小西です。いつも購読有り難うございます。

 

以前より進めていましたYouTubeアドセンス
収益化ルールの変更に伴う検証が完了しました!

少し時間に経過がありましたが
この理由は、アナリティクスと動画の再生回数の
タイムラグによるものです。

 

YouTube収益化新ルールと実際の動作について。

まずは資料から。

 

実践検証その1

実践検証その2

これらが今までの流れです。

 

その上で、今回は 2個の動画のチャンネルで
再生回数を2万まで増やす事ができました。

 

 

 

動画そのものの再生回数は数日前に超えてましたが
表示されません。

 

YouTubeアドセンス…1万再生回数で動画は表示されない。

 

何なのかと思いましたが
あくまでも アナリティクスの視聴回数が反映されてから、
始めてYouTube動画に広告が出るということです。

 

つまり再生回数ではなくて、アナリティクスに反映されて
始めて動画に広告が掲載されはじめるのです。

 

これと言って審査もありませんし、
通知もありません。最初の1発目の審査のみで
後は、数さえ超えれば表示され、今までと
何ら変わり無いと言うことが言えました。

 

あえて上記チャンネル内でも後で追加した少ない再生回数のものを
確認したところチャンネル内の動画全てに入るという事も確認済みです。

 

 

つまり、チャンネル内でのアナリティクスの視聴数が1万を超えた時点で、
チャンネル内の動画全てに広告表示が出る仕組みという事です。

 

審査が厳しいとかそういったものよりも、この切り替えは
私から見ると、「広告主との衝突を避ける為の猶予」とか
「再生回数が伸びないチャンネルよりも伸びているチャンネルに
振り分ける」という事により、質の低い動画投稿者の収益を
質の高い動画視聴者に回す方が良いとかの話じゃないかと感じます。

 

いずれにしても、普通に実践して1万再生の壁を越えられない時点で
YouTubeで稼げるとは、言えませんし、1万分の再生回数は、
せいぜい1000円程度あれば上等です。

 

こう考えると、最初の1000円程度が差し引かれるもの、と考えれば
今回のような変更は、痛くもかゆくも無いということなのです。

 

そして何も審査に大きな影響を及ぼすような変更は、確認できませんでした。

 

とりあえず最初にアドセンスを取得した後に関しては、
すぐに収益化が出てきてマークは緑色になりますが、
動画広告は出ませんが、アナリティクスで1万回以上の
数字になれば その該当チャンネル全ての動画に広告が出ます。

1動画1万再生回数では 御座いません。

この記事にある動画を確認すれば分かると思います。

 

 

YouTube収益化ルールを検証した経緯

今回、改めて検証した理由は、正確な情報発信。

そして既存の購入者の方がスムーズに作業を行えるように
適切なアドバイスを行えるようにする為です。

 

これは、YouTube教材を売る側であれば、当然です。

 

殆どの販売者は、アカウント取得済みなので取得できませんが
私のように ”それなりの収入”を得ている人の多くは、
大なり小なり多数のアドセンスアカウントを保有するカラクリも
理解できていると存じます。

 

これは、以前にも記事にしました。そんな中から
削ったり、新しく加える事で、このような 初心者スタートの方の為に
分かり易い情報発信ができるのです。

 

これは、YouTubeに限らずですが、私が商品を紹介する場合は、
手応えのないものは紹介しません。

 

そしてサポートにも責任を持ち、結果を出して頂く事を
前提に特典やサポートを繰り広げています。

 

必要であれば、今回のように検証をして、
問題があれば、解決策を提示するという事が、紹介したり
販売したりする側の義務ではないかと思うのです。

 

「今やるべき事を今やれるだけやる」

 

これは、あらゆるビジネスで言える事です。

 

とりあえず無事終えられて良かったです。

 

それでは、後日、無料レポートとして
手順やポイントなどを公開しますので楽しみにお待ち下さい。

 

それでは、小西でした。

 

 

最近本当に伸びてる商品記事

 

MGA(ムービーグラフィティアフィリエイト)YouTube動画に広告を貼り付けて稼ぐ方法

 

トレンドアフィリエイトの最新の形
フェニックス 自動構築型ポータールサイトシステム(柴野雅史)レビュー

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。