小西です。

 

いつも購読有り難うございます。

 

本日はPRMについて解説します。

 

PRMに関しては1000ビューで、どのぐらいの報酬になるかを
示すようなものです。

 

PRMが100円であれば1000ビューで100円になったと言う意味合いです。

 

これは、あくまでも過去データーからの数値ですので、
動画によっても大きく左右されてきます。

 

よく PRMはどうやって高められるのか?と質問を頂くのですが
高めようと意識する必要は、私は無いと考えてます。

 

 

YouTubeにおけるPRM

PRM

まずYouTubeでは、基本的なクリック単価に関しては、
1000回の表示につき100円前後が平均ではないかと思います。

 

高いときは、200円ぐらいまでいくのですが
例えば無駄に急激にアクセスが増加するトレンド系の動画があると、
PRMが落ち込みます。

 

分かり易く言うと、急激に再生回数の多い動画があって
クリック率が過剰に上がった場合、同じような100円、最大
150円前後の数字になるかというと ぐっと下がって
50円前後まで落ち込む事があるという事です。

 

実収益は、表示広告によっても異なりますので
何か特化型で同ジャンルばかりというならば
およそ安定し易いと言えます。

 

 

RPMを高くする方法や変動について

 

 

例えば、著しく 動画の再生回数が上下する事は、
YouTubeをやっている上で起きることですが、
だいたい、PRMは、「だいたい自分のコンテンツが1000ビューでいくらぐらいになるか」
の 過去データーと照らした数値なので、広告が変わる、広告単価が変わるだけでも変動するし、
意味のない再生回数の増加でも クリックされる割合でもPRMは変動します。

 

つまり、自分のコンテンツに対しての平均値みたいなもので
急に動画の再生回数などに著しい変動が応じたからと言っても
PRMが100円で いきなり再生回数が伸びたから その分 同じように
1クリック100円ずつ収益が伸びるかと言えば、そういうものでは、ありません。

 

再生回数が異常に伸びようと、伸びまいと 実際の報酬が
いくらなのかで変動するので…

1000ビューで150円と考えた場合 同じように5000ビューで750円に
なっていれば変動は無い事になりますが、ここの数字で、
1万ビューで同じく750円であったなら PRMは75円になります。

 

簡単に言えば成約率と同じで、アフィリエイトでも
いつもとは違う広告などを打った場合、ビューは増えても
成約に繋がらない場合などは、成約率が低下するのと同じような原理です。

 

つまりPRMを高めたいのであれば
シンプルに、広告になんか興味も示さない属性の集まりそうな
動画をやらないことです。

 

トレンド動画などの場合なんかも言える事ですが
トレンドキーワードでアクセスしてきて、一瞬で閉じられるような
動画を連発して再生回数を稼いでも 広告表示前に閉じられてしまえば
アクセスが増える度にPRMが低下します。

 

反面、何か属性を絞るような特化型チャンネル。

ちょうど先日も記事にした、こちら⇒どうすれば、うまくYouTubeで稼ぐ事ができるのか?スタート戦略

 

このように何かに、特化したチャンネルを作る事で属性もしぼれて
関連性の高い広告が出てくるようであれば 「だいたいの比率が安定しやすい」
という事に繋がり PRMも高い数値になりやすくなるという事に繋がるのです。

 

よく見てると、何か勘違いされている人がブログを書いてるケースが
あるので PRMが高くなっていると、有利だと勘違いする人が居ますが
これは、稼げる報酬とは関係ありません。

 

PRMが高くなって仮に200円だから1万ビュー流せば2万円になるから
広告使ってアクセスを集めれば 良いとか、そういったものでは、無いし
ハードルが低いとか高いという指針にもなりにくいのです。

 

PRMがいくらだろうと あくまでも結果より計算された数値ですので
手にする報酬とは、深く関係性が無いのです。

 

もちろん先ほども伝えたように チャンネル特化型でやるならこそ
大きく再生回数が伸びなくても PRMが高く 利益になっているなら
コンテンツと広告がマッチしているとか、広告単価が高いという事にも
捉えられる為に重心を その動画ジャンルのチャンネルに合わせるのも一つかと思います。

 

ただ、PRMが高いという要素だけで重心をかけたところで
それが必ず吉とでる要素は、ありません。

 

これはYouTubeに限らず、少ないアクセスで高確率でクリックされる、
あるいは、成約に結びつくものに力を入れる方が良いように見えますが…
同じ労力で同じだけの再生回数が見込めるかどうかの問題があるのです。

 

10アクセスを10の力で集められるもの
100アクセスを10の力で集められるもの

 

こう見れば分かり易いのでは、ないでしょうか?

 

アクセスが驚く程集まりにくいジャンルであったとすれば
そこに力を入れて、どれだけリターンが取れるのか?

 

あるいは

PRMが低くなりがちな、トレンドジャンルなどになると 再生回数が多いけど
クリック率が低いけどアクセスが集めやすい。

 

こう並んだ場合、どちらに重心を置くのかです。

 

もちろんキーワードが異なり 表示される広告単価の違いも影響します。

 

ここで単刀直入に、言いますと、

結果的に 自分の労力に対して どれだけお金になるか?これが何より大事なのです。

 

低下しようと向上しようと PRMは、過去の数字に対して
計算されたデーター数値なので報酬とは何ら関係ありませんから
重要なポイントは、少ない労力で大きな利益になる事 なんです。

 

 

PRMが高いものA
PRMが低いものB

 

このようにした場合、同じ労力で同じだけビューの数を増やせるなら
Aに誘導する方が稼げますが、Aの方が何倍も再生回数を伸ばしにくいジャンルなら
PRMの高さなんて、どうでも良いって話になるのです。

 

 

どちらにしても 少ない労力で大きな利益になる事が何より大事なので
まずは、PRMを細かく見たり高める事を考える暇があれば、

どうすれば、うまくYouTubeで稼ぐ事ができるのか?スタート戦略

 

このやり方で どんどん数を増やして再生回数や収益率を見て
力配分を考えて取り組むだけで十分だと思います。

 

是非参考にして下さい。小西でした。

 

 

 

 

YouTubeで稼ぐ方法の無料レポートはこちらから。