小西です。

いつも購読有り難うございます。

本日は、「YouTubeの収益化変更点」についてです。

 

YouTube収益化の変更点について

 

まずこちら

 

「収益化は、1万再生回数ないとできない」という規約に変わりました。

 

ただ、決して何か問題という事でもありません。

1万再生回数になれば審査を経て収益化ができます。

少なくても、1万再生回数と言うと金額相場で言えば1000円程度です。
収益化までに1万再生回数を出せない人は、
収益化されていても1万再生回数を出せないです。

 

これは、1000円分の再生回数が稼げない事と同じですので
何をやるにしても、1万再生回数が壁になることはありません。

また、これはGoogleアドセンスと 同じような形態といえるでしょう。

 

チャンネル単位で収益化可能かを審査していくというもので
ブラインドアカウント単位で収益化の確認を行うという事です。

 

つまり既存のYouTubeアカウントが存在して
チャンネルを増やす場合には全て審査が必要になるという事です。

 

また同時に幾つかのパターンで試した事があるので紹介しておきます。

 

YouTube収益化の審査基準について。

 

まず、既存で既にYouTubeが収益化できる
アカウントで新しくチャンネル(ブランドアカウント)を
作成しようとした場合でも同じく、収益化ルールが
適用されているようです。

 


再生回数が1万再生を超えた時点で広告が出るようです。

 

 

順番としましては、最初にYouTubeアドセンスの審査を経てその後
1万再生回数に達した時点で広告が出ると言う仕組みのようです。

 

少なくとも既存のアカウントで幾つかテストした結果、
新しく作るアカウントにアドセンスを紐づけする事は、一瞬でできます。

 

あとは再生回数に応じて、広告が出るという今までと変わらない
基準だと言えるでしょう。

 

新規アカウントに関しても言える事で、
1.既にアドセンスアカウントをお持ちの場合には、
そのまま既存のアカウントで紐づけできます。

アドセンス承認後、1万再生回数で広告が出るようになり、
この時点での審査基準は無い模様です。

中の項目的には、審査通過した時点で収益化可能となりますが
1万再生を超えたら表示されるように内部で制御しているのだと思います。

 

つまり今までと基本的には、同様で収益化設定は、
既存のアドセンスと紐づけするか、アドセンスをお持ちで無い場合は
新たに作成するか、YouTube経由でアドセンス申請を行う事になります。

 

私の場合は、アドセンスの本アカウントがありますので、
それとは別の環境を用意して新規アカウントから操作を試してみました。

 

1万再生回数後に審査がある、というよりは、
1万再生回数を超えた時点で広告が出ると考えれば良いでしょう。

 

もちろんこの時点で、システム的なチェックが入る可能性がありますが
収益化⇒1万再生を超える⇒広告表示が始まるという過程において
それほど前回と大きな変化は、感じませんでした。

 

収益化の注意点

 

そこで収益化の注意点ですが、幾つか書いておきましょう。

動画の削除基準については、数年前と比較すると高まっていますが
騒ぎ立てる程の問題は、感じません。

 

ただ、最低限、私の教材でもあります、こちら

海外相手のYouTube戦略で稼ぐ方法

 

この教材でも少し触れている、ノイズ云々の加工などは、
まだまだ有効のようです。

 

どのような動画を作るのか?で 変わりますが、
今回の変更は、騒ぎ立てる程のことでも無いと言えるでしょう。

 

何故なら、「1万再生回数だけ我慢すれば良い」からです。

おまけに、1動画1万ではなく10個の動画ならそれぞれ平均1000回。

 

100個の動画なら平均100の再生回数があれば良い話で、
同時に全体で1万超えれば広告が出る事になりますので、単純に
収益化されていようとされていなくても1000円以内の話ですから
何もハードルの高さを感じる必要など何も無いと言えるでしょう。

 

 

それでは、まとめましょう。

 

YouTube経由でアドセンスを取得する場合の方法と収益化

 

1.YouTube経由でアドセンスを取得する場合、最初の動画は、
当たり障りないものをアップロードする。

2.審査結果により収益化が可能になる。

3.収益化できれば1万再生回数で広告表示

 

既にGoogleアドセンスを所有している場合の収益化

1.ブランドアカウント作成後、動画を1つアップロードする。

2.クリエイターツールから、チャンネル⇒ステータスより収益化を選ぶ。

3.収益化の際に既存のアドセンスアカウントを設定する。

4.収益化手続き完了すれば、後は1万再生回数を超えれば広告表示

 

という流れです。

収益化完了すれば、後は、チャンネル名も回数に限りがありますが、
後で変更できますし審査の際に投稿した動画は非公開にでもして
中に入れる動画は自由に後で調整可能です。

 

これは、4月9日の状況です。

 

私もそうですが以前までにそれ相応の数の
YouTubeアカウントを取得して1個、2個の動画で
アドセンスと紐付けていたものが重宝しそうです。

 

どちらにしても、想像していた以上に単純で影響のない
変更で安心しました。

 

尚、質問の中で、

「こういったノウハウにも影響があるか」という質問がありました。

白川渉のMGA(ムービーグラフィティアフィリエイト)YouTube動画に広告を貼り付けて稼ぐ方法

 

この手のものには、一切の影響は、ありません。

敷いて言えば、気楽過ぎますね。

 

自分で動画も作らず他人の動画をサイトに
貼り付けて広告を埋め込んで投稿していくだけで
SNSからもアクセスを引っ張りながら稼げてしまうし
おまけに自動でフォロワーを増やせるツールまで
付属しているのですから。

 

削除を気にせず 他人の人気動画を使い倒してアクセスを集めて稼げるなら
確かに、動画を作るより、MGAの方が良いと思う気持ちも分かります。

MGA(ムービーグラフィティアフィリエイト)YouTube動画に広告を貼り付けて稼ぐ方法

 

あと質問の中でフェニックスのその後…についても
質問頂きましたが、少し報酬の伸び具合を増やす人が
どんどん増してきたようです。

 

中には、「まさか こんなに早く収入になるなんて」という方も
出ています。

 

是非、私の特典+購入後のサポート を活用して結果を積んで頂ければと思います。
フェニックス 自動構築型ポータールサイトシステム(柴野雅史)レビュー

 

また、このフェニックスでも 実は動画サイトの構築も可能です。

 

MGAを活用して広告入りの動画ソースを貼り付けるという方法も効果的です。
このフェニックスの自動更新とアクセスを活かすという考え方です。

 

動画ページは、カテゴリ分けをしてタイトルを考えて
投稿しておけばサイト内からも動画ページにアクセスも集まりますし
このような自作ページを作っていけば入り口も増えます。

 

勿論 選ぶ他人の動画は、サイトコンテンツに適した物がベストです。

投稿も他人の動画を貼り付けて、タイトルと投稿ページに数行の
説明などを書いておけば良いので効率よくページも増やせます。

 

 

あるいは、MGAで作成するコンテンツと
そのままフェニックスを連動させるという考えもありでしょう。

 

このように僅かな工夫だけで数字を伸ばしている人が多いし
可能性は無限大と言えるでしょう。

 

是非とも参考にして下さい。

それでは、小西でした。

 

MGA(ムービーグラフィティアフィリエイト)YouTube動画に広告を貼り付けて稼ぐ方法
フェニックス 自動構築型ポータールサイトシステム(柴野雅史)レビュー

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。