小西です。

 

いつも購読ありがとうございます。

本日はYouTubeで稼ぐ作業の中で幾つか多い質問を
ピックアップして書いてみました。

 

YouTube収益受取り審査”この動画の収益受け取りはまだ承認されていません。YouTube がこのリクエストを検討するためには、この動画を商用利用する権利についての情報をお送りいただく必要があります。”

収益化拒否

私もYouTubeで稼いでるので、こういう事は、たまにあります。

 

 

そこで幾つかの項目がありますが、
引っ掛かるには理由があるわけです。

 

この場合、「他の人の動画の一部を使っている」人と
「完全オリジナル」という人が居ると思うのですが、
ここで表示されるのは 人的な動きではないという事です。

 

 

ほぼ収益化登録直後に表示されますので、機械的なものが
殆どです。

 

 

YouTubeで、収益拒否される2つのポイント

 

 

一つ目は、人の動画と全く同じ場合などによくあるのですが
基本的にYouTubeはシステムで判別して、その後に、
さらに確認の必要性がある場合のみ人的に処理しているようです。

 

 

つまり、簡単に述べると、デジタル方式などで数秒単位で
被るとか被らないとかって感じのイメージですね。

 

また、後は音楽など。

 

つまり、YouTube側で登録されている音源に関しては、
その音源が動画内にあるか無いかを判別しているというわけです。

 

 

画像での処理に関しては結構システム的に難しそうなので、
瞬時に判別は不可能かと思います。

 

 

ただ、これに関しても、YouTubeでその審査のシステムの仕様が
公開されているわけでは、ないのであくまでも憶測です。

 

 

基本的には一回引っ掛かると、その動画は一旦そのまま削除して
新しくアップロードし直すようにしましょう。

 

 

資料やデーターなどと言ったりオリジナルを主張しようとも
その動画が審査されて公開される保証もありません。

 

 

それなら新しくYouTubeのコンテンツを 表示がでてきた
要素のある部分を編集してアップロードし直す方が賢いという事です。

 

 

もちろん「早く公開して収益化したい」と考えているならば、尚更です。

 

審査を待つよりも 意味の分からない資料の作成をするよりも、
引っ掛かった問題を改善してアップロードし直す方が早いのです。

 

 

まず、原因は2つあり、一つは目で見える動画データー。

 

 

そしてもう一つは耳で聞こえる音声データーです。

 

 

収益化できない場合の対処方法

 

 

1番目に関しては、他の動画との重複がある可能性の時に出てくるようですが
この場合は、時間をずらします。

 

つまり2分の動画であれば冒頭で約数秒~10秒程 画像などを入れて再生時間をずらすわけです。

 

 

数秒単位のデジタルチェック方式で仮に5秒間隔であれば
5秒間隔の画像と一致するものがあるかどうかを見る事になるので、
ここで7秒とか動画の始まりに入れてしまえば必然的に、
その5秒間隔の動画シーンは違ったものになり引っ掛からないというわけです。

 

パクリが原因であれば、これで通る筈です。

 

 

しかしYouTube内部の審査システムも変更などがあり、進化していく筈なので
これが通るとも限りません。

 

 

あとは、それでもだめなら最後のシーン。ここにも画像などを入れてみる事です。

 

 

例えば白一色とかの画像でも問題ありません。

 

 

そして2番目。

音楽などが一番の原因ですが元となる著作権の所有者が
YouTube側に登録している場合も多く、この場合に限っては
音楽を消すか音楽の音量を小さくしたり、音楽のトーンや速度の変更。

 

 

これらを行う必要が出てくるんです。

 

つまり、少し面倒ですが、「音の編集」ができるものを導入する必要性があります。

 

無料のツールであれば、

サウンドエンジン

http://soundengine.jp/software/soundengine/

こういったものです。

 

 

動画の中の音声だけを取って音声のみ編集して再度、動画と
音声を組み合わせるという事です。

 

 

例えば中には「音楽動画じゃないし」と思われるかもしれませんが
動画の中で流れる、テレビやラジオ、あとは店内などで流れている
ミュージックなど…。

 

これらを拾われて収益化できない…という事例も少なくありません。

 

 

だからこそ、その辺の確認が必要というわけです。

 

手順としては、先に音楽のチェックをする事。

 

そして続いては動画全体です。

 

 

システムも昔に比べるとYouTubeも進化していますが、
おおよそ動画をシステム的に、どのように見れるかを考えて
掘り下げていくと、潜り抜けできる部分もたくさん出てくる筈です。

 

 

さすがに、登録毎に人的に他の動画と照らしてチェックするのは
到底不可能だからこそ、システムによるものだと判別ができますが
「収益化拒否」の原因は、様々です。

 

 

動画によって原因も様々ですが大きく分けると確実に、
動画の目に見える部分と動画の音で聞こえる部分。

 

 

この2点の何れかに原因がある筈です。

 

 

あと、登録の際に、付ける動画タイトル。

 

 

ここでもNGワードなどで引っかかる可能性もあるので、
動画編集の後に再度、上げ直すにはタイトルなどの変更は必ずしましょう。

 

 

あと禁止用語になりそうな文面の有り無しも要チェックです。

それでは参考にしてください。小西でした。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。