小西です。

いつも購読有り難うございます。

本日は、YouTubeのアドセンス不正クリックについてです。

YouTubeアドセンス不正クリック

不正クリック

ここ数日、YouTubeでの不正クリック相談が届いています。

「動画の収益化」⇒「クリック率の上昇(10%超え)」⇒「グーグルに報告」⇒「動画の収益化外し10日から2週間のサイクルで繰り返しています。

 

このような質問が届いているのですが、現実的なところ、
この手のもので、同じチャンネルの動画で何度も行われる場合は、
ほぼ、そのチャンネルが狙われているとしか考えられません。

 

これは、ご自身の動画の存在、チャンネルの存在。
そして投稿者の存在が嫌なのか BODの場合であれば
何か特定のキーワードのものを抽出してクリックしている
可能性が高いといえます。

 

つまり既存のアカウントで休止したからといって
再開しても、同じ事の繰り返しになる可能性が
あるという事です。

 

対策としては、もう そのチャンネルは辞める事です。

狙われているなら逃げれば良いという事です。

クリックソフトなんて探せばあるので、悪意があれば
幾らでも簡単にできるものです。

 

YouTube側の対応にも問題ある?

ただ、私も長い間YouTubeとは、お付き合いしているのですが
対応面を個別にまともに対応せず定型文と、
データーだけで処理するのは、どうかと思います。

「こちらの状況は全て機械的な処理のみ」というのは、
どうかと感じる部分があります。

 

怒っても仕方ありませんが ただ人的な部分ではなく
データーを見て機械的判断を行うからこそ、
その法則性を知る事で 実は、アドセンスでも
何度でもアカウントが作れたり、色々な事もできるのですが。

 

さ手、もう一つの話題です。

 

TTT、Twitterで稼ぐ方法の追記記事

 

先日紹介した、こちらのTTTですが、
「ちょっと驚きました。」
「カスタマイズ性がある」
「これなら訪問者が見る価値のあるコンテンツが作れる」

など多くの感想を貰いましたが、
更に購入者からも、幾つか質問がありまして、

「せっかくここまで作れるのであれば、日時を消せないか」
「他のテーマでも利用できるか」
「カスタマイズをもっと知りたい」

など頂いておりますので こちらも特典で反映します。

 

幾つか購入前の質問では、アクセスに
ついて質問がありましたので触れていきたいと思います。

前回の記事はこちら。

Twitterで稼ぐ方法 山田淳二 実践結果と生の感想

「コンテンツを作れる事は、理解できたけどアクセスは
どうやって集めるのか?」という問題です。

 

実はこのノウハウですが アンテナサイトなどとは
異なりますし、動画まとめサイトのTwitter版?と
思われている方も居るみたいですが、作られるコンテンツは、
ソースを見てもしっかりと文字列が表示されています。

 

動画まとめサイトの場合は、
テキスト量を加える事で検索からもアクセスを
得られ 同時にSNS連携すれば解決するものです。

 

今回のコンテンツでは、ただ一定割合のボリュームもあり、
ツイートそのものが、検索エンジンにも拾われていないものが
多いという部分がポイントで、私自身もそこまで特殊な事をしていません。

 

軽いSNS拡散を自動化しているのみです。
後は作る物次第で、SNSからのアクセスも増えます。

 

これは広告だけのツイートよりも見られるツイートを
意識する事で、SNS経由のアクセスや拡散力も変わります。

 

そして外部集客ノウハウから無料ブログの活用などを
含める事で、どんどんアクセスが比例してくるイメージです。

「手動投稿の限界を突破する」という事で、得られるものは、
唯一時間ですから、その分、数についても言及できる、結果として
アクセスも集まり易くなるという事です。

 

コンテンツデザインですがテンプレートは、

新着記事一覧の上下には、広告などのパーツを埋め込めます。

サイドバーも勿論自由です。

色々なウィジェットを加える事でカスタマイズは自由にできます。

 

投稿ページですが、こちらは、同管理画面で生成した
コンテンツを投稿画面に貼り付けて画面を見ながら広告を
挿入できます。

そして同時にSNSへの拡散が可能ですし
検索エンジンからのアクセスも先程も伝えたように
現時点では、問題ありませんが、
その他では、外部サイトからの入り口を使う事を中心に
書かれています。

他にも無料ブログでの利用が可能ですから
ブログ内部アクセスも取得できるようになってきます。

 

これは、どのアフィリエイト手法でも一緒ですが、
本来、アフィリサイトというものは、
大半がSNSか、検索エンジン経由のアクセスを
狙うのが一般的です。

 

例えば今回でもブログサービスを使う場合なら
内部、検索、SNS となるのです。

外部に入り口を増やしながら広げていくと、
「訪問者にニーズのあるコンテンツ」
であれば 小手先ではなく勝負は、コンテンツ力だけでも
十分可能だという事です。

 

こちらは、あまり良いアカウントでは、ありませんが
あえて今回は、Twitter中心でも無いと思い、
勿体ないので集客では、あまり使えないアカウントを
検証用に利用しました。

 

ただそれでも、
リツイートもされたりすると

 

何が言いたいかと言うとこちらは1章にも書いてます。

 

例えフォロワーが極小でも内容によっては、拡散されてアクセスが
増える事も普通にありますし、このTTTのノウハウでは、
通常投稿でも内容さえしっかりしていれば、ちゃんと検索からも
ブログサービスなどでも内部アクセスが狙えたり、
第三章では、Twitterとコンテンツの更新で数字が伸びない人向けに
インスタグラム、そしてその他の自分のサイトへの入り口を
増やす方法も書かれています。

 

コンテンツがここまで早く作れる事で
数でも勝負できますので、
個人的には、「コンテンツ構築」を意識して
黙々と取り組むだけで数字は伸ばせると思います。

 

1章は、基本設定や準備作業

2章は、実践編でコンテンツ作りがメインのPDF

3章は、集客編です。

 

私自身も ここで書かれている事を全てしている訳でも
ありませんが それでも数字を伸ばせたわけですから
個人的には、「何とでもなる」と思います。

 

色々なジャンルを作れますが、検証がてらに
色々とやっている流れで、
このジャンルが良い
このジャンルは、微妙
・・・という事は、今の段階で出てきてますが、
その辺は、私の特典でも掘り下げるつもりです。

 

ただ、何にしても個人的には
なかなか万能ツールなので気に入りましたが
コンテンツ作りからアクセス、収入に至るまでの
流れもマニュアルに有りますが、今回さらに
付け加える特典内容がこちらです。

http://yutubecom.org/?p=1943

 

どの程度価格が高くなるかとか、
その点は不明ですが、いずれにしろ
一番良いタイミングで手にして頂ければ幸いです。

 

最後まで有り難うございました!

 

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。