小西です。

 

恐らく本年最後の投稿になると思います。

しばらくの間、こちらは非常に寒いので沖縄で正月を過ごす予定です。

もちろん私のYouTubeで稼ぐ方法のサポートやメール対応は、
とくに休みというものもなく届いたメールをできるだけ早く返信するつもりです。

多少は返信が遅れる時もあるかもしれませんが
基本的には365日対応するつもりです。

 

これは、冬の休みの間にYouTubeに動画をアップロードして
作業を進めたいという方も中には、居るからです。

 

「正月だから」というような理由だけで、返信しないのは、私の中では
間違いであり、販売者である以上、実践する人の立場になり
対応していこうと思います。

 

さて、本日はYouTubeで確実に稼ぐ方法と言うテーマで記事を書いてみたいと思います。

 

YouTubeは確実に稼げるのか?

YouTube稼ぐ

 

「取り組めば確実に稼げますか」

実はこんな質問が届く事があるんですね。

個人的には「もちろん稼げますよ」みたいな事を言いません。

 

確かに実践さえして貰えれば、「誰でも稼げる」という事実がありますが
収益には個人差というものが必ず出てくるんですね。

 

Aさんは30万稼げてもBさんは努力しても10万円しかいかないとか
そういう事です。同じノウハウを見て取り組んでも結果が異なるのが
違う理由について少し触れてみたいと思います。

 

個人差のでるYouTube収入、その要因とは?

 

例えばこれは作業量、作業スピード。

 

たったこれだけの要素でも結果は漠然と異なるのです。

 

この2つを例にすると、動画の数が明らかに差が開きます。

1個100円の動画を月間3000個作れる人と
1個100円の動画を月間300個しかアップロードできない人。

単純にこう考えるだけでも差が開く事は言うまでもありません。

 

またそれと同時に動画の数を作る過程の中で磨かれるものも
大きく違ってくるし、作る動画の質も、作業量や作業スピードが
多い人の方が格段に早い段階で高くなるということです。

 

確かに今、YouTubeは本気でやれば稼げるものの
その収入には、大差が出てくるという事です。

 

また地域などの環境を考えても”撮影型動画”に関しては
行動範囲でも大きく異なってくるのではないか?と言う質問も頂きますが実はこの部分は、それほど大きくないわけです。

 

ちかくにアミューズメントパークがあるとか、何か特殊な環境であれば
もちろん有利になりますが、何もない田舎でも厳密に見ていけば
それぞれ、住まいの地域に特化した動画というものもある筈です。

表面上だけ見れば、羨ましい環境というものありますが
その環境でさえも有利に使える人と使えない人が居ます。

 

だから、環境による大きな個人差は、殆どないと考えても良いと思います。

 

尚、パソコン特化型動画に関しては、地域も関係なく作る事ができますから
結果的にはYouTubeで稼ぐ事は誰でも可能。しかし、本人の、
努力次第でその収入も変わってくるという事です。

 

「誰でも確実に稼げる」という事でも、その収入には、本当に
その本人の取り組む姿勢次第というわけです。

 

ただ、アフィリエイトのように、「スキルや知識の個人差」の関係性が
非常に少ないので、敷居としては、かなり低いと思います。

 

YouTubeで稼ぐ方法第四章の進行状況

 

実は以前より伝えているように
現在、第四章を作成しており、大体、半分くらい完成しています。

個人的な都合で少し遅れていて年内完成が微妙ですが1月中には
確実に公開できると思います。

またその際には値上げなども考えています。

 

4章というものですが今までの1章~3章よりもボリューム的には
一番大きくなっているし、それ相応のコンテンツとなるので既に参加済みの方は今しばらくお待ちください。

 

またこちらは購入者通信で完成次第報告しますね。

 

YouTubeで稼ぐ方法はこちら

 

それでは最後まで購読ありがとうございました。

年中無休で質問の対応などしますので気軽に相談してください。

 

 

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。