小西です。

いつも購読有り難うございます。

 

本日は、スマホのYouTube動画の広告に関して
少し触れます。

スマホからのYouTube再生回数が増加傾向にある中で
「スマホからの動画を見ると広告が出ない」という質問を
度々貰います。

 

スマートフォンの広告表示 YouTube動画

スマホYouTube広告

一昔前までは、
インターネットのアクセスはパソコン主体でしたが
スマホの普及により、スマホアクセスが
追い越すという時代に突入しています。

YouTube動画でも半数以上がスマホからの
アクセスになっているものが非常に多い筈です。

 

しかしスマホユーザーが再生した時に
広告が表示されない問題が出てくれば…と
考えると 正直ゾッとする話です。

 

現時点では、全てのスマホユーザーに向けて
広告がパソコンと同じように表示される方法などは、
正直なところ無いと思いますね。

 

これは、自分自身でどうこうできる問題でも無いってところです。

 

 

YouTubeでスマホからのアクセスが増えても稼ぎだす方法

 

実際のところ、スマホの広告云々の問題で
YouTubeアドセンスが稼ぎ難くなったという話は、
私の周りでも聞いた事がありません。

 

確かに機種や設定、などでスマホには、表示されないケースも
多いのでは、ないかと思います。

もちろん、そうなるとクリック率も低下します。

 

またSNSなどでの拡散などの場合、
埋め込まれた形で拡散されますので、そこでは表示されない
広告が殆どだと思います。

 

また普通に考えると、スマホの広告って
よく 指が当たってしまう事ありますよね?

 

俗にいう誤クリックです。

 

アドセンスのサイトなどでは、
一番美味しい所ですが、
広告主として考えると、
「謝ってクリックされたものに広告費用を出したくない」
こう思う事が正常な考えです。

 

もちろんサイトやブログのアドセンスでは
まだ許せる範囲内ですが、YouTubeとなると
やっぱり「意図しない人が動画を再生する率」が
極めて高いので、許せる話では、無いというところです。

 

スマホの普及は、分かるけど
今や小学生でも持っていて、YouTubeを
開いている時代ですから、そんな子供達に
広告費用を食い荒らされれば、
広告を出している側も、たまったものじゃありません。

 

そうなると表示させたくないと思うのが一般的でしょう。

 

ただ、この辺は、スマホからのアクセスが増えているわけですから
YouTubeも何か考えると思いますが。

 

確かに再生回数に対しての報酬は
こういった外部要因により、動画をアップロードしている側から
すると、思いがちですが、単純に「余分にアクセスが増えただけ」と
捉える事が一番だと思います。

 

そんな事を気にしてるよりも 今、YouTubeで稼ぐ為に
考えなければいけない事は、この問題です。

 

質の低い動画、再生時間の短いもの、
チャンネルでもクオリティが低いと評価されたものなどは、
広告単価は元より、関連表示すらされにくくなるという傾向が
確実に出てきているという事です。

 

以前にも話をしましたが、YouTubeは、
まだまだ美味しいと言う前提で、
確かに、グレー路線もまだまだ効果がありますが
リスクという点においては、避けられません。

「停止を食らえば 全て無になる」わけです。

 

もちろんさじ加減が、分かるのであれば
全然構わない事ですが、
さじ加減が分からず、削除され続けて
「YouTubeの可能性を破壊する」ぐらいなら私は、以前にも公開したような、このジャンル

YouTubeで削除されず長期的に再生回数が伸びる動画で稼ぐ方法

こういったもので収益を堅実に構築していく方が
良いと思います。

とりあえず、スマホの動画再生による広告については、
スマホからの広告収入を気にしている人においては、
それ以外に収益が伸びない原因があったり
スマホからの動画再生回数が増加して、
収益が減ったと感じる人は、何か他の要因が
必ずと言って良い程あるはずです。

是非一度考えてみて下さい。

小西でした。

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。