の話題について
少し触れていこうと思います。

 

YouTubeで稼いだ税金

YouTubeで稼いだお金と税金

実は質問の中でYouTubeで稼いだお金は、どの程度の税金が発生するのか?

と言う質問を私の購入者さんの中で30万円の月収を超えた人から、
問い合わせをいただきました。

 

まず利益30万と言う事ですが、色々と経費として落とせるものがある筈です。

 

経費で認められるものは、利益を得る為に必要となるものです。

 

例えば、パソコン、ビデオカメラやその他撮影機器などですね。

 

基本YouTubeで稼ぐには、「動画の作成」が必要となり
その動画を作る為の材料であれば経費として認められるというわけです。

あくまでも常識範囲内となるのは言うまでもありませんが
例えばの一例で紹介してみたいと思います。

 

子供のおもちゃはYouTubeで稼いだ利益から経費で落とす事ができるのか?

 

例えばよくある子供のおもちゃの動画。

 

YouTubeで稼いでる人なら、ご存知だと思いますが、
カンナアキラチャンネルというYouTubeチャンネルです。

https://www.youtube.com/channel/UCNHqosTdwFPSK5OQsjFoS5g

楽しそうに遊ぶ姉妹ですが、これでも凄い再生回数を稼いでいます。

100万再生超えの動画なんて数多くあります。

月間にすれば どの程度の収益なのか分かりませんが
100万、200万とか、そんな少ない収入の次元では、無い筈です。

 

ちなみにアンパンマンのYouTube動画やプリキュアのYouTube動画など
これら動画に使われているのは、全て玩具です。

 

おもちゃで遊んでいる動画ですね。

 

どのような体系で申告しているかは、私の知る良しも無いですが
少なからず、動画撮影のために、「おもちゃ」は必須なんですね。

 

つまり玩具でも必要経費として認められるわけです。

動画撮影のための必要機材であり、この玩具が無ければ、
動画の撮影ができないので、当然です。

 

ただ、じゃあ高級ホテルなどに宿泊して…とか
高級グルメを食べに行ってその飲食代が…とか。

 

もう言いだせばきりがないのですが、それらが全部、経費として
認められるかと言えば、そういう事もなりません。

 

まだまだYouTubeで稼ぐという状況そのものが新しい分野と言えば
新しいジャンルで、他のネットビジネスと比較しても、
少し異例のジャンルなわけで、各管轄の税務署がどう捉えるか?は
不明ですが、論点となるのは、それらの動画で、どの程度の利益がでているのか?がポイントです。

 

明確な指針は難しいジャンルですが、しっかり動画で利益が出ているもので
その動画撮影のために必要不可欠なものであったなら経費で落とせます。

 

動画がきっかけに利益を得ているという証明が出せるのであれば、
経費で落とせる筈です。

 

私も色々と考えてみたのですがYouTubeを使い、動画を作る過程で
必要なものが経費で落とせるならば、今、アフィリエイトをされている人でも
サイト誘導、ブログ誘導などにYouTubeを取り入れる事で、その動画作成に必要なものが経費として計上できると考えれば、参入価値は
より高いものになる筈です。

 

恐らく稼いでる人なら、「色々と使い道があるな」と感じたと思います。

ただ、何度も言うように「なんでもかんでも経費」と言う訳にはいきませんので
その辺は、気をつけるべきですね。

 

それでは小西でした。

 

PS

いよいよ第四章ですが近日中に公開できそうです。

また決まり次第、メルマガなどで配信しようと思います。

 

小西の販売するYouTubeで稼ぐ方法 1章~3章は、こちら

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。