どうも小西です、

いつも購読有り難うございます、

 

今回は、さらにアドセンス収益化に関して
より詳しい情報を提供するために数々のテストを繰り返しています。

 

前回の記事はこちらです。

果たしてYouTubeの収益化ルールの規制がどこまで変わったのか。

http://yutubecom.org/?p=1887

 

まず初心者がYouTubeアドセンスを取得する場合のステップで
以前の記事では、既にあるグーグルアドセンスとの紐づけを検証しました。

 

そして今回は、YouTube出始めてアドセンスを取得する場合も
同時検証しています。

 

私の場合は、幾つかアドセンスアカウントを所有していますので、
こういった場合にも迅速にテストが可能なような環境を用意しています。

 

YouTube規約変更後のアドセンスの収益化

 

まずは、状況からですが新規ブラインドアカウントで
大元のメインアカウントは、別のアドセンスを紐づけている状態です。

 

そこでブラインドアカウントで新規アドセンス取得を選択して
そのまま、申請をしてみました。

 

新規申請は、4月8日、本日このように審査通過しています。

ただ審査通過の連絡のメールは、gmailを確認しましたがありませんでした。

 

この時点でアップロードしたものは、一つは音声無しの動画のみで、
同時にもう一つは、とある音源が含まれている動画ですが、
これは、今まで同様レベルの審査である事が把握できました。

 

あえて無音の音声のみでは、どの程度の審査なのかが把握できませんので
あえて そういった動画もアップロードした次第です。

 

YouTubeのコンテンツIDなどに登録されていないものは、基本関係ないのでしょう。

ただ審査の際には、無音に近いもので動画を撮影したもの、再生時間は、
10秒未満の動画です。

ですので長時間の動画である必要性も一切無いという事です。

また、クオリティの高さに関しても、求められていないという事も分かりました。
この10秒未満の動画は、風景を撮影してカメラを動かしただけのものですので
あまり関係が無いと言えるでしょう。

 

YouTubeアドセンスの承認について

 

そして2日後、アドセンスの審査が承認されました。

 

とりあえずYouTubeアドセンスの取得部分に関しては、
確かに審査はしているようで 以前までは即収益化できていたものが
それなりに審査に時間を要しているという部分は、確実ですが
この時点で何ら問題ない動画をアップロードして審査を通過して
その後に もう一度(1万再生回数付近)ぐらいで、審査があると思いますが、
このまま1万再生まで 今の動画のままで増やしたいと思います。

このアカウントそのものは、最悪 BANされても良いようなものですので
少し色々とテストしてみたいと考えています。

 

YouTube広告表示までの流れについて。

 

YouTubeでアドセンスを取得するという方法も
Googleアドセンスをブログや、サイトで取得している場合も
同じように 先に動画で審査してから1万再生で広告が出るという
システムである事は、これで間違い無いものと言えるでしょう。

 

YouTubeアドセンス取得時の審査について。

 

YouTube経由でのアドセンスの取得は、アドセンス同様に
当たり障り無い動画で行うべきですが、約10秒以下の動画でも
審査通過し、同時に音楽有りの撮影動画も普通に通過しましたので、
それほど今までと同様の次元の審査レベルだという事は、間違い無いと思います。

 

10秒で殆ど無音のスマホでの撮影動画 ⇒アドセンス審査対象とした動画
1分未満の撮影動画でショーの音楽などが含まれている動画
⇒同チャンネル内にアップロードしていた動画

 

このような流れとなっています。

あえてこれらの動画で再生回数を増やしていきたいと思います。

 

と言っても、今のところ合計23回という再生回数で動画内容も
動画内容ですが1万再生回数まで持ち上げます。

 

無理な場合は、アップロードする動画数を増やします。

 

引き続き検証した上で、レポートにまとめて
「あらゆるYouTube実践者の方に、役立つもの」として公開したいと思います。

 

それでは、小西でした。

 

追伸

 

そう言えば幾つか先日も質問を頂いてました

MGA(ムービーグラフィティアフィリエイト)YouTube動画に広告を貼り付けて稼ぐ方法

 

これについては、先日も回答したように、YouTubeでの変更の
影響は、一切受けません。

 

また、「どういう活用方法になるのか」といった質問も
ありましたので、取り組んでいる方の一例を紹介します。

 

偶然にも、ちょうど先日に 連絡して頂いた方の中には、
MGAで他人の動画を使い、広告を埋め込んだサイト作成と
自分のYouTube動画も埋め込んで 付属のTwitterツールで
アクセスを流す事で収益が伸びているという事でした。

 

動画とTwitterの相性は、非常に良く、
Twitterで広告誘導する誘導率とは全然違います。

 

面白動画なら面白動画のみをまとめたり、
一般ウケしそうな動画をまとめてTwitterからのアクセスを
見ながら 反応が高いものを作成して、同じく誘導するわけですが
自然とTwitterは、フォロワーがツールで増えますから、
一度MGAのサイトと紐づけ連携すれば、自動でツイートしてくれる為に
投稿⇒アクセス循環という流れができるのです。

 

サイト上の動画への広告に加えて、
自分の動画なら再生されれば収益化やチャンネルの株も
高くなりますので、相乗効果で強くなり収益も伸びてくると言う考え方です。

 

Twitterのフォロワー増加自動ツールで拡散率を高めて
自分のサイトや動画を露出させるというものですので、
コスパは、非常に良い筈です。

また、Twitterでフォロワーの多いアカウントがあれば
サイト誘導、動画誘導など、様々な活用が可能なので、一石二鳥とも
言えると思います。

 

是非参考にして下さい。

MGA(ムービーグラフィティアフィリエイト)YouTube動画に広告を貼り付けて稼ぐ方法

 

小西でした。

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。