小西です。

 

いつも購読有り難うございます。

 

実は、読者様より「ユーチューブの動画作成の外注化について知りたい
という質問を頂きましたので、少し記事にしてみる事にしました。

 

本日は、youtubeの外注化について解説します。

 

実は、私の知人でyoutubeをされている人は、外注化をしている方が居ます。

簡単に言うと、動画を作らせる、あるいは動画の一部を作って貰い
その対価にお金を支払いするというものです。

あとは、その動画や素材は、御自身のyoutubeで使うというのが、
主な内容となります。

 

youtube外注化について。

 

確かに これなら殆ど自動で素材が完成する事になります。

外注で大事なポイントは、
「どこからどこまでやって貰うか」

「作業に対しての報酬は、幾らにするのか」

という部分ですが メリットデメリットがあるので少し解説します。

 

外注化のメリットとデメリット

まず外注を使う事で自分の手も空くし、新しい事を
取り組む事が可能になります。

これが唯一のメリットと言えるでしょう。

 

 

デメリットとしては、人材に作業を教える時間、
教育に関わる時間や まともな人材が落ち着くまでの時間や
作業に対して報酬を払わなければいけないなどが出てきます。

 

外注ですが価格はピンキリで安い動画だと1動画100円~でも
やる人が居るようですが クオリティを求めると、価格も割高になるし
実際、外注動画が人気が出るという保証が無いという部分です。

 

外注化の前に行う事とは?

 

作業の明確化や指示書、あらゆるトラブルを踏まえて
対策などをまとめておく、という事が非常に大事です。

 

常に「絶対やって貰う事」を まとめておき、すぐに指示を出せるように
しておく事が大事だなと思います。

 

段取りが悪いと時間も掛かるし相手の外注先も理解できず
良い仕事ができないという事は、言うまでもありません。

 

外注化は、儲かるのか?外注化のポイント

 

基本的に、儲かるかどうかですか、
御自身のユーチューブアカウント、アドセンス
評価にもよりますが、最低でも10万円ほどの利益が出てくれば
外注化も有りだと思います。

 

しかし私は、人材を使う事が得意では、ありませんので、
あえて外注化という選択肢は、していません。

 

もしも、外注化をやる場合には、「誰でも作る事が可能な動画」のみを
外注化して、拘ったチャンネルの動画などは、御自身で
構築していくというスタイルが理想だと思います。

 

1.誰でもできるような事を外注にやらせる。
2.しっかり外注する作業をまとめておく。
3.発注から納品後のフローをしっかりまとめておくこと。
4.教育に関する資料もマニュアル化しておくと説明も簡単で済む。

 

必ず人が見つかっても、その人との相性もありますので
教えたけどすぐ辞めるなどのケースもあるしWEB上で知り合った関係なら
いきなり連絡が途切れる事もあります(これは、本当に面倒臭いです)
こういった面では神経を使いますが1動画100円単価で どれも長い目で見て
元が取れるなら良いと思うし、これらの、誰でも作れるレベルの動画は、
メインチャンネルへの誘導にも活用できます。

 

よく外注を探すには、ランサーズ

http://www.lancers.jp/

 

あるいは、ココナラなどで一度仕事を依頼した後に
気にいった人が居れば交渉するのが妥当かと思います。

 

しかしネットで登録してあるような人の場合は、
いきなり消える事もあるので気を付けましょう。

 

どちらにせよ、外注は、YouTubeだけに限らず、サイトの記事でも
使う人によって大きく変わってきます。

 

人材選びは、厳しく見るように心掛ける方が妥当だと思います。

 

自動と言えば自動に近いですが、最初は1人でやるよりも、手間が掛かると思います。

確認や指導など…。

こういった事も踏まえると、一定の余裕がでてからがお薦めです。

 

それでは、是非参考にして下さい。

 

お陰でここ最近、成果の数が軒並みに増加してきました…新トレンドアフィリエイト

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。