小西です。

いつも購読有難うございます。

 

本日は、YouTube動画でも外部誘導するYouTube動画が
駄目な理由を書いていきます。

 

YouTube誘導動画が稼げない。その理由とは?

 

 

YouTube系のノウハウを色々と出している事もあって、
実は結構 幾つか問い合わせの中で、
頂いた内容が、「YouTubeから誘導しても全然売れません。」
そんな質問を頂いていたので、この記事で少し、
その理由やポイントを紹介します。

 

それでは順番に説明していきます。

 

一時的に過去は、アクセスの多い動画なら
説明欄に誘導リンクを入れていれば、誘導数も
多かったという事もありますが 今では、外部に流れる数が
多ければ多いほど 理由はなぜか再生回数の低下が
一部見受けられる現象が出てきていました。

 

つまり再生回数が多い動画から外部誘導を
目的として、ただリンクを貼り付けていても、何も良い結果が
得られない事が 今の状態です。

 

 

動画のタイトルと属性がマッチしていても誘導リンクの効果は得られない。

 

そこで属性を分けて ゲームだからゲーム関連の外部誘導と
考えるのですが、残念な事に これだけでも効果が得られ難くなっています。

 

お金に興味がありそうな人が興味を持つような動画を
作成して、そういう動画の説明欄より誘導するというものでさえも
効果が落ちているのです。

 

酷いものになると 釣りだけの動画もありますが
おう、あの手の手法は 衰退気味です。

おまけに誘導目的と捉えられる薄い動画は、
YouTube側でも一定条件で削除対象となっています。

 

「では、どうすれば良いのか?」です。

 

誘導動画の考え方

 

殆どの人は、欲が強すぎて、
そのツケが回ってきていると言っても良いかもしれません。

 

誘導動画は、もう駄目というわけでなく
誘導したいなら 誘導できる人のみを集める事を
考える必要性があるのです。

 

つまり簡単に言うと、

・釣りをしない。
・関係ない訪問者を取り入れない。
・タイトルとサムネイルで訪れた人が求めるものだけを
追求した動画がある。

最低限これらが必要になってくるのです。

 

以前までは再生回数が多ければ
「数打てば当たる」という事もありましたが
この考えでは、到底厳しくなってきているという事です。

 

つまりこの逆が大事で、
必要な人に必要な動画(情報)を
与えるという事を意識する事が 大事なポイントになるのです。

 

ちょうど今回の「誘導動画のポイント」と
収益性を得やすいジャンルを2つほど今回
YDCのコンテンツにも追加済みです。

 

是非活用して頂ければと思います。

それでは、小西でした。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。