小西です。

いつも購読有り難うございます。

 

本日は、関根義光 という人物に関して少し記事を書いてみます。

 

 Sekinet 関根義光とGoogleが裁判

関根義光

無料オファーを仕掛けている事で有名な 関根義光という人物ですが
私のブログでは、あまり他社の批判や商品の批判は、極力やらないように
心がけております。

 

今まで色々なオファーを介していた関根義光ですが、
結局、それらの販売行為から批判があちこちでされるようになり
社会的評価が下がると 訴えているようです。

 

私が思うには、関根義光が、どのような商品を紹介したり
しているのかは、分かりませんし興味も持ちませんが
調べたところ、高額商品の無料オファーや高額商品そのものが多いようです。

 

だから結論から言うと、Googleの主張に勝つ事はできないのでは?
と感じております。

 

他人の商品を売ってるわけでもないにせよ そういった広告を
配信し 消費者に誤解を与えた事は、消費者庁にもクレームが
25件も上がっている事実からすれば、そのように捉えられても
全くおかしくないという事です。

 

ーーなぜGoogleを訴えたのか?

「匿名の書き込みによる悪評が多く、個別に対応するのが難しかったからです。検索結果に表示されると、会社経営に支障をきたすので裁判を起こしました」

 

ということを取材で発言した関根義光ですが
これは、まさに「自業自得だろう」という感じです。

 

確かに、彼が広告と称して連発していたものは、
10万、20万を超えるようなものばかりで
投資系の商品も出ていた話ですから それで稼げなければ、
クレームになるのは、当然だろうと、同じ業界の
私から見ても、そう強く感じました。

 

ただ今回の裁判は、Google側がどのように出てくるのかなどを
見てみたいと感じています。

 

20万、30万出さなくても、2万、3万でも十分に結果を出せます。

 

私も色々な情報を紹介したり販売していますが、
高額商品は、殆ど扱いません。

 

価値のない高く自分だけが報酬を稼げる商品よりも、
安くても価値があり、しっかりと収益を積み上げられるものを
紹介するように心がけています。
ちょうど先日も紹介しました、

2ちゃんねるまとめサイトテンプレートと稼ぐシステム 竹中浩二

 

お陰様で成果の声も多く、
「安くで本当に良いものを手に出来た」という声も
頂いています。

 

他には、

神龍

神龍 ACB オートコンテンツビルダー田中政信レビューと評価

 

これも当たり前かのように、稼げてる人が続々と出ております。

それでも、2万、3万台で手が届く商品です。

 

逆にこれらの高額塾系のものは、成果が出たという声は、聞いた事がありません。
過去に何名の方からも頂いたメッセージですが
「小西さんの紹介している商品や小西さんの商品の方が内容が
濃くて勉強になっています。」というメールも頂いた事も何度かあります。

 

他にも、実践者の声、モニターの声についても
私の商品の購入者様が一度ローンチに挑戦したという話を聞いて、
実績とか本当ですか?と聞くと、

「いえいえ、あれは従業員とか、知人のツテ関係などで
塾への無償参加とお小遣いで 台本に合わせて喋ってる人ばかりです」

との事でした。

 

そんな高額案件のローンチですが、
高いお金を毟り取っていい加減な情報を与えているところを
見ると、杜撰な運営体制しか見えてきません。

 

中には、まともなものもあるのかもしれませんが、
「あのようなビジネスは、やりたくないな」と正直なところ考えさせられます。

 

私は、いい加減なもの、よく無料オファーの紹介を依頼される事も
あるのですが、絶対にやりません。

 

自分の中で気乗りしないもの、購入者に可能性を与えられないもの、
万が一の場合、購入者さんのケアができるもの以外は、紹介しません。

 

もちろん、商品を打ち出すからには、勇気も要るし
紹介するのでも購入された事の事を第一に考える。これは、
安いものでも高いものでも言える事です。

 

そしてクレームや批判の声が届けば、親身に受け止めて
改善を目指す。

 

それこそが この業界でのビジネスでは、ないでしょうか?

 

関根さんという方の主張とGoogle側の主張が
裁判で どのようになるのか。

 

裁判結果が楽しみです。

 

ただ、高額商品でもローンチでも 集客の為に
必要以上の批判を行う行為は、許せない話です。

 

私は、私の商品を そういった著しい批判記事から誘導しているものを
見かけると、できる限り アフィリエイター様に警告をしています。

 

何故なら 判断意識が薄く、そういった土壇場の状態で
購入される方の事も考えると あまり良い売り方では、無いからです。

 

私も売り上げを落としてでも、意欲があり、頑張る人の支えにもなりたいし
そういった人に、しっかりと商品を紹介して、お互いが喜べる環境を作りたい。

 

そう考えてます。

 

これからも私利私欲ではなく、紹介した私も、紹介されて手に取った人が
少しでもハッピーになる為に 頑張っていきたいと思います。

 

それでは、小西でした。

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。