その他の話題やツール

TOPBuzzという動画サイトの収益化や機能全般に疑問と不安が多い理由

投稿日:

小西です。

ちょうど先日にも紹介した、コンテンツビジネスですが、既に「初収益です!」と言う方からもサポートを通じてメッセージを頂きました。

まだ私のサイト経由では、大した数が売れていないにもかかわらず、こうした報告や、収入に至って無いけど、既に動きがでている方も多いようです。

再現性としては、非常に高いので取り組む価値は、十分あると思います。

コンテンツビジネスはこちら

 

さて今日はこちらのサイトについて書いてみます。

以前より疑問が多かったのですが少し書いてみます。

 

Top Buzz

https://www.topbuzz.com/about

YouTube同様に報酬が貰える動画サイトという事で、以前に 某サイトで情報を購入。

Top Buzzで稼ぐ方法として売られていたのです。

YouTubeの逃げ道になるかと思いましたが YouTubeチャンネルを頼りに「Top Buzzに動画をアップロードしませんか」という案内を配信していました。

しかし実のところ報酬が貰えるという事は、多くの広告提携もある筈で、私が見た情報には、稼いでいる実績も掲載されていました。

しかし疑問しか出てこないのです。

 

「何か変な臭いがする」とはこのことです。

 

何が臭いかというお話をすると、

仮に…の話ですが、Top Buzzで報酬になったというのは、サイトへの登録誘導目的のようにしか見えないのです。

広告が無いのに広告料金が発生するというのは おかしいと思いませんか?

 

Top Buzzの運営会社はどこなのか?

 

サイトにアクセスして連絡先を見ると リンク先はメールアドレスにリンクされています。

大手の動画サイトでは、類を見た事がない、手抜き感が感じられます。

 

そして利用規約とプライシーポリシーは記述がありますが これについては、普通レベルでしょう。

特商法表記が無い事からよくみると この規約部分に少し書かれていました。

調べると、

Bytedance Inc. (以下「Bytedance」または「当社」)の Topbuzz/BuzzVideo(以下「本プラットフォーム」)へようこそ。当社は米国デラウェア州において会社番号5943290で登記され、登記上の事務所を1013 Centre Road, Suite 403-Bに置いています。主たる事業所の住所は中華人民共和国北京市海淀区北三环西路43号 中航广场1楼です。

 

ということです。米国でもあり中国でもありまして、更にサーバーはマレーシアのようです。

 

マレーシアのクアランプールです。

 

…少し不自然さを感じます。

続いてドメインを調べて見ました。

ドメインは、2001年から使われていた事実

 

どうやら2011年はアメリカのサイトで別のサイトだったようです。

2011年7月頃の同ドメイン

上記が2011年のサイトの様子です。

今の TopBuzzと、同一サービスには、少し考え難いと思いました。

 

 

本来、大手の動画サイトがオールドドメインを使うでしょうか?

ますます疑問が沸いてきます。

 

何のサイトかは、不明。

2013年~2016年も上記と同じサイトです。

 

2017年には今のサイトがあるようですが いずれにしても完成したばかりのようにしか見えません。

 

PCでサイトを見ても広告が無い。

アプリから動画を見ても広告を見付けられない。

ブラウザを変更したりスマホの機種を変えて見ても広告が無い。

 

「稼いでいるという人が居るのですが 広告も無いのに何故?」

この疑問が生まれました。

 

また、そのネットを見ても稼いでいる人が見つかりませんし、某サイトで「Top Buzzで稼ぐ方法」を販売している人は、
1再生につき0.004円の報酬になると書いてあったのです。

 

広告がでないのにサイト側が報酬を支払い続ける?何を考えても微妙な話です。

 

そしてアプリもサイトも動画検索の方法が全く分かりませんので見えません。

 

合計50以上の動画を見ましたが広告が無いのです。

 

動画をアップロードする事も少し怖く感じましたが、明らかに変です。

 

スポンサー広告が無いという時点で疑問以外出てきません。

 

例えばよくある手では、稼ぐ方法として扱い、実践者に動画を作らせる…という方法もありますので、思わず販売者が中の人かな?と正直思いました。

 

