小西です。

いつも購読有難うございます。

本日は、再生回数が増える動画について
少し書いてみます。

 

再生回数を伸ばす動画ネタについて

動画のネタ

既に私のYouTube教材を導入して
日給1万円前後を稼ぐ人も増えてきています。

YouTubeは、トレンド系のもの以外で再生回数が安定すれば
本当に不労所得と言っても良いほど 継続収入を構築できます。

だからこそ、少しずつでも動画を作り、
そしてチャンネルを育てる事は、今後長い目で見ても
利益になるという事は、間違いありません。

YouTubeで稼ぐと言っても、グレーな方法もあれば。
クリーンな方法もあるのですが、
なぜか多くの人は、すぐにアンダーグラウンドな路線に走ろうとします。

 

その一例を挙げるならば、テレビや映画やアニメなど…、

もちろん再生回数を多く取れる事は間違いないですが
削除されれば終わりで、ペナルティを受けると最悪です。

 

とは言っても映像技術も無ければ、
YouTubeにアップロードして再生回数が
伸びるような動画を持ってないし撮影できる環境に
無い人も多いと思うのです。

 

「文字と画像の動画なんて作っても‥」と悲観的になるかもしれませんが
YouTube動画は、映像で勝負するところでは、ありません。

 

そもそも、YouTubeで映像の美しさを求めるユーザーなどいないでしょう。

 

つまり映像がどうであろうと、求めているものがある動画かどうか?です。

 

だから文字と画像の動画でも、いまだに十分にまかり通るだけでなく、
再生回数や報酬も受け取る事ができるのです。

 

そこで今回は、YouTubeとテレビについて書いてみます。

 

テレビとYouTube動画の向き合い方

 

テレビと言えば、アニメやニュースあるいは、
バラエティ系の動画を使ってアップロードしている人を見かけます。

ただ、一つ言いたい事は、果たしてテレビの映像の動画などを
アップロードするような事をしなくても、うまく画像にして動画にする事も
できるわけです。

先ほども伝えたように、映像ではなく、情報を重視するという事を考えれば
見て笑えるとか音楽を聴くとか そういったものよりも、
「情報を中心としたもの」を取り上げた動画 です。

 

例えばバラエティ番組が画像と文字で流れて面白いでしょうか?
音楽が聴きたいのに文字と画像で流れていて面白いでしょうか?

 

もちろん、面白くもないし、まさに意味の無い動画です。

これらは、「情報中心としたものではない」という事です。

 

逆に情報を中心とした映像 であれば、そのまま使わずとも
画像という形で引用して 文字と画像でも 十分に視聴者が
求める情報を与える事が出来る という事です。

 

以前にも少し触れた、

YouTubeで削除されず長期的に再生回数が伸びる動画で稼ぐ方法

 

この辺の教材でも主張している事ですが
危ない橋を渡って再生回数を稼ぐものを中心にやるよりも
より安全に視聴者の求めるものを 動画にする方が、
長く、太く稼ぐ事ができるのです。

 

また、この辺に関しては、時間ある時にでも記事にしたいと思います。

それでは、小西でした。

 

アクセスランキング

1位 アダルトアフィリエイトで稼ぐ初心者向けの丁寧な方法

2位 YouTube違法動画対策本格化へ…本気で削除活動

3位 神龍 ACB オートコンテンツビルダー田中政信レビューと評価

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。