小西です。

いつも購読有り難うございます。

 

実は、先日、YouTubeで荒稼ぎするプレイヤーから
面白い話を聞いたのでシェアしたいと思います。

 

アングラ手法で稼ぎだすYouTubeの作業内容

「どうして自分の動画は削除されるのに あの動画が残るのか」
「あの異常な再生回数は どうして?」

 

など 色々な質問を頂きますが、根本的に、
YouTubeで稼ぐ方法は、YouTube内部で稼ぐ方法と
外部を利用して稼ぐ方法で分かれます。

 

つまり簡単に言いますと、内部で稼ごうとして
外部中心の手法で使うような動画を公開しても
数字を伸ばす事ができず、ペナルティを受けて
終了するという事になるのです。

 

内部といえば検索キーワードやタグも含めて
全てを有効にやった形で再生回数を伸ばす方法で
いわゆる王道的なもの。

そして外部中心とは。YouTube内部を頼らず
外部アクセスで動画ページに誘導して再生回数を
伸ばす方法で、どちらもやる人も居れば、片側だけの
人も一定数居るという事が現状です。

 

実際に稼いでいる人が行う手順は、

動画の加工と投稿、そして再生回数を短期間で
伸ばすというシンプルなもので、SEOなども一切考えませんし
タグやタイトルにも時間を奪われないものです。

 

一瞬で再生回数を稼ぎだす具体的な手順

 

タイトルも考えない、タグも考えない、
これらはむしろ、検索にはあえて出てこない方が
稼ぎ易いのです。

 

単純にいうと、検索経由で削除されたり通報されますので
YouTubeの内部では、見つけにくい方が良いのです。

 

ただ、関連動画のアルゴリズム上、伸びてくると露出度も
出てくるのですが YouTube上では、登場しない方が
有利で、結局は、ユーザーを別に集めておいて、公開と同時に
アクセスを流して、キリの良いところで、動画を削除するのです。

200万、300万という月収を稼いでいる強者も居るのです。

 

ただ、大事な事は、

YouTubeのシステムに引っかからない、
音声と映像加工。

そして、

タイトルやタグの変更です。

「動画に関連するキーワードでは、絶対に引っかからない施策」をするということです。

 

ある意味、限定公開でも問題ない次元だったりもするのですが
一定の外部視聴者へ配信すれば再生時間も圧倒的に高くなり
露出して どんどん再生回数も伸びてくるというメリットもあるのです。

 

ただ、そうなると限界もありますので、一定で区切りをつけて
動画の消去という繰り返しです。

 

つまり危ない動画は、一定期間で削除する、そして
YouTube内部では、検索などでも出てこないようにして
それ以外のアクセスを自分で集めるという考え方です。

 

では、実際に再生回数を伸ばす為に有効な手段は、

1.TwitterやFacebookと言うSNSから集客をする。
※日々育ててる事が必要要件です。

動画を投稿したら、とにかくSNSで拡散して再生してもらえるようにする。

 

2.動画まとめサイトでの集客。

YouTubeで見つけにくくても、検索エンジン経由で
再生回数を伸ばす事が可能です。

よくある動画まとめサイトなどもその一つ役割を果たします。

例えば、こういうもので作成したサイトと手法。

 

これは動画まとめサイト×Twitterという組み合わせで
実践可能ですが、このようなサイトにしてネット上やSNSからの
集客を考えるという選択肢です。

 

関連キーワードの動画をまとめて自分の動画でタイトルや
タグなどで検索されにくい動画を まとめサイトで公開するので
訪問者は、高確率で再生してくれます。

 

もちろんサイト上だけでなくYouTubeで見て貰えるように
小さめのサイズで投稿に貼り付けてYouTube誘導すれば
見たい人は、殆どYouTubeに移動して再生されます。

 

また動画も自作でないもの、あらゆる動画を使えるとすれば
動画で公開されているものは、全て作れるわけですから
SNSからの誘導してアクセスを取れる、一般ウケしそうな
動画を選んで作成すれば完了です。

 

ただ普通に、動画まとめサイトで稼ぐというだけでなく、
このように、YouTube動画でも、そして動画まとめサイトとしても
収益やアクセス増加を狙う目的を持つと 動画まとめサイト戦略

も、何倍も有効になります。

 

例えば、比較的,目につくのがテレビ番組、ドラマ系
そしてニュース系のものなど様々です。

 

もちろん、今回のような手法は、黒過ぎて教材にまでできませんが、
YouTube内だけで再生回数を高める事だけを考えず、
外部集客によるアクセスアップが有効であるという点では、
徹底的に証明できる事例といえるでしょう。

 

理由は、ともあれ「YouTube内のアクセスを意識しない」のですから。

 

また、どういう経緯のアクセスであろうとYouTube動画が
視聴されれば、その視聴時間の再生時間などで評価点数も
大きく変わりますし、外部アクセスが引き金で、内部アクセスの
増加にも繋がるのです。

 

「YouTubeで動画をアップロードすれば それで終わり」だけでなく
少し外的要因についても、考えてみると良いでしょう。

 

それでは、小西でした。

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。