小西です。

いつも購読有り難うございます。

 

いよいよ8月も終わり、9月がスタートしたかと思えば、
もう、7日です。本当に時間のスピードの早さを感じます。

 

実は先月、色々な方と食事する機会があったのですが
アフィリエイターも居れば、YouTubeで稼ぐ方も交えていたのですが
その中に1名居た方が、「WIKIで稼ぐ人」だったのです。

 

WIKIと聞くだけで、wiki文法が真っ先にきて 難しいという印象しか
ありませんでしたが、聞く限り、想像以上に簡単で、コツを掴めば初心者でも
十分に資産になるコンテンツを作る事ができるとかを聞きました。

 

その後に何度かWIKIについて聞くようになり、
無料レンタルで借りて使ってみたりして、
確かに思う以上に手応えを感じていた矢先に…

 

 

ちょうどその方が商材を公開されました。

 

追記事項

詳細は記述しますが、多くの人が、ネットで稼げ無い理由の1つは、
質の高いコンテンツ作りが苦手だからです。

 

しかし、作るコンテンツのジャンルが違えば
他のジャンルでは、通用しないような作業の繰り返しでも
構築できる、という事が、今回分かりました。

 

既に買った方からも、「このタイミングで買えて良かった」という声も頂けました。
そして、特典に関しては、 過去に一度失敗し、
なんとか再起して今では物販アフィリ、そして
コンテンツ販売やアフィリエイトで総額収入も月収600万円を
軽く超えるようになった私が、「初心者目線」で作りますから
再現性の幅は グッと広がる筈です。

 

追記記事は、こちらです。

よくある質問 WIKIで稼ぐ方法

 

特典付きリンクは、こちらです。

 

是非この機会に挑戦してみて下さい。

 

もちろん、本業としてでなく、サブとしてでも十分です。

 

多くの人が失敗する原因は、質の高いコンテンツを作る事ができないからだと思います。

 

追記事項 ここまで

 

wikiで稼ぐ方法 大橋慎也

WIKI

販売ページを見るには、こちら

 

PDFとシステムも拝借しましたが、
WIKIよりブログの方が簡単なイメージがありましたから
全般的に極めて新鮮に感じました。

 

よく、私の読者様からも、「今の自分に出来る事を頑張ればお金になる事をやりたい」
というメールを頂く事があります。

 

覚えたり、学んだりして何度も何度も中途挫折して
毎回毎回0スタートだとしんどいものです。

 

今回のノウハウは、全般を通して、今できる事をできるだけやる という現実的な行動から
報酬やアクセスを 獲得して やる気を高めながら取り組めるノウハウだと感じました。

 

このCWS wikiで稼ぐ方法は、

「今から出来る事を 積み上げる事で比例して成果が出てくる」そんなノウハウです。
最初は、簡単にできる自動更新の力で、
アクセスと報酬を稼ぎ、動力源を増やしながら
次の資産コンテンツの構築に注ぎ込むという内容は、
ハードルも非常に低く、この内容は、合理的に感じましたし、
否定のしようも無いと思います。

 

何よりも、このCWS構築段階前で、報酬が伸びてくるという部分は、
やる気が 相当出てくるのではないかと思います。

 

おまけに、大きな労力も掛からなくできるのは、非常に良い戦略です。

 

マニュアルはノウハウ部分で200ページと少しです。

一章

image231

二章

image232

 

 

単調作業で構築できる自動化の仕組みを利用して動力源を蓄積して、
自動更新や自動収入というものを確立していく事は、
本当に苦手な事を避け続けた上に行き着いたものじゃないかと思います。

 

私から見ても、「そう使うのか」とか、「そうやって構築するのか」
といったように、新鮮に感じました。

 

最初は、簡単な作業をコツコツと積み上げていくという、
無理のない進め方で、ノウハウだけの問題以上に、やる気とパワーを
高めるという点から見ても、すごく効果的だと思います。

 

ただ、CWSの構築、つまりWIKIのようなコンテンツと聞くと、

「ブログと何が違うのか?」と思われる方も多いでしょう。

 

しかし、ブログとWIKIは、根本的に異なります。

 

この部分に関しては、私も改めて、本教材を読んで感じました。

 

