小西です。

いつも購読有り難うございます。

実は先日も少しメールで配信しましたが
アプが削除されたという問題の原因が判明しましたので紹介したいと思います。

 

結論から申し上げると、本人の単なる勘違いによる
「特殊過ぎる謝った設定」によるものでしたので
何ら問題ない事が判明しましたのでシェアしたいと思います。

 

もう既に、私の読者さんの多くは、アプリ作成、収益の体感まで
進んでいると思いますが、是非継続しながら取り組んで下さい。

 

アプリで稼ぐというのは、YouTubeを超えてもおかしくないほど、
注目を浴びてきており、YouTubeアドセンスよりもクリック率も高く、
YouTubeの再生回数と報酬の割合よりも、アプリの方が圧倒的に高いので
今取り組む事が、メリット以外何ものでも無いと騒がれ始めています。

 

YouTube×アプリ Googleプレイで非承認の件

アプリ

アプリは作り方次第ですが、WEBページをアプリコンテンツとして
活用する事ができます。

アプリで稼ぐ方法、新しい方法が追加。(アンドロイドアプリ)

 

こちらでも少し触れましたが、まとめのまとめでも
もちろん、アプリコンテンツとして成り立ちます。

 

既に、私経由で、

アプリ大革命 長谷川孝 アプリで稼ぐ方法の真相。

こちらを取り組んでいれば明白だと思われますが、アプリコンテンツを
WEBページとして使う事が可能です。

つまり アプリ=WEBページになりますので
スマホなどからアイコンをクリックしてアプリを起動すると
アプリが立ち上がってるようですが、実は、アプリの中身は
ごくごく普通にWEBページのコンテンツが表示されているという考え方です。

しかしながら、例外といえるものは審査に通過しません。

アンドロイドアプリで審査を通過しないアプリとは

1.アプリ内の操作で、ユーザーが意図としない動きを行うもの。

これが一番NGです。

アダルトや商標的なものでも引っかかる事がありますが、
中のコンテンツとしても 認められないものもあるのです。

Googleプレイからのメール

Film of Rugby(パッケージ ID ------------------------)は、審査の結果、 端末やネットワークでの不正行為に関する Google のポリシー、およびデベロッパー販売 / 配布契約 <https://play.google.com/about/developer-distribution-agreement.html#prohibited>の第 4 条 4 項に違反しているため、不承認となりました。送信したのがアップデートの場合は、アプリの以前のバージョンが引き続き Google Play に掲載されます。

再度審査を受けるためにアプリを送信するには、次の手順を行います。

サービスや API に対してその利用規約に違反する方法でアクセスまたは利用する(たとえば、YouTube 動画をバックグラウンドで再生可能にする)ことのないよう、アプリを変更します。
端末やネットワークでの不正行為に関するポリシー <https://play.google.com/about/privacy-and-security.html#device-and-network-abuse>で詳細や例について確認します。
アプリがデベロッパー プログラム ポリシー <https://play.google.com/about/developer-content-policy.html>に含まれるすべてのポリシーに準拠していることを確認します。お客様のアプリが再度ポリシーに違反した場合、追加の措置を取らせていただくことがありますので、ご注意ください。
デベロッパー コンソールにログイン <https://play.google.com/apps/publish>して、アプリを送信します。
ポリシーをご確認のうえ、今回の不承認が誤りだと思われる場合は、Google のポリシー サポートチーム <https://support.google.com/googleplay/android-developer/troubleshooter/2993242>までお問い合わせください。2 営業日以内にご連絡させていただきます。

いつも Google Play をご利用いただきありがとうございます。

どういう事かというと、アプリ内部で1クリックした移動先で
強制的にYouTubeに移動してしまう為に、自動再生が行われたという問題です。

サイトでYouTubeの特定のRSSを取得
↓↓

YouTubeにあわせて自動更新

↓↓

アプリ化

↓↓

アプリ内で1クリックするとYouTubeに移動して再生される

↓↓

GoogleからNG

この流れが今回の内容です。

簡単に言うと、動画のまとめや サイトに動画の共有コードが
貼られてある程度なら構わないが、予期もしないクリック後に
再生されるという動きそのものがNGだという事です。

 

当たり前ですが、ブログやサイトに埋め込まれたものなら
ユーザーの意思で再生をする事ができるのですが、
問答無用で1クリックでアプリ内から再生させるなどという仕組み
そのものが、違反だという事です。

 

グングンと今回のアプリで稼ぐ方法は、
何名もの方かサポートや問い合わせも対応していて
ジワジワと伸びている報告も貰ったり、アプリアイデアの相談を
受けたりしており、非常にサポートもやり甲斐を感じていたところです。

確かに即効性は、薄いかもしれませんが、まさに
「継続は偉大なり」と2ヶ月、3ヶ月後になると言えるようなビジネスです。

 

情報商材でも 電子書籍でも、アプリにしても、本当に
一度作った物からお金が入る仕組みは、本当に貴重です。

 

目先の事ばかり考えるのではなく、少しずつの積み重ねが
後々大きくなると言っても過言では、ありません。

 

ただ、今からアプリで稼ぐ人、そしてアプリで収益を上げている人も
「アプリ内でのユーザーの意図としない動き」には、くれぐれも気をつけて頂きたいと思います。

 

それでは、小西でした。

アプリ大革命 長谷川孝 アプリで稼ぐ方法の詳細を見る

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。