もちろんお金を払って貰えるなら広告があろうと無かろうと良いですが、ビジネスとした場合、報酬未払いが迫る事が想定できます。

YouTubeのように多数のスポンサーや需要があればともかくですが、全く広告が出てこないのです。

サイトの構成などを見ても、YouTubeなどとは段違いに落ちますし、
広告もでていないにも関わらず、他のユーザー様が報酬を受け取っている事実があるなら もっと情報があっても良いものです。

 

広告料金は、

 

・引き出し可能額は、先月末までの総収益額
・引き出し可能日は、毎月2日~6日の間のみ
・最低引き出し可能金額は5,000円
・請求を受け取ってから、20営業日以内に指定口座へ振り込み(休日の場合順延)
10万円未満の請求については、振込手数料をこちら負担。
というもので、毎月の4日しか振り込みは対応していないそうです。
これも動画サイトとしては、謎が多過ぎると思います。

今後も引き続き 広告料金が本当に支払われ続けるかが、疑問で仕方ありませんし広告がでない=スポンサーが居ないという時点で疑問が生まれます。

 

どちらにしても正体が見えない限りは、利用するつもりは、ありません。

管理画面の表示の報酬はどこの会社名で振り込みされるのかも、よく分かりません。

 

引き続き色々と調べて見ようと思いますが 伸びているようには、見えません。

 

またもう一つ気になった事は、アプリのインストールの時です。

 

Googleにアプリとしてでていますが、アプリは、誰でも登録できます。

 

アプリのインストール時に 多くの権限を求めてくるのです。

 

もちろん不要なスマホで、電話帳も0件のテスト用の電話でインストールしましたが怖くなり削除しました。

 

これらの要素を考えると、中国の会社のようですので、少し不気味になって退会しようとしましたが、退会方法も良く分かりません。

つまりアプリは、アンインストールし、サイトはそのままの状態ですが、引き続き調べていきたいと思います。

 

どちらにしても ここまでで、分かる情報だけでも良いイメージが無いので、私としては、あまりお薦めできません。

 

それでは、小西でした。

 

また何か分かれば記事にしたいと思います。

 

追記

色々と調べると稼げるなどと書かれているサイトもありますが、
2017年の12月頃には、

以前は平日でも一日10万再生=収益にして約5,000円は珍しくありませんでしたが、ここのところ週末になんとかこの数字をキープって感じです。9月、10月にTopBuzzを始めた先人のレポートでは、一日で4〜5万円の収益になってたことも珍しくなかったようですが、今そこまで稼げてる人っているんだろうか。

というような声を漏らしているサイトもありました。

広告が無いし転載動画もあるようですから 結論から言いますと、広告が頻繁に表示されるまでは、収益目的の利用は、私はやる気がおきません。

以上、これで Top Buzz については完結させます。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。

2018年YouTubeで稼ぐ方法ランキング

2018年もYouTubeで稼ぎ続ける為のYouTubeを学べるコンテンツ一覧です。

もしもYouTube動画で稼ぐ方法は、2017年で終わったと思ったら大間違いです。

チャンネル登録者1000人、そして再生回数の審査基準にも屈しないノウハウは、まだまだあるのです。

 

YouTubeで稼ぐ方法 YFM

2018年も顔も声も出さずに稼ぐ2種類のYouTubeジャンルを公開。チャンネル登録者も増やす事が可能なジャンルです。もしもYouTubeで稼ぐ方法を諦めるなら このYFMを取り組んで空にして下さい。

LINEを使って作成するYouTube動画ジャンル

LINEを使ってYouTubeで稼ぐ方法を公開しています。通話アプリLINEを使ってどのような動画を作るのか?手順を1から公開中です。殆どの人が想像も付かないかもしれませんが実は、このジャンルは作り易い上に再生回数も高めやすいのです。

YouTube動画大百科 YDC

YouTube動画で稼ぐ手法を複数公開しているコンテンツです。作り易くて再生回数も高めやすい動画ジャンルとその作り方を解説しているコンテンツです。

-その他の話題やツール
-, ,

Copyright© YouTubeで稼ぐ方法(小西和夫) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.