小西です。

いつも購読有り難うございます。

 

実は、ここ最近YouTubeで
削除されたりチャンネルを抹消されたというような
相談を受ける事があります。

 

私もYouTube系の商材のサポートも
メインで行っているのですが、
伸びない人、
警告やペナルティで取り組めなくなる人は、
それなりの原因があります。

 

もちろん、YouTubeの
基準が厳しくなっている という事は、
間違いのない話ですが、
それほど大きな問題でも無いのです。

 

ただ、過去の戦略と今後を意識した戦略とでは、
やはり差が開く事は、言うまでもありません。

 

YouTubeでのペナルティやトラブル、今後の可能性について。

 

まず、過去通用していたものが
今では通用しなくなった場合には
大きな打撃を受けるものです。

 

打撃を受けた人は、今までの手法しか知らず
打撃を受けない人は 今からの手法を知っているというだけで
言わば、知っているか、知らないかだけの
違いだと私は思います。

 

つまり、
「YouTubeは稼げない」と言う先発組は、
「過去の考えに依存している」といえるのです。

そこで今回、私が紹介するものが
YDC という今後のYouTubeのイロハを詰め込んだ
江藤さんという方の経験を元に作成したコンテンツです。

YDC

販売ページはこちら。

 

のちほど販売ページにリンクします。

 

江藤さんに関しては、私の教材の購入者様で、
YouTubeに、取り組み続けている方ですが、
YouTubeの激変期間もダメージを
受けながら乗り越えてきた1人です。

 

特別に何かグレーな事をやっていたわけでもなく
私のノウハウやその他、高額塾や教材を数多く
手にされて、現在進行系でYouTubeを研究し続けています。

 

私は、ここ最近は、
主にアフィリエイト系の検証や
サポートなどで自分のYouTubeには、
少し距離を置いてましたが、
江藤さんは、「YouTubeメイン」の活動をされていたのです。

 

そんな江藤さんから
ライバル達が悲鳴を上げている中で
今使えるもの、今使えないものを明確にして
今後、多くの人が結果を出し続けられる商品を
打ち出したいという考えを聞いたのです。

 

もちろん江藤さんは、商材の販売などは
経験も無い為に今回、私も協力をしまして、
立ち上げたものがYDCというコンテンツです。

 

YDCのコンテンツ内容

 

「YouTubeには、まだまだ旨味があるから
諦めずに稼ぐまで取り組んで欲しい」という所から
「どうすれば、旨味を味わえるのだろうか」という事を
考えて作成したものが、今回のYDCです。

 

YouTubeは、1年、2年どころかそれ以上も 一度作成して
投稿した動画から自動販売機のように報酬が
継続して入ってくるのですから、
「頑張るだけの価値は十分ある」と思うのです。

 

YDCのコンセプトは、ただノウハウを配布して終わりではなく
会員専用ページを用意して そちらで様々なノウハウを
手にしながら各パートで学んで頂いて、一度参加された人は
今後も継続して新しい情報を受け取れるという、
一般的な 講座とか塾形式のコンテンツです。

 

「2017年以降も使い続けられる」ものを
より掘り下げて、今から始める、YouTube初心者様でも
取り組めるようにしたものが今回の内容です。

 

「YouTubeの変化に対応した手法を学ぶ」という事で、
誘導したい場合やアフィリエイトと関連付けされたい場合でも、
キーワードの考えも違うし、引用の範囲内や報道なら良いという
ものでも、削除される原因を知らなかったりと、
知識不足が原因で伸びない人が多い上に、同時に
変化が起きると、倒れてしまうという事が、あちこちで
起きているのが現状です。

 

ただ、これらの問題は、
知っているか知らないか?
意識しているか意識していないか?

というだけの違いなのです。

 

1万再生ルールや、
ブランドアカウントなど幾つか変更がありましたし
基準の変化も見受けられますが、そういった
問題も取り入れた上で

 

・リスクが最大限に無い手法

・リスクがあってもリスクを最小限にする方法

・今後YouTubeで稼ぐ為の大事なポイント

 

これらを中心に初歩的な部分から応用までの流れを学んで頂こうと思います。

 

PDF教材+会員サイトのコンテンツや
FAQなどを掲載して より掘り下げて
ノウハウを吸収して結果を積んで頂きたいと思います。

 

YouTubeで結果を出している人が
私の読者様や購入者様では、多いのですが、
YouTubeで動画をアップロードしながら、
色々なノウハウを取り組む方が多いです。

 

何故なら、

「YouTubeで収入が出始めれば継続収入が生まれる」

からです。

 

これは、権利収入や不労所得と言っても過言では、ない仕組みなのです。

 

一つしっかりと収入が入り続けてくるものがあれば、
モチベーション的にも、気分的にも全然違います。

 

動画作りというと、クオリティを気にする方が居ますが、
綺麗な映像だから再生回数や報酬が得られるわけでもありません。

 

動画なんて誰にでも作れるものなのです。

 

新しい事を取り組むにしても会社やアルバイトのように
時間を拘束されずに報酬を積み上げてくれる
YouTube動画があれば 非常に大きいと思います。

 

もしも、「本気で稼いでみたい」と考えている人で
もしも興味がありましたら、一度 ご覧下さい。

 

あと、数時間で表示されますが、現在価格は、
サポートの受け入れ人数の関係上、
一定数で値上げ、あるいは募集を終了します。予め了承下さい。

販売ページはこちら。

 

それでは、小西でした。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。