どうも小西です。

 

本日は前回の続編として

削除や凍結問題について補足を加えておきます。

 

以前の記事を読むには

こちらです⇒YouTube動画削除の原因 アカウント凍結後回復できるのか

前回の記事がまだの人はそちらも目を通してお読みください。

 

それでは、進めていきましょう

 

YouTube動画チャンネル削除その後の恐怖

チャンネル削除

 

実は今現在、YouTubeにテレビやラジオの
対談音声を挿入するというノウハウが流行っていましたが
ここ最近、削除の頻度が相当高くなっているようです。

 

ザックリ言うとテレビやラジオの
音声を取得して、音声ファイルで保存して
関連した画像をネットで取得して
ムービーメーカーなどで動画にしてYouTubeにアップロードする方法です。

 

画像1枚で音声のみが流れている状態。
以前までは、そこまで目立たなかったものの
ここ最近は削除の問題が多数出てきています。

 

Google(YouTube)の狙い

 

Googleそのものは著作権には触れません。

 

 

あえて権利者からのアクションがあって動くわけです。

 

もちろんGoogleも著作権侵害、違反動画などは、恐らく見ても見ぬふり状態。

 

なぜなら、そういったものほど注目を浴びて再生回数が増すからです。

 

あえてもっと言うと、それらのアカウントは、後々削除して
報酬も没収できる権限も持ってますので、損はないという事。

 

私からすれば本当に著作権に厳しくして健全化を完全に行うなら
もっと厳しい取り締まりができるはずです。

 

でも、やらない。

 

私が思うにはYouTubeは今のテレビなどに
勝るものにYouTubeをしていきたいのだと思います。

 

今後どこまで飛躍するかは分かりませんが狙いは大きい筈です。

 

その目標を達成する為にどういう運営方針をすれば良いか。

これを少し考えれば分かる筈です。

 

少なくともYouTube側が進んで著作権問題に乗り出す事は無い筈だし、
私が運営者だったら、暗黙の了解にしておいて権利者からの指摘がくれば対応するという今のYouTubeと同様の運営方針を重視します。

 

例えどんな動画でも、その動画そのものが法的に問題なければ
関係ありません。少なくともアップロードした人と著作権の持ち主側の抗争なんて、どうでも良いのです。

 

だから頑固たる取り締まりもしないし、
取り締まりを強化する事で、多少なりとも
YouTube側はプラスになる事は、無いと思います。

 

だから動画の著作権云々は、基本干渉しない。

 

音楽などの著作権問題は大なり小なり認識して対応している模様です。

 

 

いずれにしても、テレビ番組系が強気を増して削除に及んできているという事でしょう。

 

そしてラジオも可能性としては、あるかもしれないという事。

 

もちろん、まだ全てNGというわけでなくて、削除されたものより
厳しいものでも残ってる場合もある。

 

つまり権利者のキーワードとかの追いかけ方だと思いますね。

 

今後どうなるか分かりませんがラジオ音声、テレビ音声ばかりを
充てにしたノウハウだけでは今後は、確実に危険だと思います。

 

今は、もちろん手っ取り早い収入に繋がりますが
今後どうなるかは、微妙だと思います。

 

そして何よりチャンネル削除とか、ビクともしてませんでしたが
残念な事にチャンネルd削除だけなら恐怖感も無いかもしれませんが
ここ最近では、アドセンスのアカウント削除という事例もあります。

 

これは報酬がぶっ飛んでしまうので気をつけましょう。

 

だからこそ、余計なリスクの可能性を秘めたものは
ほどほどにして、不確定要素の殆どない方法を使って
YouTubeで稼いで貰いたいと思います。

 

それでは小西でした。

 

追記事項

ユーチュブで稼ぐ方法をコンテンツ化しました!

小西和夫のYouTube動画ノウハウ

ラジオ、テレビの音声なんか使いません。

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。