ブログの目的や存在とwikiの目的や存在、そして
構造の考え方の違いは、非常に大きいと思います。

 

作業的にも明らかに、ブログよりもWIKIの方が作るイメージが簡単で、
おまけに、強いサイトとして構築し易いという事を実感できました。
確かに今回のCWSというものは、wikiよりも簡単操作できますし
wiki特有の構築方法やサイトの構成は、非常にSEOに強くなりますし、
一般ユーザーも ここ最近では、キーワード+wiki といった検索をする人も増加傾向にあるのです。

 

古くからあるシステムですが、色々と注目視されているという事や
情報を調べる時には、WIKI という概念を持つ人が増えている証拠でしょう。

 

非常にSEOに強いサイトを構築するとなると、
一般的に、ハードルが高いのですが、本教材の内容は、
簡単な事を積み上げる というだけで、パワーサイトを作る事ができます。

 

もちろん、コンテンツは、質が高く、人の参考になるコンテンツが作れてしまうのです。

 

なぜ、複雑にしか見えないのに、単調な作業の積み重ねで作れるのかと、言いますと
、wikiのサイトの目的や趣旨が一番響いていて、パッと見ると複雑そうですが、
今回のノウハウでは、それらを簡略化して形にするノウハウやツールも含まれていますので
まさに、想像を超えるものと言えるでしょう。

 

ブログの場合は、1から文章を考えて、訪問者を楽しませたり
共感させて、一人で運営していくものですが、
WIKIの場合は、必要な情報を どんどん書き足していくというイメージで
文章作りというよりは、 必要な事について解説するだけですから、
ハードルが低いです。

 

まさに、敷居が低く、簡単にできる作業を繰り返す事で、成り立ってしまうのです。

 

また、自動更新に関しては、誰かが書き込んで自動更新されなくても
自分の作業の積み重ねで、最終的なサイトのゴールでもある、
自動収入とアクセスの安定まで、もっていける内容です。

 

これは、強いサイトを作れば、自動で報酬を生み出し続けるという理屈と同じです。

 

「この問題について記事を書いて下さい」ではなく
「この問題について説明して下さい」の積み重ねですから 非常に簡単で、
おまけに、大橋さんのやり方だと、1記事1記事が、スムーズに構築できてしまいます。

 

ブログで書く場合でも単なる説明だと面白味もありませんが、
Wikiであるというだけで、ブログでは、疑問に思える部分が引き立たされるのです。

 

つまり、・・・同じコンテンツでも、
ブログという視点で見たコンテンツ
Wikiという視点で見たコンテンツ

 

というだけでも、全く違って映るのです。

 

また、、SEOに強いサイト構成ができあがるのですから
あらゆるジャンルで活かせるという点も頷けます。

 

イメージとしては、まとめに近い作業と考えるとイメージが似ているかもしれません。

 

WIKIの自動化と自動収入

 

そして自動更新に関しては、
訪問者が更新する事を前提にしていますが、
私の今までの経験上で言うと、ゲーム系などは、確かに書き込み、編集は、ありますが
全てが完全自動更新というように 毎日毎日更新されるわけでもありません。

 

これは私の考え方ですが、
自分で最後まで作るにしても、作業が明確で全般的に単調ですから
うまく、報酬が増えてくれば、どんどんやる気も増してくると思います。

 

最終的に、強くなる要素が多いコンテンツですから
これは、サイトアフィリ同様に資産サイト(報酬を生み続けるサイト)が
構築されるという事です。

 

ブログやサイトの資産サイトのハードルより低くても
同レベルの報酬やアクセスを期待できるのですから、
十分に構築しておく価値は、あると思います。

 

まさに、初心者でもできる、小さい作業を積み上げて大きなものを作り上げるといった
ノウハウとシステムだと思います。

 

また、あらゆる市場のビジネスにも 連動させる事ができるという点は、
非常に大きな利点です。

 

ジャンルを絞ってCWSを構築すれば、
単純に道を繋げるだけでも効果が出せます。

 

なかなか、wikiのノウハウに挑戦した事がありますか?と聞いても
殆どの人が首を振ると思います。

 

私もそうでした。

 

