小西です。

いつも購読ありがとうございます。

 

さて本日は読者の方からYouTubeはツイッターや
Facebookのように規制が厳しくならないか?と言う点について
質問をいただいたので、説明していきます。

 

SNSとYouTubeの大きな違いとは?

YouTubeSNS

 

まずツイッターやFacebookとの大きな違いというのは、
まずこれらはコミュニティサイトなんですね。

 

利用者はコミュニティを楽しむ為の空間なんです。

 

そこで規制が厳しくなる理由というのは明白で、
その一般利用者が迷惑がる、そしてそのコミュニティ、つまり
今回の事例で言えばツイッターやFacebookですね。

この目的が著しく変わってしまうからです。

 

例えばツイッターでも集客目的のアカウントが増えれば
当然のようにあちこちフォローを繰り返して、フォローして
フォロワーになろうものなら、無料オファーやアフィリ商品ばっかりを
呟いてみたり、アプリを使えば強制リツイート、乗っ取りがでてきたり…

このようなケースが出てくるんです。

 

この辺は、一歩間違えれば運営側にクレームが届くので
取り締まりが厳しくなるのは当然なんです。

 

YouTubeは稼ぐ事は、YouTube側にも喜ばれる行為

 

しかしYouTubeの場合は、目的はコミュニティではなく
動画を見る事であって、個人が楽しむもの。

ある意味、見たくない動画があれば見なければ良い。

著作権違反などの動画になると、勿論クレームになりますが
それ以外でルールを厳守していれば誰にも迷惑もかける事はないんです。

 

おまけにYouTubeアドセンスで稼ぐという考えを持ち、そして
行動に移す事で、YouTube側にも十分に還元しているんですね。

 

つまりYouTubeで動画を作り、そして収益化するという行為が
YouTubeにとっても非常に好ましい行為なんです。

 

 

つまり比較すると

ツイッターで稼ごう⇒ツイッターは求めていない。

Facebookで稼ごう⇒フェイスブックは、求めていない。

YouTubeで稼ごう⇒YouTubeは望んでいる。

 

結論で言うと、こういう事なのです。

 

今後のYouTube市場とYouTubeで稼ぐ方法に関しての質問と回答

 

尚、今後のYouTube市場に関しては、動画に対する評価基準、
つまり、Googleで言えば検索エンジンのアルゴリズム的な
動きは多少なりとも出てくると同時に著作権関係に関しては
今後も、多少変化があると思いますが、基本的に、集客目的で
使う事や稼ぐという意味では、もっと大きな可能性を秘めたものになる筈です。

 

現時点で多くの方が成果を積み上げている、
こちらの保証付のYouTuberで稼ぐ方法⇒ノウハウの概要を見る

 

稀に、YouTubeで稼ぐのにスマホやカメラが無くても大丈夫ですか?」

 

こんな質問が増えているのですが、

例えスマホが無くても、パソコンとネット環境だけで動画を作る方法。

 

そして、スマホやビデオカメラなどの撮影動画編、そして、今度はアフィリエイトに
活かす為の応用編。

パソコン特化型

撮影特化型

アフィリエイトにガンガン活かす事ができる応用編

 

これらの3部構成となっています。

 

実は、私のところにも、「本当にネタも無いし動画も作った事が無いんです」
そんなメールも稀に頂く事があるのですが、私のマニュアルは、まさに
そういった人に向けて作成しているんですね。

 

そういう人が、「どんなキーワードでも動画を作る事ができる」
そう言えるようになって貰う為の教材なんです。

 

こんな事を言うと、綺麗事に聞こえてしまいそうですが、実際に、
私もYouTubeを始めて、今まで稼げなかったり試行錯誤していた
ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトよりも簡単に結果を出せる事実を知り、
そして今度はYouTubeを使えば、効果的な集客にも使える事実を知りました。

 

そのおかげでモチベーションも上がり、収入も右肩上がりで伸ばす事ができたのです。

 

だからこそ、読んで私のように、今読まれているあなたにも
頑張って報酬を積み上げて貰いたいのです。⇒YouTubeのノウハウの概要を見る

 

一度興味がありましたら目を通して貰えればと思いますし何かあれば、いつでも
気軽に連絡頂ければと思います。

最後までお読み頂いて有難うございました。

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。