小西です。

いつも購読有り難うございます。

 

本日は、YouTube動画の入り口を増やすという事について少し書いてみます。

 

YouTube動画の再生回数を伸ばす方法

 

例えば、少し古い動画ですが
このように再生回数が大きく伸びるものもあれば
あまり伸びてない動画というのもあります。

image461

 

投稿すれば投稿するだけで全ての動画が、このように
再生回数を叩き出せば、儲かって仕方ありませんが
そんなわけでもありません。

 

ちょうど以前にも記述したことなんですが
どうすれば、うまくYouTubeで稼ぐ事ができるのか?スタート戦略

最初は練習用のチャンネルで作り易い動画を作り、
そして 特化型のチャンネルを作り、動画を50個jほど
アップロードして、今度は違うチャンネルを作り
同じように動画をアップロードするという話をしました。

 

つまり特化型チャンネルを量産するという流れです。

 

既に私のYouTubeの基礎と応用を教える、
http://yutubecom.org/ng-admin/20150423133222.html

これとか 後はテクニック集など

http://yutubecom.org/?p=948
YouTubeを基盤においた商材のサポートで質問が届けば
教えている事なので、既に私から聞いて この手法で
稼いでいる人も多く居るのですが 一応 こちらでも書いていきます。

 

チャンネル毎にジャンルを分けて動画を量産する

 

例えば一つ目は、「未解決事件」というような
事件の内容などを動画と文章で伝える動画を
専門に取り扱うチャンネルです。

 

この場合だと、これらの動画を50個まで作り、
そして、今度は、「心霊スポット」を説明したり紹介する
画像と文字の動画ばかりを作る…といった流れです。

 

これも同じく50個程度の動画を作ったら、しばらく放置するわけです。

 

そこで次には、再生回数の伸び具合などを
チェックして 「伸びているな」というチャンネルに力を入れて
伸びないチャンネルには、殆ど力を入れないという考え方です。

 

力を入れると言うと

 

サムネイル画像の工夫

動画を増やす

動画のクオリティを高める事を意識する。

チャンネル登録の露出

 

このような方法が一般的です。

 

既に多くの方が私が教えたりサポートしたような
形で取り組む事で数字を出しているので
上記手順を基礎手順として覚えておくと良いと思います。

 

 

あくまでも これはYouTube内部だけでの話ですが
ここでさらに外部サイトを活用する事も可能です。

 

 

例えば、ツイッターですが、連携してつぶやくだけではなく
http://www.youtubetwit.com/watch/?v=】というようにyoutubeの後に、
twitと入れると投稿画面が表示されます。

 

これは http://tbtwit.com/ このサービスですが
一応 動画への誘導に加えて生成されたページが
できますので、入り口が一つ増えたという感じになります。

ツイッターyoutube

 

幾つか検証した事で ほぼ間違い無いと思うのですが
「どれだけ外部で動画が使われているか 外部から誘導されているか」
についても 動画としての評価は明らかに少し違うようです。

 

例えば、ブログやサイトでも同様です。

 

もちろん、ブログやサイトでいうSEO的な考え方と同様ですが
入り口が増える事で そこからのアクセスが増える事になるので
入り口が多ければ多いだけ視聴者が増えるという事です。

 

ブログとなると少し面倒ですが 他にもNAVERやアドまとめのような
まとめサイトで まとめの中に自分の動画を使う事もできます。

 

こういった外部戦略に関しても 先ほども伝えたように
「伸びているチャンネル」を対象にやる方が効果的です。

 

あまり外部戦略という形で力を入れる人も少ないですが
外部から、どれだけ支持されているか?という観点も
評価の一つとしてあるはずなので、是非意識する事をお薦めします。

 

それでは、小西でした。

 

そう言えば以前に紹介しました、

金子仁志 RMA リアルミックスムービーアフィリエイト

今回の特典も かなり良い具合で活用されている方が
増えてきました。

 

成果の数も 結構増加傾向ありますが
未だに特典請求をされてない方が7名前後居ます。

 

今回は、RMAを手にして特典を手にされてないのは
非常にもったいない話ですので是が非でも手にして欲しいです。

 

最初にフォーム登録された人で特典が未着の人は
迷惑メールの確認をしてもメールが無い場合は、お手数ですが
私のところまでメール頂ければと思います。

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。