実は、複雑そうでハードルが高い印象があるからこそ
知らない世界なのですが、これが、実際にやってみると
単調な作業の繰り返しで、面白かったりするのです。

 

1日2万円という数字は、どんどん作業量や数によって変動するので
それ以上の数字も十分に可能なレベルだと思います。

 

詳細はご覧下さい。

 

販売ページを見るには、こちら

 

 

そこで今回、2つの章でもある、

CWS Power Source 編と
CWS 構築編

 

それぞれに +@になる特典を配布します。

このノウハウも取り入れて実践する事で、稼げず終わる事は、
考えられないというところまで、落とし込んで解説していきます。

 

※受け渡しは、9月14日の夜間より配信します。

 

購入完了後専用フォームを用意していますので、
そちらにメールアドレスを登録してお待ち下さい。

 

それでは、特典のほんの一部の内容となりますが 少し紹介していきます。

もちろん、

より早く収益を確保 より早くアクセスを増やすを目的としたコンテンツです。

 

いつものように、特典にも力を注ぎ込んでいますので、是非、一番良い条件で
一番最高の ノウハウを受け取って結果を 積み上げて下さい。

 

こちらでも よくある質問について解説しております。

よくある質問 WIKIで稼ぐ方法

 

WKIで稼ぐ方法購入者特典

WIKI

Wiki Speed Construction
PDF合計75ページ以上図解説付き

CWS Power Source 編

・自動化の仕組みを より一層簡単に入り口を増やし活性化させる方法とは?

ほぼコピペ程度の作業で完結できます。

・最も最初の段階で、自動化の仕組みを最も強くする為の登録申請

これをやるのと、やらないとでは、大きく変わります。
CWS Power Sourceでは、是非活用して下さい。

 

・CWS Power Sourceをより活性化させるシステム

マニュアルで紹介されている「CWS Power Source」を上回るシステムと、
その活用方法を解説します。

・CWS Power Sourceを更に加速強化させる為に構築するべきシステムとその構築方法

単調作業の繰り返しでも、構築できる方法です。
明らかに、序盤でも、取り入れればアクセスも報酬も変動が出てくる筈です。

・非公開

・非公開

・非公開
・CWS編

・CWSのコンテンツ生成速度を圧倒的に高める戦術

この手法は、マニュアルでも触れられていない情報で、例外なく
加速化に繋がっていく筈です。

・収益化WIKI構築手順

WIKIから動力源へ そして、WIKIからキャッシュポイントへ
効果的にアクセス巡回させる方法

 

・即日にでも属性にマッチした、アクセス流入を注ぎ込む、無料で使える「あるサービス」と
アクセス増加手順

ただ、アクセスを流し込むだけではなく、ちゃんと自分のサイトテーマに見合った
アクセスを流しこんでいく方法と手順を紹介します。

 

・非公開

・非公開

・非公開

・非公開

 

・期間制限無しの設置設定に関する技術サポート

作者側でも1ヶ月のサポートが付属していますが、
今回の設置設定は、私でも余裕でできるし、分からない事があれば
教える事もできる内容ですので、とくに期間限定をせず、
サポートの対応をします。

是非活用して下さい。

 

また、現在は、一部のみの公開ですが、後日に内容を書き加えていきます。
いかにして「CWS」で稼ぐ事に特化したノウハウを順番に解説していきます。

 

【特典受け取り方法】

 

特典に関しては、以下のリンクよりセールスページに移動して下さい。

 

特典付きリンクはこちら特典付きリンク 販売ページに移動

 

セールスページに移動しましたら、

そのままお申込みボタンをクリックすると 以下のような 特典についての表示が出ます。

 

特典表記

価格や文面が上記より異なる場合がありますが、「アフィリエイター特典」の
項目がある事をしっかり確認してから購入してください。

 

特典付きリンクはこちら特典付きリンク 販売ページに移動

 

購入完了後は、
管理画面上でアフィリエイター特典をダウンロードできます。
そちらに受け取り手続きのご案内がありますので
確認して下さい。

 

 

購入後、あるいは、不明な点があれば、こちらより連絡をお願いします。

特典の配信は、申請頂ければ より早くダウンロードURLを配信します。

購入完了報告や問い合わせは、こちら

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。