小西です.

いつも購読有り難うございます。

 

 

まずは、YouTubeアドセンスの経過報告からですが、
なんとか2個の動画のみのチャンネルですが6000回の再生回数を
一つの動画が超えましたので、今後アドセンス広告の
有り無しを確認して検証完了です。

 

新規アカウントで2つしか動画をアップロードしていません。

 

が、もう数日で恐らく1万は超えるかどうかという所で、
これからどのような動きがあるかを見ていきたいと思います。

 

あくまでもこれは、既にアドセンスのあるアカウントではなく
新規アドセンス取得からの流れの検証でアドセンス申請から
1万再生回数を超えたタイミングで、どのようなアクションがあるか、
あるいは、何事もなく広告表示されるのか?という問題です。

 

引き続き様子を見ていきたいと思います。

また次回にでも記事にします。

 

人工知能が作成するミュージック

https://www.jukedeck.com/

 

上記サイトでは、人工知能に音楽作成をして貰えます。

 

作成して貰ってダウンロードした後には、
個人での利用や非営利での利用、そして
従業員10人未満のビジネスであれば 無料~100円前後で利用可能です。

 

無料との差は、例えば作成した音楽をWEBにアップする場合は、
引用元として、

Music from Jukedeck – create your own at http://jukedeck.com

 

このように記載すれば、上記の
個人での利用や非営利での利用、そして
従業員10人未満のビジネス であれば無料利用が可能です。

 

音楽の作成方法

利用方法は、画面右上の MAKEをクリックして「SIGIN UP」を選んで
必要情報を挿入します。

 

そうすると 管理画面に移動します。

とりあえず自動送信で届くメールも来ますので
確認URLをクリックしておいて下さい。

 

 

ここで一覧が出ているのは既に作られたものです。

左側に項目があるので分かり易いと思います。

 

 

ダウンロードボタンがあるものは、そのままダウンロードして
使う事が可能です、

先程も伝えたように無料の場合は、必ず使用する場所でソースを貼り付けましょう。

 

ここで一番左のものが100円前後か、タグを貼り付けて無料で可能なものです。

個人での利用や非営利での利用、そして
従業員10人未満のビジネス

 

ここまでは、既存の音楽を使うというものでしたが
オリジナルの音楽を作れます。

 

そして次。

 

そして以下の画面ですが
Genre がジャンル ロックとか、POPとかもありますね。

 

色々と選択して最後に時間を選択します。

画面上部のタブですが
Instrumentsにするとビンテージやモダンにできますし
Tempoを選択すると曲のテンポの変更が可能です。

 

最後は青色の、「CREATE TRACK」ボタンを押して完了です。

 

あとは、再生するなり、ダウンロードするなら自由にして下さい。

 

同じくこの画面が表示されます。

引用元表記を記載するだけで、著作権は自分のものにならなくても
10名未満の社員の会社であったなら、営利目的でも活用できるという事は、
素晴らしいと思います。

 

YouTubeでも色々な音楽がありますが、
今回のように人口知能によってオリジナル音楽を
作ってみるのも良いかもしれません。

 

今後は音楽だけでなく、映像も人工知能が作成してくれると良いですね。

 

それでは、小西でした。

 

最近アクセスの多い記事はこちら。

YouTubeの規約変更も関係無い…他人の動画をサイトに貼り付けて
広告を埋め込んで稼いでしまう方法…

MGA(ムービーグラフィティアフィリエイト)YouTube動画に広告を貼り付けて稼ぐ方法

 

アクセス数が右肩上がりに増える人が、続・出・中です。
フェニックス 自動構築型ポータールサイトシステム(柴野雅史)レビュー

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。